◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  夏の終り:Off Course  ○●○
    平泉寺ひと夏の疲れが早くも出て来ているのか、体調が優れない日も。
    まずは睡眠…、と思うのに、オリンピックでは日本選手がとてもいい試合を見せてくれる…。時差の大きなところでの開催はやめて!と言いたくなる。
    そして早い時間から、障子張りの東向きの窓からのお陽さまにたたき起こされる日々…。

    火曜日に、この前 来てくれた音楽仲間とは別の仲間が、夏季休暇をとって金沢から遊びに来てくれました。
    福井と言えば、東尋坊、永平寺、というのが観光の定番ですが、そんなところは、ガイドブックが案内してくれるし、交通アクセスもある。
    でも、暑そうなところに行くのは、来てくれた彼女に申し訳ないだけでなく、私自身も体力的に自信がなかったので、福井の岐阜寄り、勝山市にある、平泉寺白山神社に行きました。

    古くは泰澄が開いたとされるこの神社は、霊峰白山の流れをくむもので、建物も、参道わきの杉木立も、本当に歴史を感じさせるものでした。

    本堂数人の家族連れと、撮影旅行の団体がおられましたが、
    私たちとは 歩く時間がずれて、
    2人で 静かな森とも林ともつかない参道を
    とにかく歩きました。

    杉木立
    福井は日曜夜に
    野洲に戻る茶戌を車で送る際、駅近くになって雨が降り出し、短い時間ではありましたが、「夕立」のような雨がありました。
    なぜか、その翌日から、日中の暑さが和らいだように感じ、夜の風などは、少し肌寒いくらいに感じるほど、涼しい毎日です。
    それでも、日中は、「和らいだ」に過ぎず、やはり暑いですが、玄関前で、夕方には暑さで しなだれていたトレニアも、元気が出て来ました。


    この日も、平泉寺は風が涼やかで、
    木漏れ日には、秋の気配を感じるほどでした。

    「前の日、雨が降った後の参道が
     好きなんだけどな…」
    と言いながら、杉木立の凛とした姿に
    どこか、叱られているような
    相変わらず、胸を張れない私…。


    秋が、来たのかもしれません。

    そう思ったら急に、少し淋しい気持ちになって来た…

    確か、去年か一昨年の今頃の記事にも書いたと思いますが、
    夏が逝くのを淋しく感じるのは、逆に、「あぁ、生きてるんだ」と思う私なのです。
    3〜4年前まで、自由が効かない身体で
    ただ、暑さをしのいで、夏が過ぎるのを待っていただけの私には、なかった感情…
    元気だった頃は、当然、感じていたのに、
    ここ10年くらいは、夏と冬は、ただただ耐えるだけの、味気ない日々だったのだと思います。夏が逝くのは、ただ、ホッとするだけでした。

    それにしても、ここ数年の暑さを思うと、
    まだお盆前なのに、夜、家の中より外の方が涼しいと感じるなんて、
    少し早い気がします。
    最近はいつも、そう感じるのは9月の半ばくらいになってからだったような…。
    私が齢をとって、代謝が悪くなったからでしょうか(笑)。
    まぁ、おそらく まだまだ 残暑の厳しい日もあるに決まっていますが。


    今日セレクトした曲は、いつも、暑い時期に、
    私の頭の中に1度は思い浮かぶ曲。
    少しせつない曲ですが 本当に人は、失くしたものとか 手に入らないもの、
    そんなものを 特に欲しくなってしまうものですね…
    心配しなくても 夏はまた来るのに
    そして その時 「あー暑い 暑い」って ブーブー言うくせに…

    でも 今年の夏は もう来ない。
    ひとつひとつの瞬間を
    それでなくても忘れやすくなってるこの頭の中に
    少しでも長く とっておきたいです…。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                          夏の終り → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | Off Course | 16:54 | comments(18) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  ロンド:オフコース  ○●○
      ロンド桜が終わって、代わりに、チューリップが色とりどりに賑わしている家が多くなりました。
      木蓮もまだまだ花盛りだし、我が家の玄関前には、パンジーとペチュニア、そして、私の好きな蔓日々草が綺麗な薄紫の花を咲かせています。

      遠く山を見ると、さわやかなもえぎ色。
      それなのに、どこかどんよりとした気持ちでいます…。


      原因はわかっています。
      先週、私にとっては忙しかったので、
      その時に、風邪をひいたり、
      インターフェロンで流れが悪くなったリンパの影響か、左脚が痛くて歩きづらいこと、そして、最近また少し、飲み込む時につっかえ感のようなものを感じることがあること…。
      それらの症状が、風邪薬を飲んだり、脚に痛み止めの塗り薬を使ったり、マッサージをしたりしても、なかなか良くならない。
      やはり、長く続くと、いい加減、滅入ってくる…。

      本当、いつもいつも、
      「考えたところでどうにもならない。悪くなっているのなら、考えたって良くはならないし、治療が必要になったら治療するしかないんだから」
      と、頭では嫌というほど分かりすぎている理屈を、
      自分に言い聞かせるのです。
      けれど、言い聞かせて聞くような、聞きわけのいい人間じゃないんですね、私は。
      どうにも、勝手に自滅していってしまうわけです…。


      最近、週に2回だけ、毎週必ず出勤する仕事を入れました。
      そのため、以前より、外に出ることが多くなって、
      仕事の帰りに買い物に寄ることも増えました。

      今、買い物に行くと、必ず、食料品のところにも、お花屋さんにも、雑貨屋さんにも、「母の日コーナー」のような売り場が設置されてる。

      そっか、母の日なんだな、と思う。
      私は毎年、母の日で大騒ぎするのは、商売屋さんの儲けになるだけ、と、
      特別な贈り物はせずにきた。
      けれど、毎年、思うことは思うのです。
      「母」のことを…。

      母のことは、母の日でなくても、ほとんどいつも、思っている。
      そして私は、それこそ365日24時間、娘のちんのことを思っている…。


      もうすぐ46歳になるというのに、
      今だ、私は、母の前では優しい物言いをすることが出来ない。
      いつからこうなったのか、自分でも覚えがないんだけれど、
      常に、「上眼線」な言葉遣い。
      そして、他の人には絶対にしないのに、「イライラしている」などの感情を、結構出しながら話してしまう。
      すべては、甘えのなせる技だと思う。

      そして、ちんには、と言ったら、
      最近は、以前に比べて、抑え気味に話している。
      私と話している時のちんのポジションは、数年前と比べたら、ずっと高くなっている気がするし、確かに、負けることも多くなってきたし、なんだか、あの子はあの子の人生なんだから、その責任も自分が負うんだから、と、本当はモノ申したいことがあっても引っ込めたりする…。


      今日セレクトしたのは、オフコースの「ロンド」。
      1番は、母からみた詞。
      2番は、子供の側からみた詞か、と思います。
      私がこのレコードを買ったのは中学の時だったから、
      当時、正直、歌詞の意味合いには、よく分からない表現もありました。

      今は、よく分かる…。

      ちんに関して、その成長にどこか物淋しい思いをするたび、
      母も、同じ気持ちを越えてきたんだろうか、と思う。
      ただ母は、あんなにどうしようもなかった父を夫に持ちながら、
      私たちを育て上げた強い人、
      私と違って、クヨクヨと、過去ばっかり振り返ってなんていなくて、
      昔のことを話しても、忘れてしまってることが多いけれど…(^_^;)
      人に対しても、割とその場でハッキリと自分の感情を出して、
      決着をつけるタイプだ…。
      人にぶつかっていくことが出来る人。
      嫌っている人もいると思うが、友達も多いなと思う。
      その点は、本当に敬服する…。


      明後日、1泊だけ、ちんのところに行くつもりです。
      最近ハム作りにハマっている私、
      その時に持って行こうと、牛肉を仕込み始めました。
      塩漬けし、塩抜きし、味付け・成形して、加熱…。
      少し日数がかかるので、
      正直、今日から始めたのではもう、遅いのですが(^_^;)


      最近、鈴木康博さんをまねて、ギターでこの曲をよく歌います。ぷかぷかでも歌ってみたけれど、案の定、途中で泣けて来て、声が出なくなってしまった…。



      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


      ←いつもありがとうございます。
       よろしければクリックお願いいたします。


                        ロンド  → 

      *なお、これまで、自分の音源をアップしてきたサイトが
       4月いっぱいで閉鎖になります。
       申し訳ありませんが、再アップはおそらく実現しないため、
       4月いっぱいで、聴けなくなります。
       You Tubeなどになかなかアップされてない曲など、
       よろしければ4月中にぜひご再聴くださいね!


      JUGEMテーマ:70年代・80年代
      JUGEMテーマ:音楽
      0
        | Off Course | 01:40 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark
        ○●○  心はなれて:オフコース  ○●○
        オフコース・i雪でした。
        予報では、今夜(2月6日土曜夜)まで、と言っています。
        明日には、冬型の気圧配置がゆるんでくると…。

        最近は、全体的に見たらやはり、雪が少ない。
        もしかすると、もう、今年の雪も最後になるのかも、なんていう気持ちさえしてしまう。

        例年、ここに書いてますが、後、雪が降るのはもしかすると、3月の、卒業式か、高校や大学の合格発表の頃の「なごり雪」になるのではないかと…。
        20年くらい前なら、こんなことは到底考えられなかったのですが。
        2月こそ、雪が降って、しかもそれが解けていかず、どこの道路わきも灰色の雪、
        スパイクタイヤやチェーンを巻いたタイヤによってできた、でこぼこの雪の塊がいっぱいの道路。
        今は、降っても、1週間くらいで、道路自体はそこそこ綺麗になってしまいます。

        昨日くらいから見かけるようになったのですが、ソフトバンクのCMで、福井の「一乗谷」でのロケのものが放送されています。
        あそこに、樋口可南子さんや、「カイ君」が来られたんだなぁ、と、しみじみ…。
        一乗谷と言うのは、福井市の東の方で、その昔、北陸地方を広く支配していた戦国武将「朝倉義景」氏の城址遺跡があるところです。
        「ツバメ返し」で有名な佐々木小次郎氏が、山にこもってこの術を編み出した、その土地でもあると言われ、「小次郎の里」とも言われています。

        ちょうど、雪がある頃に撮影したようで、雪深い感じが、とてもいい。
        あの、一乗谷の風景にとてもマッチしていると、相変わらず故郷贔屓の私は思ってしまうわけなのです。

        前にも書いたけれど、私は、暖かい家の中で、しんしんと雪が降り積もるのを感じている時間は、嫌いではない。

        そして、そんな夜に聴きたい曲は、体が反応してしまう「R&B」よりもやはり、中学・高校時代に聴いた曲たちなんですね。
        とにかく、涙が出てきてしまう。たぶん、そういう曲を聴いていた頃の自分の純粋さに。
        この前、ようやく北陸でも放送されるようになったMBS(TBS)系のドラマ「深夜食堂」の、バターライス、の話で、若いころの恋を純粋に貫いていた2人の話を観て、わけもなくダダ泣きして、ちんや茶戌に笑われた。
        たぶん、あの「ダダ泣き」も、その純粋さに泣けたんだと思う…。

        純粋だったあの頃の曲を聴きたい、と思うけれど、
        戻りたいとは思わない、と、前に書きました。
        では、どうして泣けてくるんだろう、と、考えました。

        たぶんやはり、純粋だったあの頃を「よかった」と思っていることは間違いない。
        なのに、戻りたいとは思わないのは、
        もうすでに、時間を止めることなどできない、という事実を知ってしまっているからで、
        もし、あの頃に戻って、そこに、ず〜っとそのままいれるのなら、
        戻りたいと思うんじゃないだろうか、
        …そう考えて、納得できた私です。

        あの時点に戻って、やり直せたら、というのもよく聞く言葉ですが、
        私は、それも思いません。
        結果はどうであれ、自分の選択や決断については、比較的、納得しています。
        負けず嫌いだからかな、自分の人生を自分自身で否定したくないのかもしれない。
        運命のようなものがもしあるとすれば、それを呪うことは、ときどきあってしまいますが…。
        自分で招いた結果については納得できるけれど、そうでないものは、時々、受け入れるだけのキャパシティが用意できなくなってしまう。


        …今日、お届けする曲は、雪がしんしんと降る夜に、聴きたくなる曲のひとつです。


        …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。

        ←いつもありがとうございます。
         よろしければクリックお願いします。


                               心はなれて → 



        JUGEMテーマ:70年代・80年代
         
        JUGEMテーマ:音楽
        0
          | Off Course | 01:11 | comments(14) | trackbacks(0) |- pookmark
          ○●○  いくつもの星の下で:オフコース  ○●○
          オフコース・i昨日、鳩山内閣が発足しました。
          このことについて、今、結構に記事を書きこんだのですが、全部、吹っ飛んでしまい、
          相当に落ち込んでいるよぴちです。

          ウケようとしたギャグを、
          「え?何?」と、聞き返されて、

          もう1度言うことは、なんとなく気がひけてしまう、
          …あんな感じで、今、もう1度書くことが、なんだか気乗りしない状況…。

          1つは、「脱・官僚政治」ということで、昨今はどうも裏目に出ていたように思う「議院内閣制」のメリットを、もっと活かした政治を期待する、という話。

          後1つは、子供手当、なるものは、いかがなものか、という話。
          じゃじゃ馬よぴちなら、中学を卒業するまでの子供一人につきいくらかの手当てがもらえる、ということが、子供を産むかどうかの決め手にはならない。
          どうせお金は手当以上にかかるし、中学を卒業した時点でかからなくなるわけでもないし。進学率がどんどん高くなってる昨今は、むしろそこから後の方がお金がかかります。

          安心して仕事を続けることができるように、保育・学童施設の整備・充実、フツーに産休・育休をとれるように、社会の空気を入れ替えること、
          そのことに力を入れてくれる方が、よほど「じゃあ、産んでみようか」という気になります。

          社会の空気の入れ替えとは、子供を預けて仕事をする女への「出たがり女」「子供より仕事をとる女」などという見方、家事育児に協力する男に対する「女々しい男」「女房の尻に敷かれている男」などという見方を払しょくする、ということです。
          産休・育休をとっても大丈夫なように、ワークシェアの考え方なども取り入れて、社会全体で企業を支えていく、そんな空気に入れ替える。

          家庭内での役割分担は、その家庭に任せればいいでしょう。他人がとやかく言うことじゃない。ただ、その家庭での決定に役に立つ社会を作っていくことが大事だと思うのです。
          そこに、新たな「雇用」も存在するように思うし、ものすごいお金と時間がかかるとは思うけれど、メリットは大きい気がします。
          あまりにもお金と時間がかかるので、何か始めても「そんな程度では何ほども変わらない」などと批判されて、引っ込めてしまう。
          でも、それでは、本当に何も変わらないままなんですよね。


          さて。そんな話はさておき、
          私にとって、秋というと、どうにも聴きたくなるのがオフコースと伊勢正三さんなのです。
          昨日は、茶犬のPCの整備をしに、日中、単身赴任先へ行きました。
          途中、加賀から金沢までのバイパスに乗るのですが、
          その間、ずっと正やんを聴きながら快適にドライブしてきました。
          でも、体調がいいと思って、ここ2〜3日少し張りきったら、
          昨日帰宅するころには、もう、食欲もないほど疲れ切っていました。
          やはり、無理は禁物。調子に乗ってはいけない(痛)。
          今日は、ゆっくりしています。

          今日お届けする曲は、オフコースの曲の中でも、鈴木康博さんの曲。
          鈴木さんは、福井放送だと日曜の午前11時から、「メインストリートを突っ走れ」というラジオ番組をやっているのですが(これが、すごくいいんですよ、スタジオに鈴木さんがギター持ち込んでて、その場でゲストとセッションしてくれたり。)、その番組のテーマ曲にも使われてます。
          私にとってこの曲は、なぜか秋なのです。
          部活が終わって、いい気分の時に聴く曲。
          今でも、お風呂につかりながらこの曲を聴くと、
          なぜか決まって、涙があふれてしまう曲です。

          こういう男が、歌の世界に現れ始めたのは、やはり80年代前半だと思います。
          それまでの男性陣から見たら、「軟弱男」などと言われてしまいそうな。
          でもたぶん、昔から、男も女も、強くもあり弱くもあって、
          本質的には何も変わってないのだと思います。
          男には女が、女には男が必要なことが変わらないのと同じように…。

          …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

          ←いつもありがとうございます!
           よろしければクリックお願いします!

