◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Fool to Cry : The Rolling Stones  ○●○
    Forty licsやはり、本当には心は晴れず。
    この13年、もう、14年目に入ったけれど、自分は白血病だと知ってからも、わずかながら、心から晴れた日もあった。
    発病当初から考えたら、13年間も生きれたのは、本当に恵まれていることです。
    でも、どうしても、欲が出てきてしまう。それが煩悩。
    だから、1日1日、まるで人生を逆算するように、嬉しさよりも不安や悔しさや悲しさが増してきてしまうのです。

    今日は、ストーンズの "Fool to Cry" を選びました。嘆くなんて愚かだ…。
    この曲は、多くの普通の方々が抱いているストーンズのイメージとは、あるいは趣を異にしているかもしれません。
    でも、私の中では、ストーンズは、ロックのみならず、ブルースティストを含んでいる、というイメージなので、この曲も全く違和感はありません。
    イントロからいかにも、70年代の音。CPの音とピアノの音のミックスが、70年代をイメージさせる。
    バックに映像をつけるとしたら、ロン毛にフレアースタイルのジーンズ、かかとの高いサンダルなんかを履いた若者、女の人ならサイケな柄のワンピース、髪はセンターで分けて…。
    人はみな、昔を懐かしんだり、帰りたいと思う。
    それは、もう戻らないことを本能的に知っているから。
    どれくらいの長さの人生にせよ、その終わりに「あなたの人生はどんなだった」と訊かれたら、覚えていることしか言えないでしょう。
    結局、人生は最後には覚えていることで構成される。
    私は、ある意味、短い時間を走り抜けてきたので、元気だったころの自分のやってきたことを割と覚えています。言い方を変えれば、病気になってからはずっと時間は止まったまま。
    時に、よかった時のことだけを、すごく覚えていることを幸せに思うことがある。
    ずっと走り続けている人は、あんなに苦労した仕事なのに、もう忘れてしまっていることも多いから。
    私は、僅かな自分の仕事や、家族のこれまでを、よく覚えています。
    それはとても幸せなことかもしれません。覚えていることができないほどに、たくさんの仕事をしている人に比べて…。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

     よろしければクリックお願いします。

                                  Fool to Cry → 



    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | The Rolling Stones | 22:42 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark