◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Trust Me:Janis Joplin   ○●○
    PEARL昨日は受診日でした。
    私は、外出にはエネルギーが要るのでままならず、だから受診日には、
    せっかくエネルギーをかけて外出するのだから、ついでにいろいろやることが多い。
    病院では、検査結果を何時間も待っているのが疲れるし、時間の無駄なので、
    まず午前中に採血に行って、いったん戻り、午後、診察のために出直しています。
    で、その間に、私が実際商品を見ないと買えないような物の買い物とか、
    会わなければならない人に会う、
    職場でないとできない仕事を片付ける、
    などをやっていることが多いです。

    で、昨日のDutyは、
    1、友人税理士に提出を依頼してあった(計算は私がして、提出だけ税理士さんを通すと何かとスムーズなのです)確定申告の報告書や、預けてあった印鑑を取りに行く。
    2、取りに行く際、手ぶらでは悪いので、「手土産」を買いに行く。
    3、車にガソリンを入れる。
    に絞り、体力に余裕があったら職場に顔を出すとか、買っておかないと、と思う物たちの買い物に行こう、と思っていました。

    そうしたら、前夜になって、実母から電話。
    自分一人では完全には出来もしないくせに、
    同級生たちで作っているお遊び会「心和会」の名簿を土曜日までに作るのを引き受けた、
    しかもいろんな仕様を聞くと、人から貰った和紙の切れ端を名簿の表紙にしたい、とのこと。いったんは断りましたが、仕方なく、どうにか時間を作るからということになりました。実母は、自分のパソコンを持って、私の家まで来てくれるので、義母より少しはマシですが、どうして老女と言うのは、あんなにショ〜もないのでしょうか!

    何せ福井は、今は雪、雪、雪。
    病院の駐車場から歩くだけでも私には大仕事。いつも、誰か乗せてってくれたらいいのに、と思います。
    母は、病院には乗せていくからと言ってましたが、家に着く早々、「Aちゃん(私の妹)が、ひとりで子供を見るのが嫌で毎日来るから、一刻も早く帰らないと」と。現に、妹から、「まだ終わらんのか」の電話数回。(妹も、こんな時くらい自分の子は自分でみろよ、しかも、そんな状況なのに、なぜ二人目を宿す?)
    しかし、母が使いたいという和紙は、大きさが定形でなく、こちらで数字で設定しないといけない中途半端な大きさ。だから、表紙はワード、名簿はエクセルで作りましたが、どちらもページ設定、印刷設定、すべてカスタマイズしないといけなかった。
    で、彼女がどうにか出来るのは入力だけなので、とりあえず、名簿の中身を入力せよ、方法はこうで、と言うのを教え、やっておくよう指示して、結局私は雪の中いつものように自分で病院へ。そして、検査が終わって頼道はせず、すぐ帰宅。母の残りの作業を終えて
    母と別れてから、最低限に絞ったDutyをこなし、再び診察のため病院へ。
    16:30頃終わり、あんな複雑な大きさの紙に絶対ひとりで印刷ができるわけない母に電話してみた。
    そうしたら、案の定、「インクがないみたいで、かすれかすれや」とのこと。
    私がインクを買っていくわ、と、実家への道中にあるカメラのキタムラへ行くも、プリンターの機種が古すぎて、長い時間在庫確認のために待たされ、結局、Blackはすでになく、もちろん入荷予定もなく、カラーのみが在庫が1つだけあったのを買って、実家へ行きました。
    無事、印刷を終え、私は自宅に戻り、注射薬を冷蔵保存するための整理をし、し終わったらすぐに、ちんから「お迎えメール」。

    もう、クタクタでした。
    とても、ブログを更新することはできなかった。

    今日の曲は、伝説のカリスマJanis JoplinのTrust Meを。
    自分に自信がないけれど、どうしても愛してしまう時、人はこんな心境になるのでしょうね。
    昨日は、主治医と、「ずっと心の中にありながら、怖くて切り出せなかった、ちょっと突っ込んだ話」をしたのです。
    結果は可もなく不可もなく。
    誰も、人の寿命は分からない。ただ、「今は、血液はいい状態」と言うことだけが事実。
    そのことだけを考えて、生きていくしかないのです。
    それだけでも、ずいぶん恵まれているのだから。
    Janisの曲は、きれいな声のものもあるのに、中にはドスが利いた声のものもある。
    才能がありながら、社会的、愛情的に恵まれなかった彼女が、酒とドラッグに溺れていくうちに、声も潰していったのか…。
    この曲を聴いていると、彼女の心底の悲しさが伝わってくるようで、胸が痛みます。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←よろしければクリックお願いします。

                                    Trust Me → 



    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | Janis Joplin | 13:05 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark