◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  チェリー:スピッツ  ○●○
    チェリー金曜日から、ちん達の最後の試合でした。
    3位以上が北信越大会へ行ける。北信越で勝って初めて全国です。

    今大会から、ベスト4は総当たり戦で順位を決めるようになり、
    今まで、ちん達の学校はいつもダントツで優勝してしまう学校と準決勝で当たるゾーンになって、決勝まで行けなかったのですが、
    今大会からは、準優勝できる可能性が出てきたわけです。

    昨日の時点でどうにかベスト4には決まり、おそらく今回も優勝するであろう強豪校には負けた。ベスト4の総当たり戦のうち、2位、3位、4位の分の試合だけが今日に持ち越された。

    ちん達の学校は進学校で、練習時間が絶対的に短い。
    そのため、1番の弱点はスタミナのなさなのです。
    いつも、1日のうち2試合目くらいになってくると、脚が攣ったり、捻挫したりでベストメンバーが欠けて行き、しかも相手の攻撃にディフェンスが間に合わなくなってくる。つまり、シュートを打ってから、自分の陣地に戻るのが遅くなってくるのです。

    そこで、昨日、ちん達なりに、今日の試合をどうするか、迷っていました。
    それは、2試合ある内、1つの試合は捨てて、ベストメンバーのコンディションを整えた状態でもう1試合に賭けてはどうか、という考えもあったからなのです。
    いつも、準優勝している学校との試合の方が先なので、それはベストメンバーでは臨まずに、いつも3位の学校との試合に賭けてはどうか…(ちん達はいつも4位なのです)。
    でも、昨日の時点で2位の学校と3位の学校は試合をして、辛くもいつもどおりに2位の学校が勝ったけれど、3点差の接戦で、どちらの方が強いとも言い難かった。
    また、前大会でちん達の学校と準優勝の学校がやった時に、負けたとはいえ、最後までもめた試合だった。

    結局、どういう結論が出たのかは知らないけれど、
    私はおそらく、彼らはどの試合もガチで臨むことにしたと思っています。
    最後の試合なので、彼らの納得が大事。
    もちろん、納得するために「勝ち」も必要だけれど、
    勝たなかった場合も、納得できなくてはならない。
    私としては、彼らに、絶対に「置き忘れ」をしてほしくない。
    それは、もう取りに戻ることはできないと知っているので…。

    最後の最後の試合は14:30分から。
    相変わらず体調はイマイチの私ですが、最後の試合は見に行こうと思いました。
    試合が始まり、でも、どうもちん達の学校は、立ち上がりが悪い。
    おまけに、ゴール下を任せる守護神が、足を引きずってる。
    たくさんシュートは打ってるけれど、決定力がない。はずしてしまう。
    リバウンドに執着心がなく、ゴールを外したまま、相手ボールになってしまう。




    結果はダブルスコアほどの差で負けた。





    今日、3年生でも結局ベンチで応援していただけで終わった子が2人いました。
    彼らも、納得できただろうか…。
    試合に出ていたメンバーも、納得できただろうか…。
    私も何度も、「最後の試合」を経験してきた。
    でも、1度も納得できたことがない。
    だから、辞めることが出来なかった。
    病気になって、やっと辞めることができた。
    辞めたくはなかったけれど…。

    今日の悔しさが、きっと彼らの明日の輝きに繋がっていきますように。
    去年のこの試合で、私に、あんなに青春の涙を流させてくれたOBたちも、
    全員、進学先から帰省して、応援に来てくれていました。

    何かひとつのことで、泣いたり笑ったり、頑張ったりできる、
    それって、もう今の私には出来なくなっていることかもしれない。
    「愛してるの響きだけで強くなれる気がしたよ」
    この曲は、私に限りなく「青」を思い出させてくれるのです。


    さぁ、ちん!
    いい加減、勉強しておくれね。
    ノー勉生活とは、もう、一区切りつけてくれ(笑)!

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!
     よろしければクリックお願いします!
                                 チェリー → 












    JUGEMテーマ:音楽
     
    0
      | スピッツ | 16:52 | comments(11) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  めざめ(空も飛べるはず):スピッツ  ○●○
      悔し涙夏の高校野球の、地方大会が始まっています。
      福井も、昨日、開会式があって、今日から試合が始まりました。
      ちんの学校は、開幕試合。途中まで負けていましたが、最後は逆転勝ちで、初戦は勝ち進んだようです。
      勝った、ということは、負けた学校があるということ。
      最後まで、負けない学校は、ただ1校しかない。

      昨日、NHK福井の開会式のニュースの後で、の福井のBCリーグチームである、「ミラクルエレファンツ」のメンバーの、甲子園での思い出をやっていました。
      昨日は、埼玉から入ってきた、キャッチャーの「YASUさん」のインタビューでした。
      YASUさんは、最初で最後の甲子園で、最後の試合は、1点リードの9回裏に同点に追いつかれ、そのまま延長するも決着がつかず、翌日再試合。
      再試合もまた、延長戦で、満塁にされ、キャッチャーとしては、大きなあたりは何としても免れたく、外角低めを要求し続けていた。
      そして、その結果、YASUさんはパスボールを出してしまったのです。
      甲子園は、キャッチャーの後ろが広い。
      YASUさんは慌ててボールを後ろに追いかけたけど、追いかけながらも、「ワーッ」という、得点が入ったことを示す歓声が聞こえ、もう、言葉が出なかったそうです。

      あの、一球から卒業したくて、今も野球を続けていると言っていました。

      私も、学校を進学するたびに「最後の試合」を経験してきましたが、
      やはり、何度もここに書いて申し訳ないくらいですが、忘れられないのは中学の最後の試合です。
      言葉が出ない、というYASUさんの気持ちが痛いほどわかる。
      頭が混乱して、いまひとつ、「自分たちは負けたんだ」ということが認識できなかった。
      そんなはずはない、そんなはずはないよ、私たちが負けるなんて…。
      しかも、まだベスト8や…。明日の試合はもうない、って、そんなはずないやろ?
      私たちには、特別に明日も試合があるように、協会が配慮してくれるんじゃないか、
      だって、おかしいよ、こんなに強い私たちが、残ってないなんて…。
      …そんな、あり得ない考えさえ頭をよぎるほど、
      あの時の私はどうかしていた。フツーの精神状態じゃなかった。
      学校に戻って、体育館のはしで最後のミーティング。
      しみじみとコートを眺めると、今日使わなかったから、うっすらと土埃で白かった。
      狭いと思っていたコート。あれ?こんなに広かったっけ…。
      先生が何を話したのかも覚えていない。
      ただ、このコートに来たら、やっと、負けたことを認識して、もう、涙が止まらなかった…。

      高校野球の今大会でも、どれだけ多くの野球少年が悔し涙するだろう…。
      でも、誰もがそういうように、絶対にその涙は、無駄にはならないんだ。
      忘れる必要はないんだ。
      忘れないことの方が大切なんだ。

      今日は、スピッツの「めざめ(空も飛べるはず)」をお届けします。
      これは、Cycle Hit 1991〜1997に、ボーナストラックとして収録されているものです。

      今日、初めて野球をした時からの熱い日々に、いったん区切りをつけた、
      青い仲間たちへ贈ります。

      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

      ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                               めざめ(空も飛べるはず)→ 
      JUGEMテーマ:音楽


      0
        | スピッツ | 18:39 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark