◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  星降る夜:かぐや姫  ○●○
    LIVEかぐや姫福井も、とうとう梅雨入り。
    一気に、湿度が上がり、曇り空や小雨の日が増えました。

    その分、玄関前でわずかに育てている花々への水やりは楽になりましたが、大切にしていた苺は、たった2つほどだけまともな大きさの実があったのに、見事に何者かにもぎ取られ。
    以来、水やりの意気も失せ。

    さて。
    6月9日の「ぷかぷか2周年記念・青い文化祭」は、
    おかげさまで大成功に終わりました。
    会、はね、、、。

    茶戌は、2曲とも、うまく歌えていたし、珍しくMCまで入れちゃって、
    そこそこ盛り上がりました。
    ぐっちさんと私のギターも、1度の練習もなくぶっつけ本番だったのに息はピッタリで、なかなかよかった。
    でも、これは、私の出番が終わって、もう、すでに私の気持ちが「座って」いたからなのです、、、。

    私の曲はといえば、
    1曲目・「駅」は、そもそもサイドギターは簡単だし、
    リードギターの山下さんはプロ並みの上手さなうえに、
    私のために練習もしてきて下さって、もう、華麗すぎるほど華麗に決まりました。

    でも、2曲目「根雪」は、私の歌声が小さいために、店長のPAは、私のマイク音量を目いっぱいあげてくれてるのでしょう、そのせいか、私のギターの、特に低音と、すごくハウリングを起こしてしまって、もう、しょっぱなから それが気になって気になって…。

    いつもは弾きっぱなしの低音弦を、いちいちミュートしながら弾いていたら、
    そっちに気持ちがとられてしまい、
    肝心の間奏のギターソロのところで1度「あれ?いつも、どう弾いてたっけ?」と、考え始めたらもう、頭が真っ白になってしまった。

    そこから先は、もう、滅茶苦茶です、、、。

    誰かが気を遣ってサビの部分を歌ってくれ始めて、
    私ももう、どうでもいいや、という気持ちになり、
    あんなに暗い曲なのに、「皆さんご一緒に〜♪」なんて、MCまで入れちゃって、
    合唱して終了、、、。

    高校時代から歌いこんで、目をつむっても弾けるほどの十八番。
    ある意味、自分の中の「青さ」を実感できた瞬間でもありました。

    こんなふうに、コケたおかげで、早速、次のネタ仕込みに余念がない私、
    これでよかったのかも…。


    青い文化祭のテーマ2010−ぷかぷか2周年−
                (作詞・作曲:ぐっちさん)

    1.歩いてきたね お互い色んな人生  
      楽しかったし 苦しかったし

      ギター弾きながら それでも唄ってたから  
      出会ったんだよね

      青い春が 青春ならば 青い気持ちがかっこいい
      出来ない何かに 立ち向かう その がむしゃらが
      いいんじゃないか

      青い文化祭 まだまだ青くていいんじゃないか


    2.言われ続けたよね 青臭い奴だと  
      そしていつかは 古くさい

      俺の旬は いつなのか 
      もう終わってしまったのか

       
      青い春が 青春だから 青い自分を感じていたい
      いつも目の前にスタートライン 
      遙かなゴールは 見えないけれど

      青い文化祭 まだまだ走っていいんじゃないか
     

    青い春が 青春なのさ 青い自分が青春なのさ

      忙しさを自分で決め込んで 
      言い訳したくもなるけれど

      青い文化祭 たまには青くていいんじゃないか


      だけど身体は大切にね   家族は大切にね 

    元気あっての 家庭があっての 
      このひとときなのさ

      青い文化祭 ゆっくり いきましょうか

      青い文化祭 そろそろ いきましょうか

    青い文化祭 ぷかぷか 2周年

    オープニングと、エンディングに、この曲を大合唱。
    さすが”金沢のこうせつ”、とてもいい曲で、帰宅後も、頭の中でへヴィロテしてました。


    今日、お届けする曲は、こんなふうに、盛り上がってる夜に歌いたくなる、
    かぐや姫のあったか〜い曲です。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。  


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いします!


                             星降る夜 → 


    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | かぐや姫 | 00:08 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  おまえが大きくなった時:かぐや姫  ○●○
      かぐや姫・今日朝晩が、めっきり冷え込むようになってきました。1年1年、「寒さ」を感じ始めるのが早くなっている気がします。齢ですね…(笑)。

      急に寒くなった気がして、日中は多少暑かったりもしたので、急には厚着も出来ずに過ごしていたら、風邪を引いたようで、咳や鼻水が出るわけでもなく、発熱もないのですが、喉がほんの少しおかしいのと、胃腸の調子が半端なく悪い。

      調子が悪くなってから、もう10日近く経つので、いい加減、これは風邪ではないのかな、と不安になってきました。やはり、肝硬変から来た胃炎なのか、と…。
      体調が悪いと、どうしても気分も落ち込んでしまいます。

