◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  風:コブクロ  ○●○
    風東京は 早 桜も終わり…
    少し「狂い咲き」の向きも感じます
    福井は まだ少し先のよう
    ただ 今日 帰福した茶戌を駅まで迎えに行く時に
    福井では1番早く咲くと言われる「さくら通り」を通ったら 3分咲きくらいでした
    一昨日はまだ寒い風が吹いていましたが
    いよいよ 春が来るのかな…と思います

    今週は月・火と学会でした
    この学会の演題エントリー締め切りは11月末、
    11月初めの頃は 入院治療の予定でいたので
    エントリーのための抄録作成などは退院してからで間に合うかな、と思っていました
    ところが 主治医が「もう少し詳しく検査させてくれ」と どんどん入院日を延期していく
    私は 「このままいくと、退院後では間に合わなくなるかも、もしかすると、締切日にまだ入院中になるかも」と思い始め、急きょ作成、エントリーを済ませました
    それでも、主治医の入院日延期はさらに続き、その次の5月の学会の締め切りは12月半ば、結局、それさえも、退院後では間に合わなくなるかも、という気配がしてきて、慌てて11月末、エントリー解禁日に1番乗りでエントリーしたのを思い出します

    最近は、エントリーをしてから、学会事務局で採択するかどうかの審査があり、採択された場合にエントリー料を支払って初めて、エントリー完了となる場合が多いのです
    私は、この、3月の学会はエントリー料を振り込みましたが、
    1月半ばに、「治療不可能」という結論になって、5月の愛媛・松山での学会は、さすがに遠くて行ける気がせず、エントリー料未払いでキャンセルしました

    だから この学会が終わったら しばらくは学会がらみの作業はなくなる…
    とにかく この学会だけは頑張って乗り越えよう、という思いでした

    おかげさまで どうにか乗り越えましたが
    2日目は 疲労困憊で 少し早めにポスターを撤去し、眠気、脚つりと闘いながら、なんとか家に帰り着きました…


    いつもなら 学会参加のあとは
    他の皆さんのお仕事ぶりや 気迫を前に
    「私も頑張らなくちゃ」という、何か武者震いのようなものを感じて帰るのが常だったのに
    今回は 正直 そんな気持ちが湧かなかった
    いろんな方々に 今後のお仕事の提案や 励ましの言葉を戴いて
    その場では 普通に作り笑いをしていても
    こころのなかで「でも そこに辿り着けるまで生きていれるかどうかさえ分からないから 安請け合いは出来ないんだ…」と思っている自分がいました

    最近は何をしていても どこで どなたにお会いしても そう
    「またね」と言いながら
    こころのなかで「また会えるかな…」って思っている自分がいるのです


    まあ こんな思考を重ねながら
    結局 結構生きていくんだろう、と思っているのですが(^_^;)


    今日 セレクトしたのは コブクロの曲
    ちんが 中学生だった頃に よく聴いたので
    あの頃を思い出しています
    桜って 日本では ホントにいろんなところにある
    学校や公共施設には ほぼ必ずある、と言ってもいいくらい
    だから いろんな場所の思い出に
    桜は つきまとう…
    庭、と呼べるようなものがない我が家、
    それでも ある季節になると毎年決まって咲く花があるのはいいな、と思って
    この間、鉢植えの「一才桜」を植えつけました
    昨年の冬から 新しい花を植える気がしていなかった私
    ようやく1歩踏み出せました

    この曲の様に「こうなるまでは もう ここは歩けない」と思うような
    たとえば 「この曲はもう聴けない」「この本はもう読めない」
    …そんなことが いくつか あったような気がします
    でも だんだん そんなことも少なくなってきた
    齢なのでしょうか、それだけ「感性」が鈍くなってきたのかも
    私としては
    経験値によって「立ち止まってしまう場所を 冷静に通り過ぎる術」を得た、と思いたいのですが…

    ちんも昔 車の中で あるアルバムを流していると
    その1曲だけは 決まって「この曲は 飛ばして」という曲があった
    今はもう 聴けるようになったと言っていた

    やっぱり 時間は 人のこころの凹凸をならす 1番の薬なのでしょう…
    今 これをお読みくださっている方のこころも
    きっと なだらかな状態で 今年の桜を愛でることが出来ていますように…


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                            風 → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | コブクロ | 02:27 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  DOOR〜The knock again〜:コブクロ  ○●○
      DOOR 今日の福井は久しぶりにお陽さまの見える、穏やかな天気でした。
      天気がいいと、何かしないともったいない気がしてしまう。
      脚が2回目の引き攣り発作を起こして以来、2階へ上がることができなくて、布団を下の部屋に敷いて寝ていました。
      狭い我が家は、1階は狭〜いリビングダイニング・キッチンと、トイレ、お風呂の他は6畳の和室が1つあるだけ。
      そこは基本的には私の仕事場で、一応、机、パソコン関係2台分、文献や書類ファイルなどのカラーボックスが2つ、床の間を占領しての電子ピアノ、レコード類、ギターケースやバイオリン、茶犬のトレーニング用のエアロバイクなどが所狭しと置いてあり、冬になると、洗濯物まで干され、ジャケット類や私の洋服などもラックに置かれて、その上、布団まで敷くと、本当にごちゃごちゃで、どうしようもなかったのです。
      にもかかわらず、寝るとき以外は自分の部屋にはいかない、信じられない高校生「ちん」の、学校かばんや、教科書ノート類が、わずかにあいているスペースに山積み。
      さらに、布団を敷く前に置いてあった大きすぎる座卓は、布団スペースを確保するため窓際に立てかけてあった。
      そうしたら、前々から通気が悪くカビが生えがちなこの部屋が、一気にカビカビ状態になって行っていたのです。
      当初は、茶犬は「う〜ん、この狭苦しい貧乏くささがいい」とか言っていたのですが、最近は私も、茶犬も、それが嫌で嫌で…。
      ここのところ、どうにか手をつきながらなら階段を上がれるようになったので、もう、2階へ布団を戻そうか、どうしようか迷っていました。

      で、今日、天気が良かったのにつられて、
      「え〜い!また2階で寝ることにしよう!」
      ということで、ちょっと不安なのですが、茶犬に布団を2階へ戻してもらい、座卓も元に戻し、汚れた畳を拭き(←これらすべて茶犬の仕事)、私も、家じゅうに掃除機をかけました。
      おかげで、部屋はずいぶんスッキリしました。

      でも、さすがに疲れたのか、夜、ちんのレンタルCDを返しに行った時、車の中で脚はピキピキでした。茶犬が飲んでしまっているので、どうしても家までは頑張らなければ。
      ドキドキしながら、帰りました。

      まだまだ、2階にいる間に引き攣り発作が出たらどうしよう、階段を降りられるかな、と、不安でいっぱいですが、どういう状況で発作が出やすいか、少しずつ学習してきているので、大きなことにはならないように、頑張ります。

      そんなわけで、今日は、応援歌を。この曲の歌詞が好きです。

                         DOOR〜The knock again〜 →  

      JUGEMテーマ:音楽


      0
        | コブクロ | 00:02 | comments(4) | trackbacks(0) |- pookmark