◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  I've Never Been to Me : Charlene 〜愛はかげろうのように〜  ○●○
    Charlene 春は名のみの風の寒さや…。
    今日の福井も雪でした。

    先週金曜日のスマステで、カールスモーキー石井さんをゲストに、「私にとっての80年代洋楽ベスト30」をやってました。

    1位「スリラー」マイケル・ジャクソン
    2位「ライク・ア・ヴァージン」マドンナ
    3位「カーマは気まぐれ」カルチャー・クラブ
    4位「素直になれなくて」シカゴ
    5位「心の愛」スティーヴィー・ワンダー
    6位「テイク・オン・ミー」アーハ
    7位「ジャンプ」ヴァン・ヘイレン
    8位「レッツ・グルーヴ」アース・ウインド&ファイアー
    9位「ザ・リフレックス」デュラン・デュラン
    10位「フリーダム」ワム
    11位「ハイ・スクールはダンステリア」シンディ・ローパー
    12位「君の瞳に恋してる」ボーイズ・タウン・ギャング
    13位「ウォーク・ディス・ウェイ」RUN−D.M.C.
    14位「スターティング・オーヴァー」ジョン・レノン&オノ・ヨーコ
    15位「ボーン・トゥ・ラブ・ユー」フレディ・マーキュリー
    16位「フィジカル」オリビア・ニュートン=ジョン
    17位「ヴィーナス」バナナラマ
    18位「ヒーロー」ボニー・タイラー
    19位「堕ちた天使」J・ガイルズ・バンド
    20位「レッツ・ダンス」デビット・ボウイ
    21位「見つめていたい」ポリス
    22位「アップダンウン・ガール」ビリー・ジョエル
    23位「ロックバルーンは99」ネーナ
    24位「デンジャー・ゾーン」ケニー・ロギンス
    25位「パワー・オブ・ザ・ラブ」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
    26位「パープル・レイン」プリンス
    27位「ロンリー・ハート」イエス
    28位「ウィ・アー・ザ・ワールド」USAフォー・アフリカ
    29位「ネバーエンディング・ストーリー」リマール
    30位「リズム・ネイション」ジャネット・ジャクソン

    10位までは、納得かな。好き嫌いは別にして、特に上位3位は、ダントツだと思います。

    でも、私の中では、ランク外にも「私にとっての80年代洋楽」があります。
    今日は、その中の1曲、シャーリーンの”I've Never Been to Me”を。
    カセットテープからデジタル化しましたが、いつもアクセスポイントに使ってるブログサイトでは、そのデータファイルをどうしても受け入れてくれませんでした。
    なので、You Tube の映像でお楽しみください。
    この曲は、本当は70年代のものですが、80年代になって、たまたまラジオで流したら大反響、そのまま大ヒットになりました。
    私も、この曲を知ったのは高1の時。1981年の暮でした。

    愛はかげろうのように、と訳されていますが、歌詞全体はもっともっと深いです。
    直訳すれば「私は今まで決して自分自身ではなかった」、ということになるのでしょうが、歌詞全体からすると、「自分」というだけでなく、何かもっと広がりを感じます。
    人が生きるって、One Wayじゃないんですよね。
    いろいろな人や自然と、いろいろな時に関わって、その時その時、何かを感じ、その時の自分に対処しながら生きている…。

    当時は、ただ曲の美しさと、シャーリーンの色気のある歌声に惹かれて聴いていましたが、今は、また違ったものを感じながら、この曲をしみじみ聴いています。
    まさに、I've Never been to Me.

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

                             I've Never Been to Me → 

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    よろしければクリックお願いします。
    0
      | Charlene | 00:33 | comments(9) | trackbacks(0) |- pookmark