◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  何かいいことありそうな明日:風  ○●○
     時は流れて…桜は咲くも まだ肌寒かった4月でしたが、八十八夜も過ぎ、ようやく、少し暑い日もあるほどに暖かくなってきました。
    ところどころに ツツジを見かけ
    街中でも見える低い山の緑は、もえぎ色。
    大好きな 山の色です…。
    「元気で行こう!」って話しかけてくれているよう…。


    4月28日
    いつもなら、茶戌が福井へ帰宅する日
    私は、ちんの高校時代のバスケ部の「母の会」へ
    (ちんの代は子供たちだけでなく、母たちまでもが、今だに仲良くやっています)、
    茶戌は、どこかで遊んでから福井に帰る、とのことだったのですが、
    結局、小松で 会社の若い人たちと飲んでいる写真がメールで送られてきました。

    そして、12時過ぎ、「やっぱり今日はもう、飲んでしまったから車はダメだし、電車はもうなくなってしまったので帰らない」との電話が…。
    すごく酔っているのが電話越しにも分かるほど。
    「そう、11時半を過ぎた時点で、迎えに来てって連絡なかったから、
     今日はもう、帰らないんやな、って思ってたよ。
     楽しいお酒だったの?」
    と聞くと、
    「んー、まぁ…。そうだったんでしょうねぇ」との応え。
    「なんか、すごく酔ってるからさ」
    「うん、吐きました! 吐いたからこそ、こうして喋れるようになったんや」

    ここまで来て、なんだか私の心の中に イヤな予感がしてきました…。

    「ホントに楽しいお酒だったの?」

    「まぁ、楽しいって言うか…。飲みたい気分やったというか。
     …6月1日付で異動になりましてね」

    やっぱり…。
    嫌な予感が当たってしまいました…。


    新しい赴任先は滋賀県野洲市、
    自宅から高速を使わずに車で行くと、3時間弱。
    今の小松へは1時間強くらいだったので、かなり遠くなる…。当然、単身赴任です。

    しばらくは 私も あまり言葉を紡ぐことが出来ませんでした。

    何が、落ち込む要因なのか、と訊かれても答えられないんだけれど
    なんとなく、「環境が変わる」 そして
    「そのタイミングが、ちょうど私の仕事の、最初の山場と重なる、
     つまりは、十分に新生活の滑り出しのサポートが出来ないかもしれない」ことが
    私の心をざわつかせたのだと思う…。
    そして
    茶戌もまた 新しい職場環境、福井との距離、
    …そんなこんなで 滅入った毎日を過ごすことがないか、
    それがとても心配だったのだと思います。


    でも、一夜明けて 目覚めたら
    スッキリとしていました。

    新赴任先から行ける距離で いいフォーク酒場がないか探し
    とりあえず ひとつ見つけて
    「そうだ、小松の時も、最初は手探りだったけど、
     だんだん、楽しく過ごす術を見つけて来たんだから」と、
    自分に言い聞かせた…。

    思えば、3年前、このブログで柳ジョージさんの”For Your Love”を紹介しながら
    初めての 家族分かれての生活を始めたんだった…

    あの時は まだ ちんがいて
    私は 入院で ちんの受験に支障が出ないか心配しつつも
    充実した毎日だった

    その後 ちんも 家を出て
    私は本格的にひとり暮らしになり
    ちんの寝息を確認しながら眠るクセがついていた私は
    毎日 隣の部屋の ちんのベッドに まだ ちんが眠っている気がして
    …もう いない、たぶん、もう、これからずっと、いない
    …そんなことを思っては 泣いてばかりの日々でした…
    家事は 断然減って 時間を持て余すばかり…。

    それから 少しずつ 身体がインターフェロンのダメージから回復してきたこともあって
    家族のためのことだけをやる毎日じゃなく
    自分の体力で出来る範囲で 自分がやりたいことは何か、
    もう1度 「自分の人生」を組み直してみよう、と、

    そして今では もう、ひとり暮らし万歳!!になっているわけです(笑)。


    そんなこんなを思い起こし
    「そうだ、新しいところに住むきっかけをもらえたことは、Happyなこと!
     これまで見つけた楽しいこと
     例えば、金沢での音楽遊びはもちろん続けながら、
     さらに、行った先、行った先で楽しいことを見つけて、
     楽しみをどんどん増やして行こう!
     野洲へは、ワクワクして行こうね!!」
    って、翌朝 帰宅した茶戌に言っていました…。


    あれからGWの間にも
    野洲へ2度行って、新居の内見と、フォーク酒場の開拓をして来ました。
    幸いにも、野洲から電車で20分くらいのところに、いいお店を見つけ、
    さっそく茶戌と私で 演ってきました。


    相変わらず あと1か月後に控えた私の仕事のひとつの山場を
    私は無事、乗り越えられるのか
    周囲にご迷惑をかけないか
    きちんと目的は達成できるのか
    不安でいっぱいですが

    とにかく 突っ走って行くだけ…。

    「ワクワクして 明日を迎え続けたい」と思っています。
    だから今日のセレクトは
    「何かいいことありそうな明日」

    おかげさまで まだ指は完全には曲がらず(布巾を絞ることが出来るようになるのが今の目標です)、痛みも残るとはいえ
    ギターは、7割くらい、戻ってきました。
    指をかばって変なところに力が入るのか、手首や肩が痛くなったり
    しばらく弾かなかったうちに指先が柔らかくなってしまって 初心者のような痛みがあって
    以前ほど長時間弾き続けることが出来ずにいますが
    なんとか、自分の心を癒すことは出来るようになった…。
    皆さま、ご心配戴いて ありがとうございました…。



    今年、年頭に私は、自分の中で
    「幸せでいること」を目標に掲げました。

    2012年 5月4日
    私の周りの すべての 人、こと、もののおかげで
    今のところ この目標は 達成し続けられています…。



    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                     何かいいことありそうな明日 → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | | 19:57 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  あの唄はもう唄わないのですか:風  ○●○
      あの歌はもう唄わないのですか福井の紅葉も、終わりに近づいてきました。
      毎年、季節の移り目になると、時間の経つのが早いと思うのですが、結局、その思いは次には全く生かされないまま、また、次の移り目に同じことを思う…。
      ある意味、そんな風に「達成できずにいること」があった方が、私にはいいのかもしれませんが。
      夕陽を追いかけているうちが、生きていくにはいいのかも、なんて思う今日です。


      ここ最近、ギターを弾いていなかった私。
      ブログを更新することも出来なかった。

      確たる理由もなく、
      なんとなく、ギターを弾く気持ちになれない、ブログを書こうにも、言葉が紡げない…。


      これまでより、仕事に費やす時間が増えて、いろいろ考えることも増えたこと、
      ちんの体調のことで気がかりなことがあったこと、
      自分の体調不全、
      それから
      金沢の音楽仲間の転勤で、いずれ茶戌も…、と思うと、
      また、私の大切な場所である、「ぷかぷか」の移転の話など、私の今の生活(音楽遊びを中心とした)も、変わるんだろうな、という漠然とした不安に似た気持ち、

      …こじつければ、いろいろ思い当たるふしがないことはないのですが、
      「そうだ、そのせいだ」と確信することも出来ず…。


      そんな折、先日、ブログ仲間の コックンさんのブログ に、「あの唄はもう唄わないのですか」が紹介されていたので、久しぶりに、この曲を聴きました。

      「あの唄は…」は、私が、風の曲の中で、最初に出会った曲…。
      小学校5年生の時でした。
      あの頃、私の小学校にはプールがなく、地域の市営プールに通わないといけなかったのですが、エアコンなんて贅沢品だった当時、私の夏休みの日課は、プール通いでした。

      午後1時に行って3時に帰る(当時、2時間しかプールにいてはいけない、という決まりがあったのです。身体が冷えすぎる、という憂慮からでしょうか)のが、みんなの普通の通い方。
      でも、それだと、当然のごとく、プールは混雑していて、気持ちよく泳ぐことなんて出来ないわけです。
      なので、私は時間をずらして3時近くに行って、5時ごろまでいる、というパターンでした。

      当時、仲良かったTちゃんの年の離れたお姉さんが、この「あの唄は…」のレコードを持っていたのがきっかけで、Tちゃんに、プールで教えてもらい、2人で、人もまばらになった、少し涼しくなってきたプールサイドに腰かけて、毎日、いつまでもこの曲を歌っていたのを思い出します…。


      以来、風のファンになり、けれど、まだカセットテープレコーダーというものを持ってなかった私は、Tちゃんの口伝えで「海岸通」を覚えました。
      中学になって、ようやく兄貴がバイト料で、電池でしか動かない安物の、モノラルカセットテープレコーダーを買ったので、
      私はまたもや、齢の離れた兄弟のいる子に、ファーストアルバムを録音してもらい、ようやく、アルバム全曲を聴くことが出来たのです。
      (「再生すると、電池が減るからお前は使っちゃだめだ」、という兄貴との確執があったことは言うまでもない)


      久しぶりに、この曲を聴いて、やっぱり、涙を抑えることは出来なかった。
      いつものように、その理由は分からないまま…。


      ただ、「還ろう」と、なんとなく、思いました。

      中1の冬、初めて自分のギターを買って、この曲をコピーして嬉しかったあの瞬間に。

      最近、活動量が増えた分、音楽を通じて、いろんな方々に出会って、
      とても幸せだった。

      でも、その反面、最近は、
      そういう方々と、まるで自分が、ちょっと音楽を分かっている風な話をしていたり、
      ギターなり、歌なりがうまくなりたいと思っていたり、

      …そんな自分に嫌気が差してもいました。

      音楽が好きなものたちが集まって、演奏したり唄ったりして楽しんでいる、
      フォーク酒場は、そんな空間とはいえ、
      やはり、他人様のまえで演るとなると、それなりにいいものを演らないと、
      という責任感が湧いてしまう。
      それを、プラスにして、どんどん練習に励んで、楽しめるうちはいいけれど、
      私などは、ちょっと辛かったり、
      出来ない、って言えなかったり、
      時に、楽しくなんてないことさえ、あったりする…。

      でも、やっぱり家で、ひとりだから誰にも迷惑をかけることなく、
      他人様はどうであろうと、自分が好きな曲を、
      技術レベルなり、見た目なり、そんなことを何も考えずに演る時は、
      本当に気持ちよくて、
      もちろん、途中で泣けてきてしまうことも多いけれど、
      それはそれで、自分の気持ちは浄化出来ていて、
      幸せ以外、何も感じないのです…。


      ブログにも、同じことが言えて、
      自分で想いを綴ることが出来るのが幸せなのですが、
      時に、何か綴らなきゃ、と思ってしまう時、
      まして、自然に降りてくる言葉でなく、
      わざわざ何らかの言葉を紡ぐ時、
      何のためのブログなのか、
      考え込んでしまったりする…。


      病気になって、つい最近までただ、諦めることだけを目標に生きてきました。
      それが、今、休薬という機会を得て、少し体力が戻り、
      活動時間を増やすようになって、
      きっと、諦めようと努めてきた分、
      それが、少しずつ達成できていた分、
      自分の心が、ついていけてないのかもしれません。

      そして、それについて行ったら、また、諦めなくちゃならなくなったときに、
      1から、あの、「諦める辛さ」を味わうことになるのかな、という、
      不安もあります…。


      このブログに訪れて下さる皆さまは、
      もうすでに、私の我儘を十分わかって下さっている方ばかり。
      今また、その上に胡坐をかこうとしている私ですが、
      どうか、少しだけ、時間をくだされば、と思います。


      こんな風に言葉にすれば、存外早く、気持ちの整理がついて、
      また、しょっちゅうグダグダ綴りをやる私に戻るかもしれません。

      が、もし、こんなふうに、なかなか言葉を紡げない状態が続くならば、
      更新が、今以上に滞るかもしれません…。

      音楽に関しても、少し、時間をおいて、

      自然に、他人さまの前で演りたい、と思える時が来るのを待とうと思います。
      もちろん、誰かの演奏を聴くのはいいので、
      今まで通り、フォーク酒場通いをやめるつもりはないですが、
      ずっと、たくさんの人の前では、演りたい気持ちが湧かない状態でいるので、
      今は、そんな自分の気持ちの流れに正直でありたいと思っています。

      つくづく、こんな我儘な自分が嫌になってはいますが…。
      めんどくさい奴だなーって…(笑)。

      家族のためのことも、
      仕事も、
      何にも役に立っていない今だし、
      辛いことに全然立ち向かおうともせず、それなのに、ただ、生きている、
      そんなことが許されるのか、とさえ思います。

      でも、仕方ない。
      そんなふうにしか、今は出来そうにないから…。

      また、出来るようになったら、
      少しずつ、こうして見守って下さる方々へ、「できること」を考えていきたいと思います!


      今日もまた、グダグダと長文で申し訳ありませんでした(^_^;)


      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。
      これは、本当に、心からの言葉です…。



      ←いつもありがとうございます。
       よろしければクリックお願いいたします。


                      あの唄はもう唄わないのですか → 



      JUGEMテーマ:音楽
      JUGEMテーマ:70年代・80年代
      0
        | | 02:25 | comments(16) | trackbacks(0) |- pookmark
        ○●○  あいつが生まれた朝:風  ○●○
         海風12月。
        今年は、5月か6月ごろに、「ああ、今年も半分か、まだまだあるな」、と、時間の流れを、どちらかといえばゆっくりに感じた記憶があります。
        でも、8月以降、ホントに早かったんだなぁ、と、しみじみ。
        早いとか遅いとか考えることすらなく、
        今、12月、と改めて認識して初めてそう感じた…。

        毎日、ゆっくりと過ごしていることに変わりはないのです。
        それなのに、なぜか今年の秋以降は、毎日、落ち着いた気持ちになれずにいる。
        「○○を過ぎれば」
        「あれを、やりきれば」
        …いろいろ、自分の中で仮説を立てて過ごしてきましたが、
        やっぱり、今日現在、まだ、落ち着いた気持ちになれずにいます。

        ブログを書くことも、
        人前でギターを弾いて歌うことも、
        なんだか、すべて、「自分を他人様にわかってもらおう、ほめてもらおう、自分が役に立っていると実感したい」…なんて気持ちの塊のようで、
        近頃は、何か、テンションが上がってこない。
        日ごろ、過ごしているときは、起きている間のほとんどの時間、
        頭の中に、ブログに書く原稿のようなものが流れ続けているというのに。

        いざ、書くとなると、すべてが、
        言い訳のようで、
        自慢のようで、
        同情請いのようで、
        …なんだか、嫌になってきてしまう。

        私がいつも楽しみに訪れているブロガーの方々の記事は、
        情報に満ちていたり、
        その方の思いや意見にあふれていたり、
        その方の常々のつづりに、こちらが癒されていたりするのですが。

        さて、自分は何を書こうか、となると、
        少なくとも、他人様の役に立っている気がしない…。
        鬱っ気が入ってるんだろか!?

        まぁ、いいや。
        どうでも。

        今日は、懐かしい「風」の、4番目のアルバム「海風」の中の1曲をお届けします。
        レコードからの自前デジタル化なので、音質が悪いのですが…。
        もう少し、音質を良くする方法がわかった気がしたので、
        やりなおさなくちゃ、と思いつつ、日々が過ぎています…。

        そう、「もう帰らない日々だけど…」
        わかりながら、やっぱり、あれこれ振り返る時期ですね、12月。

        月曜から、1週間ほど、病院に行ってきます。
        いつものように、ケータイからのコメント入力はニガテなので、
        皆様のブログは、毎日覗かせていただくと思いますが、
        何も言葉を残せずに帰ることをお許しください。


        …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。


        ←いつもありがとうございます。
         よろしければクリックお願いいたします。


                               あいつが生まれた朝 → 


        JUGEMテーマ:70年代・80年代
        JUGEMテーマ:音楽


        0
          | | 17:52 | comments(14) | trackbacks(0) |- pookmark
          ○●○  冬京:風  ○●○
          ハオちゃん・オトちゃん昨夜あたりから冷え込んでいます。
          雨雲はないのか、福井は雪は降っていませんが、
          暖かいリビングにいても、足もとが冷え込むので、
          外が相当、冷え込んできているのが分かる。
          2月だから、仕方ない。雪がないだけ、ありがたい。
          乙女心14月から、茶戌、ちん、私は、それぞれ3拠点で生活することがすでに決まっています。

          その時、それぞれの暮らす空間に、何か、生きているものの「ぬくもり」のようなものが欲しいなと思った。
          殺風景な部屋にも、少しは色を塗りたい。
          でも、自分の力だけでは生きられない命を存続するのは、なかなか大変なものです。
          特に茶戌は、あまり手のかかるものは無理にきまってる…。
          花なんかは、パッと部屋が明るくなりそうだけれど、どう考えても茶戌には、管理できそうにない。




          そこで、「多肉植物」はどうかと思ハオルチア・青雲の舞1いました。
          多肉植物は、サボテンのようなもので、あまり水やりを必要としないし、日当たりも、そんなに生育の必須条件ではない。
          2種類の多肉植物を3つずつ購入して、それぞれが2種類をひとつずつ育てようと、茶戌の部屋にも持って行きました。
          冬場は成長期ではないので、水やりも1ヶ月に1度くらいでいい。それくらいなら、私が行った時にでもできる。

          1番上の写真左側が「乙女心」というセダム系の多肉植物です。葉先が少し赤く色づいている感じが乙女のようで、このようなネーミングになったのではと思う。


          写真右側は、ハオルチアという種類の中の「青雲の舞」というネーミングの種で、なんともいえない透明感があります。そこに魅かれて、購入しました。

          病気になってから、生きとし生けるものがすべて愛おしく思えるようになりました。
          どんな命も同じように尊いし、その命を存続していることに敬意を感じる。

          特に、私のように、愚痴ばっかり言ってたり、もっと、もっと、と煩悩ばかりの中で胡坐をかくように生きているのではなくて、
          どんな条件であっても、愚痴一つ言わず、ひたすらに自分の使命を全うし、次世代を残すということだけに専念して生きる、そんな植物や、小さな命たちには、
          頭が下がると同時に、生きてくのがホントに「もう、いやだ〜」ってなった時に、すごく力をもらうのです…。



          今日お届けする曲は、1人で暮らす部屋の淋しさを歌った曲。私が風の曲の中で、1・2を争う程好きな曲です。
          最初に収められたのは、風の4番目のアルバム「海風」ですが、
          「海風」に収録されているモノよりも、後に発売されたベストアルバム「古暦〜Old Calendar〜」におさめられているもの方が好きなので、こちらをお届けします。
          例によって、レコードからのデジタル化なので、多少、音質は落ちますが…。
          私は、たいていの場合、初出のアルバムに収められているモノの方を好むことが多く、古暦の中の曲も、ほとんどは、初出のモノの方が好きなのですが、なぜか、冬京だけは、こっちの方が好きなんですね…。


          …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

          ←いつもありがとうございます。
           よろしければクリックお願いします!


                                   冬京 → 

          JUGEMテーマ:音楽
           
          JUGEMテーマ:70年代・80年代
          0
            | | 22:53 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
            ○●○  海岸通:風  ○●○
            風南風が吹いて、福井も朝からぐんぐん気温上昇。
            昔なら、30度を超えた日はニュースになりましたが、今や、35度を越した、というニュースにさえ、特別驚かなくなってしまいました。
            とにかく、暑い。エアコンの効きが悪くなったのかと疑うほど。
            食欲もなく、果物ばっかり食べたくなる。
            これでは夏バテしてしまうのがわかっていても、やっぱり果物が食べたい。ゼリーとか。
            でも、買い物にあまり行けない私の場合、新鮮な果物はあまりなく、生協で買ったわずかな果物のみ…。

            元気だったら、こんな日は海に行くんだけどな…。
            病気になってからも、数年前までは、こんなに足腰が悪くなかったので、
            家族3人で海へ行っては、磯辺のいろんな生き物を観察したなぁ…。
            なにせ、私は潜るのが好きなので、海へ行ったら上がってこないヒトです。
            浮き輪は必要なし。必要なのは水中眼鏡とシュノーケル、それに、生き物をいったん入れておくバケツと網。
            海水の生き物は、家では飼えないので、帰りに逃がして帰ってました。

            こんな、ロマンのかけらもない海でも、
            かつては、私の中では海はロマンティックの塊でした。

            夏の曲、とも限らないのですが、しばらく、私にとっての海の曲シリーズをお届けしようと思います。
            今夜は、懐かしい、風の「海岸通」を…。
            またもや、ロマンティックのかけらもありませんが、この曲と、「あの唄はもう唄わないのですか」は、私が小学5年の頃、夕方の、もうみんな帰って静かになったプールで、親友と二人でず〜っと歌っていた、思い出の曲なのです…。

            …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

            ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                                             海岸通 → 
            JUGEMテーマ:音楽


            JUGEMテーマ:70年代・80年代


            0
              | | 21:01 | comments(18) | trackbacks(0) |- pookmark
              ○●○  お前だけが:風  ○●○
              風この間、フジテレビ「スマップ・スマップ」のレストランに、井上康生さんと東原亜希さんの新婚カップルが出演していました。
              新婚の、見ている方が照れるくらいの、幸せそうな感じに目を細めながら、おばちゃんは、観てました。
              その時、草薙さんが、「ライオンハート」をアカペラで歌っていました(といっても、あの歌唱力ですから、聞き分けるには努力が必要でしたが笑)。
              それを聴いて、「ああ、これが私たちの世代では チャゲ飛鳥の Say Yes だったな」と思い、さらに、
              「もう一世代前は、きっと、風の お前だけが あたりだったのかな」と思い、
              ライオンハートの他は、アムロちゃんの Can You Celebrate?
              三木道三とかいう人の Lifetime Respect?
              もう、今や、青山テルマさん?

              やっぱり私の世代では、まだ「プロポーズは男性から」というのが一応定番。
              だからこそ、バレンタイン・デーが生きた時代。

              茶犬の上司の方が、カラオケで「お前だけが」を歌ったと聞いて、その方も、もしや彼女の前で歌ったのかな、などと思いを馳せたことを思い出します。

              この曲は、コードが簡単で、しかも4ビート。
              ピアノでも、ギターでも、よく弾き語りしましたね〜。
              風のファーストアルバムに収録されているのですが(当然、B面のラストです)、
              風は、ファーストと、セカンドアルバム「時は流れて」は、比較的かぐや姫路線っぽいフォーク色が濃く、サードアルバムの「Windress Blue」から、正やん、大久保さんのそれぞれのカラーがハッキリと分かれ始めるのです。
              生粋の風ファンを自称する私には、どのアルバムもそれぞれに思い出深いのですが…。

              思い出を感じる季節に、それぞれアップして行きたいと思います。

              …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

              ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                             お前だけが → 
              JUGEMテーマ:音楽


              JUGEMテーマ:70年代・80年代


              0
                | | 17:12 | comments(11) | trackbacks(0) |- pookmark