◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  能古島の片想い:井上陽水  ○●○
    センチメンタル今年は7月下旬になっても雨が続いて
    いつ梅雨が明けるやら、と思っていたけれど
    ようやく明けたかと思ったら灼熱の日々
    毎年のことなのに やっぱり この暑さには参ってしまう
    それまで 夏の割には保てていた体調も 一気に怪しく…
    それでもやっぱり 夏はいいな、と思います
    どこか こころが 開いてる…

    ずっとブログ更新が出来なかった
    名古屋ライブの前は なんとなく気ばかり焦っていたし
    終わって帰宅したら 1通の手紙
    仕事の締め切りの通知で
    私が思っていたより1ヶ月も早かった
    「そういえば 去年の このお仕事の会議の時 来年は早くする、って承認したな…」と思いだしたけれど 時すでに遅し(>_<)
    それから 怒涛の日々でした

    3つ作らないといけないもののうち、とにかく10日締め切りの1つだけは作り終えて
    今、こうしてブログに向かっています

    TVを観ない私ですが
    最近は ニュースやワイドショーだけは なるだけ見ようと心がけています
    このところ ワイドショーでは 世界水泳でメダルをとった瀬戸くんと萩野くんの「良き関係」話ばかり
    確かに あんなふうに いい意味で刺激しあい、他の場面では遊んだりしながら 
    共に成長して行けるって、素晴らしいと思う
    そんなニュースなら大歓迎、とも

    そうこうしているうちに 夏の高校野球が始まり
    今年は 95回記念大会で 松井選手が 高校野球特番に主演されるとのCM
    彼は 高校時代、この夏の大会で5打席連続敬遠されたことが
    自分の原点だと言っておられた
    そうなんだろうな、と思う


    本当に真剣に何かに向かった時
    そこに起きることは全て 誰にとってもドラマなんだと思います
    あの連続敬遠の試合、私もTVで観ながら 
    もし、自分が監督だったら どう決断するかな、と考えていました
    あの時は答えが出なかった
    私自身 今よりはまだ 現役に近かったし
    だから 選手の気持ちを思えば 「勝つ」ことはやはり大事で
    別にルール違反をしているわけでもなく
    戦術として「敬遠」というのは十分に正当だと思う
    でも そういう形で勝っても 選手たちは本当にうれしいものなのか、それが私にはわからなかった
    けれど 私も現役の時は 勝つことが大事で
    そのためにこそ つらい練習も耐えられたのだから…
    私がやっていたバレーボールには 攻撃手段として「フェイント」というものがあるのですが
    私は現役の時 この「フェイント」が嫌いでした
    なんとなく「ずるい」とか「逃げてる」というイメージがあって
    今は 選手たちがフェイントしているのを見ても 正当な攻撃だと思いながら見ているのですが あの頃 少なくとも 自分は フェイントするのには抵抗がありました
    「敬遠」というのも たぶん
    それに近いイメージでとらえていたのだと思う…

    だからやっぱり 私なら「勝負させる」、という決断を下すかな…
    あの時が、松井選手だけでなく、明徳義塾高校の選手たち、とくにピッチャーにとっても
    きっと何かの「原点」になったと思う
    勝って帰っても 故郷では 賛否両論で きっと 辛い思いもしたことでしょう
    そこから 彼らに生まれた「チカラ」はあったはずで
    絶対にマイナスではない、プラスへの原点だったと思いたいけれど
    どうせ 選手たちの今後の人生に どう作用していくか分からないなら
    勝負させて 万一 負けに終わっても そこを原点にする方をとる気がします


    こんな論議は もうずいぶん前の 
    あの 夏の大会の時に 嫌というほどなされてきた話
    今頃 すみません、、、(+_+)
    なんとなく TVの松井選手の その一言で あらためて考えてしまったのです


    私は今 自分の病気に関しては
    もしかすると まともに勝負してないのかもしれない
    自分より10cm以上も身長の高いブロックが3枚ついても
    上がってきたトスは絶対に打っていた私なのに
    今は 逃げてるのかもしれない…
    それでも 今、それを「ずるい」とは思わなくなってる
    人生って いつも「闘い」なわけじゃない
    むしろ 抗いようのない「流れ」のように思えて
    今は それに従って行こうとしてるだけ…
    梅雨が明けて とんでもなく暑い毎日も
    なんとか凌ぎながら過ごして行けば いつか秋の匂いがしてくるように…

    いや、元来「ハネッかえり」の私には
    従うことこそ むしろ 闘いなのかも(笑)


    今日は 昔 テスト前で部活が休みになると
    実家から自転車で30分くらいのところの浜辺へ出かけて
    ギター弾きながら歌ってた曲の1つをセレクトしました
    大好きな曲
    最近は ライブバージョンが「弾き語りパッション」に収録されて
    そちらが注目を浴びているけれど
    私にとって この「能古島の片想い」は
    あくまで この「センチメンタル」に収録されていたもののイメージなので
    その音源をアップして下さっているものを選びました
    携帯やスマホから このブログに来てくださっている方々が結構おられるようなので
    モバイル端末で再生出来る音源を探しましたが見つからず
    やむなく PCでのみ再生できるものをリンクします

    私がいつも歌っていた浜辺は
    今は すぐ近くまでコンビナートが迫って
    狭い狭い浜辺になって 遊泳する人も ほとんど いなくなってしまったようです
    最後に行ったのはいつだったかな…
    ちんが小さい頃だったような気がします
    機会あれば また行こう、
    今、そう決めました



    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                          能古島の片想い → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 井上陽水 | 23:21 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  Fun:井上陽水  ○●○
      氷の世界消費税増案を巡って、小沢氏が離党、
      国会では事故調査委員会が 福島の事故は「人災」だったと断言、
      …そんなふうに 後になって指摘されても、なんとなく、今後、変わることが期待できなくなってるのが本音です。原発は廃炉の方向へは進んでいないし、消費税もおそらく増税されてしまう。
      「だけども 問題は 今日の雨」…の気分、
      皆さまに叱られそうな47歳、よぴちです…。

      昨日、新しい仕事の最初の山場の、あとほんの少し残っていた分を渡り終わり、
      しばらくは、「人間」相手でない、自分のペースで運ぶことが出来る見通しで、ひと息ついています。

      最初の山場で、朝から晩まで丸1日、活動し続ける、という、
      普通の人から見たら当たり前のことですが、
      少し前の私には 到底 無理だったことを どうにか成し遂げて
      自分の中にかなり ゆとりが出来ました。
      なので、昨日1日の活動くらいは、もうテンパることなく迎えることが出来たし、
      昨日は、「人間」相手の活動を終えたのちも、しばらく職場に残って、
      また、帰宅後も、事後処理をやる精神的・肉体的余裕がありました。
      大騒ぎして、皆さまにも励ましをいただきました。
      本当に、申し訳なく、ありがたく思っています。

      けれど、やっぱり、夜には身体のあちこちに「引き攣り」感を感じていたし、
      今日は1日、ゆっくりしよう、と決めたのです。

      幸か不幸か、福井は朝から雨…。
      久しぶりに なかなかの降りっぷりで
      以前、福井で豪雨災害があった時、我が家の周りも水がついたので、
      あまりに激しく降っている時には、
      また、玄関前のプランターがプカプカ浮いてたりしないか、
      車の中に浸水していないか、
      思わず外を覗いてしまいました。

      もちろん、大丈夫でしたが…(^_^;)


      お休みの日に晴れるのは、当然、いいに決まっています。
      出かけても気持ちがいいし、洗濯や掃除なども、晴れている日だからこそ出来ること、たくさん。
      でも、心や体を休めたいと思っている日に、雨降りなのは わりと好きです。
      外が明るくなって来た頃に、雨音がしていると なんとなく落ち着く。

      今日も、ぼんやりと、意味もなく しばらく外を眺めていました…。

      最近は、異常気象になることが多く、
      雨の降り方が尋常でなかったり、竜巻が発生したりして、
      しょっちゅう、日本のどこかで 誰かが犠牲になっています。
      それを思えば、のんきに外を眺めているなんて、申し訳ないことなのですが、
      この雨も、もしかすると、今年の梅雨の中で、最後のまとまった雨になるかもしれないな、なんて思っていました。
      福井は湿度が高く、「晴れ」の日が少ない傾向がありますが、
      このところ毎年、梅雨と言っても、毎日毎日雨降りが続く、という記憶がありません。
      今年も、梅雨に入ってからも、「くもり」なだけで、そんなにまとまった雨もなかった。

      「雨降りも いつまでも続きはしない」
      …そんなことを思ったら、頭の中に 懐かしいこの曲が流れて来ました。
      この曲の、
      「雨を見ている ふり だけなの?」の、ふり なんていう言葉を使うところ、
      「ひとりで恋なんかして」
      「今日から 日記をやめる と書いているのかな」
      なんていう表現が、当時の私には斬新で、
      曲調もほのぼのとして、お気に入りの曲でした。
      私がお年玉で初めてギターを買った時に、ギター代を差し引いて ほんの少し残ったお金で、1冊だけ買った楽譜集が「井上陽水大全集」でした。
      大全集、といっても、その時点で、のものですから、最新でも「White」までしか掲載されてない。
      アルバムを買うお金もなく、周囲に陽水好きがいたわけでもなかった私は、
      ラジオなどで聴く以外は、ほとんどの曲を、その楽譜から自分で音を拾って覚えたのです。
      後になって、その曲たちを聴く機会を得て「そっか、この曲、こういう雰囲気にアレンジされてたのか」と、イメージが違うこともしばしばでした(^_^;)

      今日、ブログにアップしようとして「Fun」を探したら、
      You Tubeには、Coverされたものしか見当たりませんでした。
      1日、ゆっくり出来る今日だからこそ、と思い、
      思い切って 我が家の古いレコードから、アップしてみました。
      音質が硬いですが、ぜひ、原曲をお楽しみください。


      福井の雨は 明日はほんの少し弱くなるそう…。
      この雨で 被害に遭う方がないことを祈りながら
      …「いつしか それも 乾く」のを 知って行きたいと思います。


      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


      ←いつもありがとうございます。
       よろしければクリックお願いいたします。


                           Fun → 

      JUGEMテーマ:音楽
      JUGEMテーマ:70年代・80年代
      0
        | 井上陽水 | 20:47 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
        ○●○  愛は君:井上陽水  ○●○
        弾き語りパッション寒いですね。 なんか、この言い方が、まるで冬の季節のあいさつ…(笑)。 我が家では、まだファンヒーターを使っています。もう、今、ファンヒーターの灯油缶に入っている灯油で最後なのですが、新しく18L買おうかどうしようか、すごく迷ってる。 もう、さすがに18Lは必要ないかな、余ると変質するから処理にも困るし…。 でも、これだけ寒いと、まだ必要かなぁ…。う〜ん…。 いつもの年なら、もう買わずに、あとはエアコンで凌ぐのですが。これだけ寒いとエアコンでは朝が間に合わない…。

         ちんが旅立って1ヶ月。 なんとか、1人の自由な生活にも慣れて(いや、誰が、って、私が(笑))、 毎日をそれなりに楽しんでいます。 
        2年も前から準備を始めていた大きな仕事も、いよいよ来月、本番を迎えることとなり、 少し、周辺があわただしくなってきました。
         忙しさが、私を救っている。 
        何時に家にいなければ、とか、ご飯の支度だとか明日の準備だとか、 急がなくてはいけない洗濯だとか、 …そんな、生活のもろもろが、何もない。 自分の自由。 
        初めてなんです、こんなふうな生活。 憧れた独り暮らし。 
        まるで学生が下宿をしているのと同じ。茶戌のスネをかじりながら、本当に1人でもなく、 ただ時間や空間だけ思うままに扱えている。 
        こんな風に幸せに生きて行くと、いつか大きな罰が与えられるような気さえする…。 

        さて。 お気に入りのお店、金沢「ぷかぷか」が、6月9日で3周年を迎えます。 で、その日に、イベントをやろうということになったようです。 
        その名も 

         「青い文化祭」!!!!! 

        …いいなぁ〜。これは、もう青くない者にしか分からない響きだろうなぁ…。 で、1人当たり2曲まで、青春時代の思い出の曲を「完璧に」演奏する。 
        そう、飲んだ勢いでやるんじゃなく、文化祭に出るべく、練習して、ちゃんと披露するわけです。 
        これは、失敗したらダメ、っていうわけではないんだと思います。 でも、文化祭って、準備してるときこそが青春だったように思うんですよね。もちろん、やり遂げた後の充実感も含めてですが…。 
        ぷかぷかには、ノートを置いて、そこに、出演希望者は、自分がやる曲と、その曲に関するエピソードを書くことになっているようです。

        私は、といえば、エントリーしようかな、とも思いましたが、 よく考えてみると、エピソードがあるような曲で、自分がやりたい曲、っていうのがあまりなく…。 
        やっぱり好きな曲をやりたいのですが、好きな曲は好きなだけで、とりたてて「青い」エピソードがない。 

         今日、お届けする曲は、やりたいわけではないですが、エピソードのある曲です。 
        この曲は、小学校の時、山口百恵さんと三浦友和さん主演の「赤い疑惑」で、 三浦さんが通う大学の仲間たちと、ギターで歌っているシーンで使われていたのが最初に聴いた時でした。 
        以来、いい曲だな、と、大好きだったのですが、 いかんせん、レコードを買うお金もなく、ラジオから録音するにもラジカセさえない我が家。 どうにも、この歌詞の単語の羅列が覚えられなかったわけです。 
        当時、私が好きだった男の子(結局、中学卒業までずっと片想いでした)は、上に齢の離れたお姉さんが2人もいて、この曲も、アルバムが家にあると言っていました。 それで、少しでも「接触」したい私は、この曲の歌詞が覚えられないから、教えてほしいと、勇気を振り絞って言ったわけです。 
        そうしたら、翌日、ちいさな紙切れに、この単語の羅列の部分だけを書いてきてくれたのを覚えています。 ま、それだけのことなんですが^_^; 
        嬉しかったんですよね、たぶん、その紙きれも、しばらくは宝物だったのでしょう。 

        今は、もう、齢の離れたお姉さま2人を抱えた末っ子長男の彼のお嫁さんは、さぞかし大変だろうな、 …なんて、そこまで根性の座ったおばさんになってます(汗)。 


        …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

          ←いつもありがとうございます。  
         よろしければクリックお願いします。
                                  愛は君 →  

         
        JUGEMテーマ:70年代・80年代
        JUGEMテーマ:音楽
        0
          | 井上陽水 | 13:33 | comments(23) | trackbacks(0) |- pookmark
          ○●○  からたちの花:井上陽水  ○●○
          からたち井上陽水さんが、比較的初期の曲をギター弾き語りしたアルバムが、発売されたようです。
          これまで、コンサート会場などで限定的に発売されていたインディーズらしいのですが、あまりに人気があるので、今回、大々的に発売になったそうで。

          陽水さんの初期、というのは、いつ頃までを言うのかよく分からずにいます。
          今度のアルバムにも、「なぜか上海」なども収録されているようで、私から見たら「なぜか上海」は、もう、「中期」のイメージなので、普通は、どれくらいまでを言うのか、分からなくなるんですね。

          最近は、陽水さんの詞は、訳が分からない、響きだけを追求した言葉だったりもするわけですが、昔の曲には、現代に通じる鋭いものもたくさんあります。
          「傘がない」、しかり、「感謝知らずの女」しかり…。

          私は、「能古島の片思い」や、「帰れない二人」、「白い一日」、「東へ西へ」、「愛は君」、「招待状のないショー」などをよく弾き語りしました。
          まあ、ベスト盤の悲しさで、必ずしも自分のベストが収められているかと言えば、そうではないものです。
          今回のアルバム「弾き語りパッション」も、いらないものもあれば、入っていてほしいのに入ってないものもある。そんなものでしょう。
          だから、やっぱり私は、すべてのアルバムから、自分だけの「Favorite」を作っちゃうんですね…。

          今日お届けする曲は、梅雨明け宣言の聞かれるこの時期に、
          あまりにも季節感のない、
          しかも、さぁ、夏休みだ!というはじけたこの時期に、
          まったくもって暗い、
          でも、私の大好きな曲です。

          …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

          ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                                        からたちの花 → 
          JUGEMテーマ:音楽


          JUGEMテーマ:70年代・80年代


          0
            | 井上陽水 | 00:16 | comments(8) | trackbacks(1) |- pookmark