◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  想い:永井龍雲  ○●○
    想い 私には、8月に2歳になった甥っ子がいます。実妹の子です。
    茶犬も、ちんも、その子を本当にかわいがってくれて、ありがたいと思っています。
    お誕生日や、クリスマスや、お年玉や…と、茶犬は惜しみなくお金を遣ってくれるし、本当にありがたい。
    それでなくとも、私は義務教育卒業後は、親には一切学費を出してもらっていない。奨学金、授業料免除、バイト、と、いろんなことでお金を作ってきましたが、その時も、茶犬は自分は朝から晩までガソリンスタンドのバイト、食事は下宿で食パンだけの生活をしてでも、私の実父の賭けごとの借金を工面してくれたり、本当に助けてくれたのです。
    で、土曜日も、甥っ子が喜びそうな「お子様銀行」って感じの、ポケモンのイラストがついた財布とカード、おもちゃの小銭やお札が小さいけれどリアルに作ってあるおもちゃを買って、甥っ子に会いに行ったのです。
    甥っ子は当然喜んで、肌身離さず持ち歩き、私たちがいる間、ず〜っとそのお金で遊んでいました。帰る時も、お金を片づけさせようとしただけで、私たちが持って帰ってしまうと不安になったのか、泣きながら、どうしていいか分からずパニックにさえなっていました。
    でも、妹は、ありがとうどころか、「また、こんな迷惑なものを持ってきて」という言葉で迎えてくれました。なんでも、カードや券の類は、甥っ子がコンポの中のCDやMDのトレイに差し込んでしまったり、冷蔵庫の隙間に並べられていたりして大変だとか。
    ま、妹の言うことはわかります。私たちも、ちんが小さい頃は、どうしても触られたくないものは絶対手の届かない所にどんどん場所を変えていたし、潰されたくないテープ類はすべて爪を折ってました。
    でも、なんだか私たち、すごくいけないことをしたような気分で、私は、妹と、茶犬の両方に気を遣って疲れてしまいました。私としては、妹に、形だけでも茶犬さんありがとう、というような雰囲気を出してほしかった。

    私が、義務教育卒業以降、学費や通学にかかる経費、結婚のための準備費用、すべて自分たちでやってきたことについても、妹は、「親に頼らないのはお姉ちゃんの勝手」と言っていました。それはそうかもしれませんが、私は、長く自分の頭の中の物差しが、「親には出来るだけ負担をかけないことが子の務め、それは、良いことなんだ」というふうにできているので、こんなにはっきりと妹に言われ、しかも、母までもが、少し生活が楽になってきていたこともあって、まんざらでもない様子だったり、ある時「どうせお母さんはあんたに親らしいことしてないから、文句も言えないけど」と前置きされながら説教された時には、「今まで私がしてきたことは、正しいことではなかったのか?」と、頭の中がごちゃごちゃになってしまいました。

    私はやはりまだまだ未熟者で、現世での帳尻計算をしてしまう。
    遠藤周作先生の「深い河」の主人公「大津」のように、神を信じての無償の行為ができずにいます。

    永井龍雲さんの「想い」、これを聞くと、貧しかったけれども、自分の価値観に迷いはなかった純粋なころを思い出す。
    必ずしもあのころの価値観は正しくはなかったと思う。でも、迷いはなかったように思うのです。
    どうせ、答えが出せないのなら、信じていられた方がいい。

    これをアップしてから、ギターを抱えよう。

                                       想い → 

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | 永井龍雲 | 00:19 | comments(2) | trackbacks(0) |- pookmark