      このところ、少し活動しすぎているな、という意識もあったので、
      今日は、少しゆっくりしようと、午前11時ごろから、布団の中で横になっていました。
      日中はラジオを聴いて過ごすことが多い。
      JR福井駅前から発信している、コミュニティFMの「まちかど放送」を聴いて過ごします。
      今日は、10時からの枠で、1976年のヒット曲を特集していました。
      「揺れるまなざし」「盆帰り」「パールカラーに揺れて」など、懐かしい曲がオンパレードでした。
      体調の悪さで落ち込んでいることもあるのか、聴いているうちに涙が出てきて仕方なかった。

      このころの曲を聴くと、いつも思うのは、私は、結局、1976年ころの曲が、1番心に来るなぁ、ということ。
      前にも書きましたが、時間を逆戻りしたいとは思わない。
      でも、私の心の中で、多分、1番良かったと思える時期が、おそらく1976年ごろなのではないかと思う。

      実家のある「ふるさと」に帰っても、商店はかなり少なくなって、家々も建て替えられて、あの頃の面影があるわけでもない。
      人も変わり、今、そこにいる人たちと特に会話をするわけでもない。
      私が結婚する半年くらい前に、実家はかなりリフォームしたので、
      今の実家の建物には、あまり思い出はない。
      なかなか実家に帰ることがないので、今の実家のどこに何があるのかさえ分からず、
      実家には私が身体を休めることができるソファーもないし、
      くつろげるか、というと、そうでもない。常に「よその家」にお邪魔している気分。
      自分の家の方が、よっぽどくつろげる。
      でも、故郷に行くと、どこかほっとしたりする。
      それはたぶん、そこに「時間」の存在を感じるからでは…、と思っている。

      来年、もし、ちんがこの家を出たら、もう一生、帰ってこないかもしれない(この家を生活の拠点にはしないかもしれない)。
      茶犬は、当面は生活の拠点は小松だし、3人が3拠点で生活するのは、光熱費など、生活費やエネルギー資源など、いろいろ無駄がある。

      それでも、やはり私は、この家を守らなくてはという気持ちが、どうしてもある。
      この家には、時間がいっぱい詰まっているもの…。
      人の心は、たとえ家族でも計り知れず、
      茶犬やちんにとっては、「今」を精一杯生きているから、
      そんなにこの家が必要ではないのかもしれないけれど、
      何年も生きているうちのたった一瞬でも、
      この家に帰ってきて、何か慰安になれば…。
      存在するかどうかも分からないけれど、その一瞬の為に、やっぱり私はこの家を守らなくては、と思ってしまう…。

      今日お届けする曲は、このところ根を詰めてやっている(何かやり始めると、憑かれたようにやってしまう、この性格、直さなくてはと思いつつ…)、レコードやテープからのディジタル化によって、ディジタル化した、懐かしい曲です。
      何か、私が故郷に抱いている感覚と似たものを感じました。


      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。

      ←いつもありがとうございます。
       よろしければクリックお願いします。

                          おまえが大きくなった時 → 



      JUGEMテーマ:音楽
       
      JUGEMテーマ:70年代・80年代

      0
        | かぐや姫 | 17:36 | comments(13) | trackbacks(0) |- pookmark
        ○●○  雪が降る日に:かぐや姫  ○●○
        はじめまして 珍しく、太平洋側で雪が降っています。寒いでしょうね、驚いているでしょうね、雪に慣れていないから…。
        福井は、今は降っていません。明日からは降るという予報ですが。
        どういうわけか、日本海側は「裏日本」とか言われてしまう。
        私に言わせれば、「雪」を引き受けているのに。
        確かに雪の結晶はきれいなものです。ちらちら舞う雪はロマンティックかもしれない。でも、雪は、そんなに甘くない。家が雪に埋もってしまって、大変な家が毎年必ず出てきます。

        雪の曲は多く、雪といえば猫(吉田拓郎さん)の曲を連想する人も多いでしょう。
        「あのねのね」さんの「雪が降っています」も好きでした。
        「雪の降る街を」「なごり雪」最近では中島美嘉さんの「雪の華」など、本当に多い。

        生まれてきて43年、こんなに雪には大変な思いをさせられているのに、
        心の中では「今年は雪が少ないといいな」と、毎年思うのに、
        それでも心のどこかで、まだ雪にロマンを感じているのはなぜなんだろう…。

        ただひとつ言えることは、夜の間にしんしんと雪が積もる日の静けさは、
        表現できないほど素敵な時間をもたらせてくれるということです。
        そんなに雪を体験したことのない方々に、1度体験させてあげたいくらい…。

        あまり生活の音がしないように、暖房はストーヴがいい。
        薪ストーヴで時々薪のはじける音がするくらいがいい。
        本当に、いい意味で一人になれます。

        かぐや姫の「雪が降る日に」、ギターでカッティングしながら弾くのが心地いいのです。

                                    雪が降る日に → 

        JUGEMテーマ:音楽


        JUGEMテーマ:70年代・80年代


        0
          | かぐや姫 | 01:24 | comments(2) | trackbacks(0) |- pookmark