◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  夏の終り:ガロ  ○●○
    アンソロジー今日の福井はホントに涼しく、1日中エアコンの出番がありませんでした。
    ゲリラ雨のような激しい通り雨と風が少し、なんとなく、涼しさをただ喜んでいもいられないような…。
    オフコースの曲に「夏の終わり」というのがありますが、
    その歌詞に
    「夏は冬に憧れて 冬は夏に帰りたい」とあります。
    さしずめ、ないものねだりは大人も子供もおなじということでしょう…。

    17年前の今日、ちんが生まれてきました。
    私は妊娠第5週から切迫流産で、生むまで寝たきりでした(でも、病院は嫌なので、根性で、自宅で安静にすると言って退院してましたが)。
    しかも、妊娠当初、ホルモン量が、妊娠を継続しているとは言い難いとのことで、
    この子はもう死んでいるから、いつまでも子宮の中に残しておくとよくないからと、
    掻爬されることになりました。
    でも、どうしてもちんが死んでいるとは思えなかった私は、麻酔の前処置が終わってさえも、もう1度エコーで見てほしいと懇願し、その結果、心臓が動いているのが確認されて、掻爬手術はせずにすみました。
    その後はずっと寝たきりだったし、そんなことがあったせいか、
    生まれてきたちんは、勝ち誇ったような顔で出てきた気がしました。

    17歳、って、いいなと思う。
    なんか、17っていう数字の響きが好きです。
    混じりけがない感じ。
    もともと、偶数より奇数が好きな私ですが、特に17はいいですね。
    偶数は、なんだか混ざっているのです。色も、赤とか茶色なのです。
    奇数は、青とか白、黄色のイメージ。
    もっというと、素数が1番純粋なイメージ。
    …すみません、完全右脳派です…。

    夏の終わりの曲を、これから数曲アップしたいと思っています。
    さっき、家の中の人気のない部屋で、秋の匂いを感じた気がしました。

    今夜は、ガロの、今は亡き日高富明さんの曲をお届けします。
    ガロは、「学生街の喫茶店」が売れてから、シングルA面はすぎやまこういちさんの作曲が多かったのですが、フォークジャンボリーでも、やっぱりガロとはっぴいえんどは、ちょっと異色だなと思うほど、センスのいい曲が多いのです。
    この曲も、マイナーではありますが、ガロっぽさがよく出た曲だと思います。
    ちょっと、映画音楽のようなアレンジも、なんだか懐かしいにおいがして、好きです。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                    夏の終り → 
    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | ガロ | 22:13 | comments(11) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  ビートルズはもう聞かない:GARO  ○●○
      GARO 今日の福井は冷たい雨。我が家の玄関には、「誰かの赤い靴」の代わりに、私の赤いCrocsはあるけれど(笑)。
      いよいよ、冬めいてきて、明日には雨が雪に変わるそうな。
      おそらく、まだ積もるような雪ではなく、みぞれ程度だとは思ってますが。
      冷えると筋肉が攣りやすい。しかも、気圧が低いとメニエールの症状が出やすい。
      気をしっかり持って、頑張らねば。

      去年の今頃、茶犬の出身地でもある福井県北部の港町・三国(みくに)で、ブルース・ライヴがありました。有山じゅんじさんを中心に、いろんな人が三国に来てくれました。
      その中に、GAROのボーカルこと、大野真澄さんもいたのです。
      で、ギター1本で「学生街の喫茶店」とか、「ビートルズはもう聞かない」、「空に星があるように(これは、荒木一郎さんの曲ですが、作曲が大野さんなのです)」、「ラブソングはいらない」などを歌ってくれて、最高に素敵だったのです。

      GAROは、フォークジャンボリーに出演していた中でも、やっぱり少しカラーが違ってた。
      GAROとか、はっぴいえんどは。
      もちろん、私は、加川良さんとか高田渡さん、中川五郎さん、遠藤賢司さんなど、いわゆる「フォーク」の人も大好きですが。
      フォークジャンボリーで歌っているメッセージ色の強いフォークを聞くにつけ、よっぽど昔の若者の方が「不良」だよね、と思う。
      大人に対する反抗心むき出し、若いエネルギーを、政治運動や「反社会的な」音楽にむけている。今の若者は、若いエネルギーを向ける先もなく、頑張れば日の目にあえる、という比較的現実的な夢も持てずに、本当にかわいそう。
      みんな、そこそこいい子で、だけど若いエネルギーは昔と変わらず、だからたまに、とんでもない方向に現れてしまう。
      若者に夢を持たせてあげられないのは、大人が悪いのです。
      「イマドキの若い者は」という前に、そういうふうにした自分たち大人世代が反省すべし。

      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

                               ビートルズはもう聞かない → 


      JUGEMテーマ:音楽


      JUGEMテーマ:70年代・80年代


      0
        | ガロ | 22:23 | comments(2) | trackbacks(0) |- pookmark