◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  夜想:久保田利伸  ○●○
    BONGA WANGA盆休みも終わり、今日から日常が始まりました。
    私は、15日にインターフェロンを打ったのち、またも熱発し、それからずっと、熱っぽさや吐き気、めまいのようなフラフラ感がおさまらずに、手をこまねいています。
    長患いをしていると、症状が初めて出た時は多少パニクるのですが、
    2回目以降は、少し落ち着いてきます。
    この症状も、騒いだところでどうにもならないので、無理せず、良くなるのを待つしかない。インターフェロンによる甲状腺の異常も疑われますが、急を要するものではなさそうなので、次回受診時にホルモン検査をしてくれるよう、主治医に連絡しておきました。この歳になると、もう、病気のせいか加齢のせいかさえ分からず(笑)。

    おとといの夜くらいから、福井も急に涼しくなってきました。
    日中はそれでも30度を超す勢いですが、朝夕がしのぎやすくなりました。
    秋が近づいてきているのでしょうか、そう考えただけで、今朝は少しすがすがしい、嬉しい気分になりました。
    去年は、この夏と秋の変わり目に、体調が最悪で、
    しかも、義父の具合も悪く、精神的にも体力的にも本当に辛かったのを思い出します。
    今年は、夏の冷やし過ぎに注意したつもりなので、
    去年ほどは、崩さないでほしいなと思っています(←まるで他人事。でも、本当に自分ではどうにもできないんだもの)。

    ようやく、夜が涼しく、眠りやすくなってきたので、
    今夜は、静かな気持ちで聴ける曲をセレクトしました。
    この曲は、久保田さんがアフリカへ行き、その土地と人々にすごい衝撃と感銘を受けて作ったアルバム、「BONGA WANGA」に収められています。
    この曲はそうでもないですが、このアルバムには、ところどころアフリカを感じさせる曲が多く、大好きなアルバムの1つです。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                                      夜想 → 
    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:Voice Of R&B ~MALE~


    0
      | 久保田利伸 | 22:46 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  Missing:久保田利伸  ○●○
      久保田利伸
      いわずと知れた名曲。
      初めて、久保田さんを知ったのは大学1年のときでした。
      当時神戸にいた茶犬が、「久保田利伸っていうのがいい」と教えてくれた。
      でも、福井のレンタルショップには、数が少なく、ヒットしているものや超有名なものでないと、なかなか見つからない。レコード屋さんで買うしかないのですが、お金がない。
      茶犬は、神戸で、さすが、レンタルショップの在庫が違う。いいのをたくさん見つけてきて、いろいろ情報をくれました。
      で、久保田さん聴いてみたら、「なんだ、これは。スティービー・ワンダーか?」と思うほど、発声がそっくりで、少なくともそれまでのJ-POPにはなかったヴォーカルでした。

      私はずっと、英語の発音には、日本語には無い色気がある、と思っていました。だから、英語でしか出せない雰囲気の音楽があるような気がしていた。
      でも、久保田さんのヴォーカルを聴いて、それがちょっと覆った。
      久保田さんのボーカルにはスティービー・ワンダーの色気があって、日本語なのに、スティービーだったのです。なんか、うまく言えないけど、私の中で常識が覆った瞬間でした。

      当時、私は研究室では必ず何かの音楽テープを流していました。アメリカ帰りの、私の当時の恩師E先生は、いつも、向こうで録音してきたFENを流していましたが、あるとき、「よぴちさん、何かいいの(音楽)ない?」と言ってきたので、久保田利伸さんと稲垣潤一さんのテープをダビングしてあげたのです。あの頃ですから、当然、ファーストアルバムの”SHAKE IT PARADISE”。
      …以来、E先生は、今でもカラオケの持ち歌は「流星のサドル」と、「Everyday's Valentine」です(笑)。

      名曲は、時代を超える。
      この曲は、ちん(16歳)も大好きです。

                                    Missing → 

      JUGEMテーマ:音楽
      JUGEMテーマ:70年代・80年代
      JUGEMテーマ:ジャズ・ボーカル

      0
        | 久保田利伸 | 21:56 | comments(5) | trackbacks(0) |- pookmark