◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  いちご白書をもう一度:バンバン  ○●○
    バンバン 今日、NHK−BSで「BSまるごと大全集 日本のフォーク&ロック」という番組が放送されました(というか、今、それを観ながら書いています)。
    もう、懐かしい曲オンパレード、当然ビデオ録画しましたが。
    その中で、バンバンの「いちご白書をもう一度」が流れたので、今日は、それをアップしました。
    この曲、作者のユーミンが歌っているヴァージョンも持っていて、それもいいのですが、やっぱり、私の中ではバンバンのイメージが強いので、こちらをアップします。
    本当は、私は、この曲の中の2人とは、青春時代が異なります。
    はじめは、「いちご白書」というのが、どういう映画かさえ、知らなかった。
    私が、あの時代に19、20歳だったら、どんなふうに生きていたかな、安保反対の運動にシュプレヒコールに加わるだけでも、参加していたのか、それとも、ノンポリを決めていたのか…。
    私が、「いちご白書をもう一度」、いい曲だな、って思っていたころは、安保に反対する意味すらまったくわかりませんでした。
    今は、もう少し事情がわかって、安保を結んだのはいいことだったのか、やっぱりやめた方が良かったのか、ますます分からなくなりました。
    安保といえば、たまたま、ちんの冬休みの課題で、読売新聞論説委員会・編著の「読売VS朝日」という本を読んで、感想文を書く、というのがあるのですが、この本は私も非常に興味があります。読売寄りに書かれていることは想像に難くありませんが、我が家は地方紙しか購読していないので、読売と朝日の論説を比較しながら読めるだけでも面白い。
    ちんが読んだら、後で私も読もうと思っています。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

                                いちご白書をもう一度 → 

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | バンバン | 22:24 | comments(11) | trackbacks(0) |- pookmark