◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Heavenly Father : 山下達郎  ○●○
    On The Street Corner3毎日暑い日が続いています。
    夏だから、しょうがないのですが、それにしても暑い。
    昔、熱中症で倒れるなんてのは、本当に珍しいニュースだったし、
    大雨で死者が出る、なんてのも、稀なことでした。
    地球全体が温暖化していることと、日本の、特に都市部の建物の密集化、冷房などの暖気の排出量の増加、いろんな要因で、加速度がついて変化しています。

    夏は、海。
    福井に生まれ育った私の中では、それしかなかったのに、
    これだけ暑いと、海に行くまでに干上がってしまいそう…。
    中島みゆきさんの曲で、
    「海を見にゆけば たどり着くまでに 凍りそう」っていう曲がありますが、
    それの、”夏ヴァージョン”ですね。
    曲だけでも、と思うのですが、
    私が、アップしたい「ビーチボーイズ」は、音源がアナログしかないので、
    気分はビーチボーイズってことで、今日は達郎さんをお届けします。
    ただし、特別夏の曲でも、海の曲でもありません。
    ただ、もうすぐ盂蘭盆会。
    ご先祖様の供養の時ということで、無理矢理、Heavenly Fatherを選びました。

    英語では、さしずめ「天の神」というところでしょうか。
    ただ、日本人が日本語的に解釈すると、
    曲げて曲げて、「天の父」と訳せないこともない(笑)。
    宇宙から来たのはウルトラマンだけじゃなく、
    人もまた、大宇宙から来て、大宇宙へ還って行くのですね…。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                Heavenly Father → 
    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | 山下達郎 | 20:49 | comments(3) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  潮騒:山下達郎  ○●○
      山下達郎BEST PACK昨日は、午前中は夫の茶犬が、亡き義父のおしょう抜き(福井では、墓石に名前を彫ってもらう前に、一旦墓石から魂を抜く、ということで、お坊さんにお経をあげてもらったりします)で不在だったので娘のちんと私は家でグダグダしていましたが、午後になって「よぴちのケータイはあまりにも古いので、買い換えよう」ということになってバタバタと出かけました。
      そのまま夕食を食べましたが、食後、ちんがCDを借りたいというのでTSUTAYAへ。
      で、結局、ちん以上に茶犬と私が借りてしまいましたあっかんべー
      今回はフォークでなく、私たちの青春時代そのもの、のCDを借りました。
      聴きながら「う〜ん。懐かしい…」と、しばし浸りました。
      昨日借りた1枚に「TATSURO YANASHITA BEST PACK」があるのですが、どれも名曲。でもやっぱり私の思い出の曲は「潮騒」です。
      昔よく聴いていたライヴヴァージョンとは違う録音でしたが、やっぱりいいグッド
      「達郎さんらしい」というのを、どう感じるかによりますが、音楽は大道芸でありたいとのたまっていた達郎さんなので、そういう意味では、この曲は異色かも。
      でも、人気(ひとけ)のない浜辺に似合う1曲です。

       TATSURO YAMASHITA BEST PACK 1976-1978

      1. Circus Town
      2. Windy Lady
      3. MINNIE
      4. Last Step
      5. 夏の陽
      6. Love Space
      7. 素敵な午後は
      8. Candy
      9. DANCER
      10. Solid Slider
      11. Let's Dance Baby
      12. ついておいで
      13. BOMBER
      14. 潮騒
      15. This Could Be the Night

      「潮騒」→


      0
        | 山下達郎 | 08:45 | comments(2) | trackbacks(0) |- pookmark