◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Can Anyone Ask For More:Ray Charles  ○●○
    Ray Charles2ここのところ、いまひとつ体調も、精神状態も低調なよぴちです。
    こんな時は、ひとりきりが特にダメだ。
    考える時間がありすぎない方がいい。

    最近の「未曾有の不景気」、報道も躍起になって毎日暗いニュースばかり伝えています。茶犬の会社もご多分にもれず、景気はよくないわけでありまして。
    けれど、それとは反比例に、忙しさは増していく。
    帰りが遅くなってきたし、朝も、今までより30分早く出勤するようになりました。

    昨日も、何か大きな仕事が入っていたようで、茶犬は朝からテンパっていた。
    そりゃ、私なんかの仕事とは、重要性もなにも、大違いかもしれないけれど、
    とにかく私から見ると、茶犬は、何かミスが許されないような仕事の時はすごくテンパってしまう方。私も仕事の上で、そんな人を何人も見てきましたが、周りはちょっと困ったりします。
    そんな中、小さなことから、「離婚するしない」の会話に。
    わずか1分ほどのやりとり。
    私も、しまったと思いつつも、なんだか傷ついた。
    おそらく、向こうも…。

    付き合い始めてから26年。
    もう、小さなことが積もっているんですね、いいことも、悪いことも。
    いつ、「向こう側」へ転げ落ちてもおかしくないギリギリのところで、
    「積もっている物の中の、いい方向に作用するもの」たちに支えられて、立っている。ほとんどの夫婦がそうであるように…。

    ただでさえ、体調が悪く、それに曳かれて気分も落ち込みがちな私は、
    自分が今、治療が辛くても生きている意味は、「ちん」にしかないのか、
    茶犬にとっては、こんな間に合わない、高額な治療費だけ使う私は、
    いっそいない方が、いいのかもね、などと、ひねくれたことを考えたりしました(恥)。
    茶犬に対する不満は、大きく大きく存在していて、それが、こういうときにも出てしまうわけですが、それって、お互い様ですからね。

    でも、「大人になれよ、よぴち、たいていは、言葉の綾なんだから」
    「自分がいなくなったら困るだろう、と思っても、それは、生きている今のうちからわかっていてもらえなくてもいいことだ、いつかはいなくなる時が来るだろう、その時に、茶犬が茶犬の価値観で決めることなんだから。」
    …などと、一生懸命言い聞かせて、茶犬が帰宅する夜が来ました。

    案の定、茶犬は、気まずい雰囲気で帰宅した。
    朝、テンパってた原因になっていた仕事も、どうにか片付いたのでしょう、
    そうなると、帰って、私にどんなふうに接触したらいいか、気が重かったのでしょうね。
    ちょうど、ちんが年賀状を作るのを手伝っているところだったし、
    何事もなかったかのように、「はいおかえり」。
    茶犬は普段から、人の輪にすんなり入っていけないところがあるのですが、
    仕事で必要なものをちんに借りないといけない、ということもあって、
    それをきっかけに、私たちの輪の中に入って来ました。

    今日お届けする曲は、レイ・チャールズの定番中の定番、たくさんのミュージシャンたちがカバーしている曲です。
    ホントは、「慰謝料払ってでも離婚したい」のかどうか、知りたいところではあるけれど、”Can Anyone Ask For More?”

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。

                            Can Anyone Ask For More → 

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | Ray Charles | 18:15 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  Still Crazy After All These Years : Ray Charles (Paul Simon)  ○●○
      Ray Charles Love Songに昔ほど響かなくなっている今日この頃ですが、今日は、とびきりのLove Songを。
      もともと、ポール・サイモンが、静かに淡々と、透明感のあるボーカルで歌っているのが大好きだったのですが、根が「R&B好き」なので、やっぱり、これはこれでいいと思ってしまいました。
      何年もたっても、相変わらず狂っていられるもの…。
      私にとっては、ギターと、そして、やっぱり「ちん」かなぁ…。

      ちんのバスケ部は、先日の北信越大会2次予選で負けてしまい、北信越に行けなかった。ちんはマネージャーで、選手ではないけれど、泣いて帰ってきました。
      迎えに行った茶犬が、私がちんに試合結果を訊かないように、と、ちんの後ろで私に向って「No」の合図をしてました。

      賭けるものがあるのは、いい。
      ちんは成績は2学期はさらに落ちて、「もうこれ以上落ちるのは無理だね、下がないから」という感じ。茶犬は父兄懇談会でも担任の先生に言われたようですが…。
      いいのです、私的には、これで。
      絶対に「正解を書くことしかできないロボット」には、なってほしくない。
      ちんの学校は、ロボットの生産をしているよう。
      現役東大合格者の人数を自慢にしているようですが、東大卒業生が、必ずしも社会でいい仕事をする人間でないことは、先生たちだって実感しているでしょうに。
      難しい数学や物理なんて、仕事の場では使わない、研究職でもない限り。
      「使える人間」って、やっぱり「どうしたら周りに役に立てるか」を常に考えられる人、仕事全体を見て、最小の努力で結果を出すことができる人…。
      誰もが、それを分かっているのに、自分の子は、東大に入れるものなら入れたいと思ってしまうんですね。

      ちんよ、青春を謳歌せよ!
      何年たっても、狂っていられるものを見つけ出せるといいね!

                         Still Crazy After All These Years  → 


      JUGEMテーマ:音楽


      JUGEMテーマ:ジャズ・ボーカル


      0
        | Ray Charles | 23:29 | comments(2) | trackbacks(0) |- pookmark