◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  春よ来い:はっぴいえんど  ○●○
    はっぴいえんどなぜか、このところVOXでの音楽ファイルのアクセプトが悪く、今日はこの曲、と思い曲をアップできず、更新が滞っています。

    今年も、「ああ、寒くなってきたなぁ」と思い始めた頃には、また長い、耐え忍ぶ季節がやってきたように思っていたのですが、気がつけば、もう2月も終わり。
    ちんは、卒業する先輩たちへの色紙の準備をしています。
    春。あたたかくて、何か新しい、ワクワクする春。
    でも、それと同時に、必ず別れもあってしまう…。
    この季節は、いつも、Billy Joelの"Say Good bye to Hollywood"の中の
    "Life is a series of hellos and goodbyes
    I'm afraid it's time for goodbye again"
    の歌詞を思い出してしまいます。
    この曲は、私が学生時代、自分の周りの大切な友人やその親御さんに、
    それまで私が友人のためにやってきたつもりのすべてを否定されて、
    そこに就職問題も絡んで、自分の母にさえ、それまで家庭のために犠牲になってやってきたつもりの自分を全否定されて、
    本当に打ちのめされた、人間不信にさえ陥った時に、
    バンドでコピーしていて、しみじみとこの歌詞をかみしめた思い出の曲なのです。
    もう、あの時の私には帰る場所がなかった。何カ月も実母は私と口をきいてくれない状態が続いていたし…。
    夜中3時過ぎまで飲んで、財布の中には700円くらいしかなかったけれど、
    ガソリンだけは満タンに入っていたので、
    国道を神戸へと走った。
    いつ死んでもおかしくなかったな、と思うほどの暴走で、
    海岸線でヤンキーの車に追いかけられるも、ぶっちぎって走った。

    その時、神戸の、茶犬の周りの友人たちの「普通」の気遣いがとても温かくて、
    「自分は、間違ってないよね、生きていてもいいよね」って心からホッとした。
    そして、卒業を迎えたのです。

    今日は、まだほんの少し肌寒い、春と呼ぶには少し図々しいこの頃に似合いの、
    「春よ来い」をお届けします。
    もう、イントロからいきなり70年代の音。
    いつもいつも繰り返してしまいますが、はっぴいえんどのセンスは、
    ちょっと光っていました。
    音楽の教科書に載るような、爽やかでも暖かでもない「春よ来い」。
    生まれた時から日本がすでに「自由」だった、そんな若者たち第1号の、
    自由な旋律をお楽しみください。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。
                                    春よ来い → 




    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | はっぴいえんど | 22:10 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  風をあつめて:はっぴいえんど  ○●○
      風街ろまん 最近、発泡酒のCMで、はっぴいえんどのこの曲が流れてます。
      あんまり冬を感じさせる曲ではないと思うですが、ま、発泡酒自体、どちらかというと夏に売れる商品ですから、仕方ないか。

      はっぴえんどは、中津川フォークジャンボリーの頃から存在したバンドですが、なにせ、あの当時主流だったフォークとは、全くカラーが違っていました。
      同様に、忌野清志郎、荒井由実。

      今、またあの頃のフォークが少し脚光を浴び始めて(その要因は団塊世代の数によるところが大きいと思われる)、CMでも使われたのか、それとも、本当に楽曲の良さのみで選ばれたのか、それは定かではありませんが…。

      とにかく、はっぴいえんどの音楽が、「このまま生きて行ったら一生触れることがなかった人たち」にも届く、ということは嬉しいことです。

      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

                                     風をあつめて → 

      JUGEMテーマ:音楽


      JUGEMテーマ:70年代・80年代


      0
        | はっぴいえんど | 23:09 | comments(7) | trackbacks(0) |- pookmark