                                いくつもの星の下で → 


          JUGEMテーマ:音楽
           
          JUGEMテーマ:70年代・80年代
          0
            | Off Course | 16:42 | comments(23) | trackbacks(0) |- pookmark
            ○●○  汐風のなかで:Off Course  ○●○
            汐風のなかで 今日も福井は雪。30cm程は積もりました。日中も降っていましたが、どうにかそれは解け、除雪車の稼働もあって、今は、路面がうっすらと白く、それが凍っている状態です。

            体調がまだ万全でなく、ブログ更新のエネルギーがない。
            でも、昨日も更新できなかったし、今日は、どうにかアップしたいと思い、朝、撮った雪の写真を入れようと試みましたが、ファイルサイズが大きすぎで、それを調整するだけの体力がなく、別の写真にしました。

            Off Courseの曲で、「夏は冬にあこがれて冬は夏に帰りたい」と歌っているものがありますが、本当にその通り。
            今日は、私の大好きな「汐風のなかで」をお届けします。
            また海にギターを弾きに行ける春を待ちながら。

            …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。
            ←よろしければクリックお願いします。

                                          汐風のなかで → 

            JUGEMテーマ:音楽


            JUGEMテーマ:70年代・80年代


            0
              | Off Course | 22:45 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark
              ○●○  愛を止めないで:Off Course  ○●○
              愛を止めないで 12月。
              もう、すっかり「晩秋」ではなく「初冬」という言葉が似つかわしくなってしまいました。
              でも、なんだか今年は、時間の実感がなく、いつのまにか、もう、今年もあと1ヶ月か、という感じ。まだ、クリスマスの気分も全く盛り上がってない。

              冬になると、必ず、オフコースの「愛を止めないで」が浮かびます。
              この曲が発売されたのは、中2の冬だったように思う。
              自分の部屋にTVなんてないから、もっぱらラジオ。
              いつも、コッキーポップやオールナイトニッポンに、新曲のCMが流れるのを聴いて、いい曲を手に入れる、という感じでした。
              その中に、「愛を止めないで」も、あったわけです。
              1度聴いただけで、もう、絶対に欲しくなった。でも、私の実家はど田舎で、レコード店なんてあるはずもなく。
              で、当時高校生で、毎日街へ行く機会がある兄貴に、レコード店で買ってきてくれるよう頼んだのです。
              その日ほど、兄の帰りが楽しみだったことはない。後は、朝帰りしようが何しようが、知ったこっちゃなかった。
              しかし。
              帰宅した兄に、「レコードは?」と聴く前に、兄は、
              「おい!俺レコード屋でものすごい恥かいた。愛を止めないではまだ発売されてなくて、来月やって言われたぞ!」
              …がっかり。超ガッカリ。

              でも、やっぱりこの曲は、私にとって懐かしい冬の曲です。
              冬の夜の、深夜ラジオを思い出します。
              モーリス、モリダイラ楽器のCMでは、よくアリスの曲が使われていた。
              コッキーポップの間のCMは、YAMAHAポプコン出身の人の曲が。
              しばたまゆみ「白いページの中に」、世良公則&ツイスト「あんたのバラード」、八神純子「思い出は美しすぎて」…。
              オールナイトでは、チェッカーズ「涙のリクエスト」のCMもよく流れてたなぁ…。

              …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

                                          愛を止めないで → 

              JUGEMテーマ:音楽


              JUGEMテーマ:70年代・80年代


              0
                | Off Course | 23:26 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark