◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  September:Earth,Wind and Fire  ○●○
    September今年は なかなか本格的な暑さが来ず
    夏が来た、と思っていたら いつの間にか 涼しくなっていた気がします
    短かった夏…
    昔より「暑さ」を感じなくなった、というか、少し寒がりになってきた、その「老い」のせいでしょうか…

    駆け足で秋がやって来ました

    我が家に「学校イベント」の季節感がなくなってから4年
    ちんが巣立った時点で 期末テストだの、夏休みだの、試合だの、…そんなことから遠ざかりました
    それぞれ 大変ではあったけれど それによって もう1度私自身が青春のやり直しをさせてもらっていたのも事実…

    ちんが高校生だった頃は 今の時期は学校祭で忙しくしている頃でした
    ちんの学校は9月に入ったらすぐに学校祭をやるため その準備は夏休みから…
    高校最後の学校祭の時は 私が入院中で
    入院が決まった時から(決まったのは ずいぶん前、というか、むしろ、私が時期を指定していたので)、ちんが学校祭で大変な役目を背負って来たら、あの子はひとりでやりきることが出来るだろうか、と案じていたのを思い出します
    案の定、衣裳係の責任者になって来てしまい、2人で生地を買いに行ったり、型紙を起こしたり、バタバタしました
    入院中には まだ 具体的な作業を始めることが出来ず、結局 退院してから動き始めたので、なんとか、助けてやれる部分は助けてやることが出来ました
    何か作業を手伝うことはしなくても、弁当を作ったり、荷物を運んだり、そんなことくらいは してやりたかった

    私が学生だった頃も、高校は、「学校祭」として、体育祭と文化祭が続けて実施されていたように思います
    あまり記憶にもない
    正直、高校時代には いい思い出がないのです…

    でも、中学の頃は、体育祭と文化祭は分かれていて、まず体育祭が9月頃にあって、文化祭は10月か11月だったように思う
    その思い出は いくつか ハッキリと覚えています

    かなしいかな、恋にまつわる思い出はないんですけどね…
    この間も、ライブの後で、来てくださった方に、
    「いや〜、○○とか、××とか聴くと、あの頃 つきあってた彼女のこととか、その時代を思い出すよね、あの曲をやってくれて、うれしかった」と言われて
    私は こころのなかで「ああ、この人の場合は”つきあってた人”になるんだなぁ、私なんて、その当時 好きだった人、でしかないけどなぁ」って思いました(笑)


    9月、というと頭の中に流れてくる曲はたくさん
    ここにとりあげるのも、以前とりあげたユーミンの「9月には帰らない」、竹内まりやさんの「September」、Tulipの「セプテンバー」、太田裕美さんの「9月の雨」、はたまた、ジャズスタンダードの「Autumn in NewYork(前にとりあげたような?)」や、なぜか「Stardust」など、迷いましたが、
    今日、運転中に おそらく ちんの母校の後輩だと思われる高校生たちが、学校祭の時に自分たちの係でオリジナルのTシャツやポロシャツを作って、それを着て準備するのですが、それだと思われるポロシャツを着た集団に出会って、
    「そうだ、Earth,Wind and FireのSeptemberにしよう!」と決めました

    中学の時、クラス展示、というものがあって、普通は、各クラスごとに何かオブジェを制作したり、大きな絵を描いたりして展示するのですが、私が中1の時、3年生のあるクラスが、3年1組の教室をディスコにする、というクラス展示をやったのです
    それこそ、窓や壁にはアルミ箔とセロファン、それに、確かフツーの蛍光灯をつけたり消したりする程度だったように思いますが、中1の私には、斬新だったし、なんだかうれしかった
    踊りが好きでない、いや、苦手な私は、本物のディスコには、48年の人生で2回しか行ったことがないのですが(>_<)

    その時 流れていたのは 当然、Earth,Wind and Fireの曲がたくさん
    3年1組の教室だけが 「大人の空間」でした
    おりしも3年1組の担任の先生は 学校一キビシイと言われていた、指導部長のI先生、
    私は「I先生、よく自分のクラスに こんなことを許したなぁ、それとも先生には当日まで内緒にしてたのかな」と思いました

    楽しかった秋の思い出
    秋は 楽しいことも せつないことも いっぱい覚えてる
    他の季節にも たくさんあったと思うのに 
    秋の思い出は 特に残ってるように思うのは気のせいでしょうか


    次の胃カメラ検査まで
    まだまだある、と思っていたのに
    気がつけば もう1ヶ月後に迫ってる
    少しずつ こころのなかの「しみ」が大きくなってきています
    考えても仕方ない、と 言い聞かせるけれど
    時折 胸騒ぎが止まらないことも…
    結果によっては 本格的に 何らかの手を打たなければならないのか、
    でも 福井ではダメなことは分かっているから
    また 病院探しと その病院の受診、病院間の連携の手続きなど
    落ち着かない毎日になってしまうんだろうか…

    私としては
    「良くなってはいないけれど悪くなってはいない」=このまま行こう
    を狙っているのですが…
    きっと そうあって欲しい

    けれど万一、今 書いたようなことになった時のために
    家の手入れや お仕事など 病院では出来ないことを 今のうちに しっかりやっておかなければ、と思っています
    そして それに集中することは 私にとって 余計なことを考えずに せっかくの秋を楽しむ、とってもいい方法なのです


    今年も秋を迎えられたことに感謝しつつ
    私の周りにいるひと 遠くで頑張っておられるひとたち
    みんな この秋のめぐみを受け取ることが出来ますように…☆


    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                          September → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | Earth,Wind and Fire | 00:47 | comments(14) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  FANTASY : Earth, Wind and Fire  ○●○
      Earth, Wind and Fire 宇宙のファンタジー、と、邦題がついていたこの曲は、70年代に青春時代を送った人にとってはディスコミュージックの代表曲ではないでしょうか。
      私は、音楽を演奏するのも聴くのも大好きですが、いかんせん、踊るのはあんまり…。
      福井には、当時、「ディスコ」というものも1件か2件しかなく、いわゆる「カラオケパブ」で、「ディスコ・タイム」とか、「チーク・タイム」という時間帯があって、踊りたい人は踊る、という感じでした。
      神戸で、茶犬と初めて「ディスコ」なる所に行ったとき、「へえ〜、ディスコってこんなのか…」と思いました。
      そこは、スタッフはみんな同じおしゃれな制服を着たお兄さんたちで、当然のことながら、客のロッカールームがあって…。特に「自分の席」というものはなくて、カウンターでカクテルなんかの飲み物を頼み、それを持って、テキトーにどこかの椅子に腰掛ける、みたいな。
      どうしても、私には合わなかった。終始、場違いなところにいる気がして緊張感が取れなかった。踊りも好きではないし。

      でも、Earth,Wind and Fireはミュージシャンとして、大好きです。
      ソウルフルでしょ、と、これでもかこれでもかと強調するほどの重さはなく、軽いタッチで聴けるブラックの曲。

      今日の福井も、本当にひと冬に2〜3度だろうと思うほど、青空が広がって、暖かい1日でした。

      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

      ←よろしければクリックお願いします。
                                     FANTASY → 

      JUGEMテーマ:音楽


      JUGEMテーマ:70年代・80年代


      0
        | Earth,Wind and Fire | 23:36 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark