◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  雪化粧:松山千春  ○●○
    歩き続ける時福井の今年の立春は めずらしく おだやかな日和でした
    たいてい、まるで皮肉のように寒い日になるのが常なのに…
    その後も おだやかな日が続いたので、このまま春になだれ込めたらいいな、なんて思っていたけれど、やっぱり 寒波がやって来て あっという間に辺り一面 雪化粧…


    雪の降る夜の静かさは
    もう このブログで何度も話しましたが
    その静かさの中にいると どうしても ギターが弾きたくなって来る私
    最近は 手首が痛いこともあって 家でギターを弾くことがずいぶん減っているのですが
    それでも 雪の夜には 弾きたくなってしまいます
    そして そんな時に弾くのは 必ずと言っていいほど 中学時代の曲

    中学時代の曲って コード進行も単純で
    今でも 暗譜で弾ける曲が多い
    それがいけない
    暗譜で ボーッと弾いていると 余計なことを思いだす
    考える
    …なぜか かなしくなってくる…
    昔に戻ったところで 今日までの日々をもう1度やるのは イヤなんだ
    あの頃は あの頃で それなりに苦しい毎日で
    「早く大人になりたい」と思っていたくせに
    あの頃の何がいいのか よく分からないけれど
    もし あの頃に留まっていれるなら たぶん その未来の長さが羨ましいのかも…
    今は あの頃に比べたら 未来にいいことばかりは描けない
    そんな未来でも 今は 欲しいのかなあ…


    次回の受診では 舌ガンの再発・転移の確認のため エコー検査と胸部レントゲン検査をすることになりました
    毎月、視診・触診はしているのですが、念のため これから半年ごとに このチェックをしていきます
    今は 白血病より、舌ガンの再発の方が怖い毎日
    白血病も、命に直結する怖い病気だけれど 私の「慢性骨髄性白血病(CML)」は 発症機序が単純で、1つの遺伝子の変異で起こるので、抗ガン剤を開発しやすく、今では 数種類の薬が開発されているのです
    もちろん、効かない場合もあるし、それぞれ副作用も強いので、継続して使用して行けるかどうかの問題はありますが
    それに比べて 舌ガンは 一般的に抗ガン剤も放射線も効きにくく 予後があまり良くないガンなのです
    今回、私は本当に不幸中の幸いで、たまたま白血病で入院していたので もう諦めもついて口腔外科を受診して、早期発見・早期治療できたので、嚥下(飲み込み)にも、発音にも支障は出ていないけれど
    切除部位や大きさによっては それらに支障が出るし、顔の輪郭も変わってしまう…
    そうしたら 歌えなくなってしまう…
    歌は 私の精神的な支えの中で すごくすごく大きなものなのに…


    なんとしても この検査はクリアし続けなくては…
    でも、やはり免疫力が落ちているのか、口唇ヘルペスは 未だスッキリしないし
    そんなところに つけこまれそうで 怖いです
    かといって、何か努力するのは嫌だし やっぱり神様に お任せするしかないのですが(>_<)


    どこにいても 何をしていても フッと不安がよぎる毎日の中で
    このブログを通して知り合った ある方が、先日、大宰府の飛梅が咲いたよ、と写真を送ってくださいました
    ちょうど その日は雪模様、ほんの少しの暖かさを分けて戴きました
    そういえば 年末には 石巻から これまで食べたことがないほど 美味しい美味しいイチゴが送られてきたこともありました
    そして 一昨日、ちんからも「大阪では もう梅が咲いてるよ」と 梅の写真…
    母の梅好きを覚えていてくれたんだね…
    その他にも いつも気にかけて下さっている たくさんの方々
    みんなみんな ありがとうございます


    今日 お届けする曲は そんな「中学時代の曲」の1つ
    ギター1本で 雰囲気を出せる曲なので よく弾いたのを思い出します
    歌詞に そんなに深い意味はなく(といったら千春さんに失礼かな?)、なんとなく淋しい曲ですが 曲の途中から入ってくる エレピアノの音が 私を速攻で70年代に引き戻してくれるのです
    そして 雪、って やっぱり 少し淋しいものなのかな…
    曲にすると 淋しい曲が多いような…
    「♪ 雪や こんこん」の歌は 楽しいけどなあ…
    「雪やこんこん」となると、やっぱり「♪春よ来い、早く来い」が頭の中に流れて来ます

    もう じきに春が来るから
    春が来るまでに 何度でも ここで つぶやきたい…と今は 思っています(^_^;)


    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


    ←いつもありがとうございます
     よろしければクリックお願いいたします


                              雪化粧 → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:がん全般
    0
      | 松山千春 | 00:55 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  人生の空から:松山千春  ○●○
      木枯しに抱かれて一昨日あたりから、また一段と寒くなりました。
      薄手七分袖の出番はほんの2週間ほどで、
      あっという間に長袖のジャケットやコートが必要になって来た感じです。
      途端に体のあちこちの牽き攣りがひどくなって、眠れない毎日。
      また、冬が来るんだなぁ、と、少し気分がふさぎがちです。


      とはいえ、本来は、「秋本番」。
      この前の日曜は、ちんの母校でもある近くの小学校の運動会だったようで、グランドから賑やかな音が聞こえていました。
      なんだか、懐かしい気持ちでした。

      お天気がいいと、ホントは掃除・洗濯や、布団干しに最適なのですが、
      ついつい、どこかに出かけたくなる。
      この季節には毎年、仕事でいわゆる「北信越」と呼ばれる地域のどこかで会議があります。
      私は体調が心配なので、電車での旅がニガテ。
      いつも、自分のペースを確保できる、車で出かけます。
      今年は6年ぶりの山梨、けれど、ちょっと事情があって欠席、
      秋の中央道を走るのは大好きなのですが、おあずけです。
      来年は金沢だし、金沢では最早、「旅気分」ではなく…(笑)。


      ここ数年の体調と比べてずいぶん楽になった上に、
      ちんも巣立ったことで、
      ひとり旅に出かけたい気持ちが高まっています。
      もちろん、誰かと一緒に楽しい旅もいいのですが、
      我儘な私は、自分が行きたいところに、行きたい時に出かけ、
      体力が続かなければ、一息入れながら(たぶん、これが他人様より多過ぎ(^_^;))、
      …そんな、気ままなひとり旅がいいのです。

      ひとり旅デビューは、中学を卒業した春休みに行った京都。
      尤も、お金がないので宿は、親戚の家でしたが。
      日中は、体力だけはあったので、地図を見ながらどこまでも歩き、
      ちょっと離れた北野白梅町や衣笠の辺りには電車やバスを乗り継いで…。
      あの時は、祇園・清水なり、北野天満宮なり、
      いわゆる「観光地」と呼ばれるところと、
      どうしても庭を観に行きたかった「等持院」だけでしたが、
      今は、別に「観光地」と呼ばれるところに行きたいわけでもなく、
      ただ、街並みを歩いたり、
      静かな田舎の人里を歩いたりしたいなぁ、と思っています…。

      今期は、仕事での出勤は週1日だけで、あとは、電話やメールで、という、
      いつもの自分のペースを保てそうなので、
      ちんも茶戌もいなくなった今、出かけるチャンスはいつでもあるのです。
      でも、なんとなく、ちんや茶戌が頑張っている中、
      私一人だけ、悠々と遊びに行くのは気が引けて…(・・;)
       ( ア、 イエ、 マイニチ  ジュウブン  アソンデマスケド…  ハイ…。)

      どうせ飲めないし、泊まりたいわけではないので、
      夜中にでも帰ってこれるところがいい。
      狙い目は、奈良・斑鳩の方か、この前、仕事で行ったけどトンボ帰りだった、長野・松本かな…。

      まぁ、ここに書いただけで終わることは想像に難くないですが。
      でも、こうして考えているだけでも、ちょっと日常からスリップした感じで楽しかった。


      現実は、というと、
      そろそろ、後期の仕事の方に本腰を入れなければならなくなって来ました。
      私は、腰掛けばかり3つの職場に幽霊のように漂っているのですが、
      そのひとつは、これから本腰を入れなくてはならない時期、
      もうひとつ、もう5〜6年前から退職願を受理されずにいる所、
      せめて仕事は、後の人に渡して来ているのですが、
      やはり、いろいろとトラブルが起きてきて、ヘルプコールがしきりに…。
      こんな私でも、役に立つことがあるのなら、幸せなことですが…。

      こんなふうに、2011年の秋は過ぎていくのでしょうね。
      最近とみに、「あぁ、これが私の人生なんだなぁ、私が私として認識できる人生って、ホントに1回しかないんだなぁ」と考えてしまうのです。
      今までは、何回もある中の1つ、くらいの気持ちでいて、
      病気は多分、もう悪化する一方で、また元気になれる日は来ないと思うけれど、
      「まぁ、今回の人生は、これで仕方ないか」
      くらいに思って逃がしていたのです。
      でも最近、少しだけ楽になってきて、
      けれど、これ以上は多分望めないことも知っていて、
      なんだか、今のうちに、やりたいことをやっておこう、的な気持ちがあるのは事実。


      人生を、旅に例えた曲は多い。
      今日セレクトした曲もその1つ。
      アルバム「木枯らしに抱かれて」からのシングルカットで、売れましたが、
      当時は、私は、フルバンドになった千春さんの曲はあまり好きでなく、
      コンサートでも、前半のギター1本の時間が終わって、後ろからバンドが現れると、もう、なんだかガッカリしてしまったものでした。
      でも、今、この曲は、どうしてか、涙なしで歌えない曲になっています。
      「この人に」という人がいるわけではないですが、
      人生の終わりに、もう1度出会いたい時間や風景(もちろん、人も含めた)は、たくさんある気がして…。

      「私はずっと、過去に帰りたいとは思ってなかったが、今、昔の曲を聴くと涙が出るのは、やっぱり、過去のある時点に留まっていれたなら、という思いかな」と話したら、ブログ仲間の凜太郎さんに、「それは、少しでも人生生きてきてムダじゃなかった、ということじゃないか」と言って戴けて、そうだな、やっぱり、私、ずっと幸せなんだ、きっと、って思えました。

      こう書くと、まるで私の人生がもう終わるかのようですが、
      すみません、まだまだ生きると思います(笑)。


      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。



      ←いつもありがとうございます。
       よろしければクリックお願いいたします。


                       人生の空から → 


      JUGEMテーマ:70年代・80年代
      JUGEMテーマ:音楽
      0
        | 松山千春 | 17:41 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
        ○●○  残照:松山千春  ○●○
         パンジー土筆

        突然の入院から、5日。
        入院翌日、23日水曜日に、1回目の「食道ブジー」をやりました。
        食道に、バルーンを入れて狭窄した部分を広げる手術です。

        とりあえず、今回の入院ではあと2回、来週月曜と木曜・または金曜に、
        またブジーをやって、様子を見るということです。
        ただ、前回入院で施した「人工的潰瘍」が治癒する際に、
        食道の狭窄が起こりやすく、
        再度、拡張術をしなければならない可能性は大です。
        潰瘍が治癒するのに要する時間は1カ月程度。
        この分で行くと、退院しても、またすぐに、病院に逆戻り、
        ということも、あり得る…。


        前回、地固め処置をした際に、「これで、しばらく入院はなくなる」と思っていただけに、
        こんなことでは、これから、また、ちょこちょこと入院してはブジーで食道を広げないといけないのか、と思うと、すごく落ち込みました。


        けれど、やっぱり、私は生きているわけです。

        生きていれば、楽しいことも悲しいこともつらいことも、
        いろいろ、経験できる。

        特に、私の場合、悲しいことやつらいことより、
        楽しいことや幸せなことの方が、ず〜っと多いに決まっているので、

        やっぱり、感謝せずにはいられない今日です。


        今日は、急に家を空けてきたためにしておきたかったいろいろを片付けるべく、
        午後7時まで、という期限付きで外出許可をもらい、
        (来週はたぶん、病院から抜け出せないと思われ)

        ちゃっかり、その間に、ブログを更新している始末…(笑)。

        退院は、4月第2週になってしまうと思うので、
        今度こそ、しばらく更新は出来ないと思います。
        コメントにも、お返事できない可能性大です。
        この前の突然のご報告の時にも、
        ありんこさん、力道さん、励ましのお言葉ありがとうございました。
        お返しできなくて、すみません。

        家族にも、友人にも、本当に心配をかけてばかり。
        当の本人は、何一つ苦しんでなどいなくて、
        毎日、ゆったりと過ごさせていただいている。

        本当に、皆さん、ごめんなさい。




        家に帰ったら、家の前の砂利の駐車場に、土筆が出ていました。
        また、玄関前のパンジーも、まだ雪が降る福井なのに、
        元気に咲いて、私を迎えてくれた。
        ありがとう。
        主なしとて、春を忘れてはいない。

        自然は時に猛威をふるい、
        私たち人間なんて、こてんぱんにやっつけられてしまうけれど、
        そうしてまた、知らん顔で、こうして、粛々と自らの営みを繰り返していく。

        私もまた。
        そうやって、漂うように生きていきたい。

        今日は、いつも、歌おうとして途中で声が詰まってしまう、
        この曲をセレクトしました。

         ささやかだから 愛しくて
         ささやかだから 大好きで
         笑うことが 泣くことが
         悩むことが 生きることが…



        …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。




        ←いつもありがとうございます。
         よろしければクリックお願いいたします。


                                 残照 → 

        JUGEMテーマ:70年代・80年代
        JUGEMテーマ:音楽
        0
          | 松山千春 | 13:51 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark
          ○●○  こんな夜は:松山千春  ○●○
           こんな夜は普段あまり買い物に出歩かない私。さすがに今日は冷蔵庫の野菜がなくなってきたので、近所のショッピングセンターへ出かけました。
          特設コーナーは、あたたかグッズ。
          まぁ、それは当たり前に受け止められた。特に、思うところはなかった。思うところなく、帰途についた。
          そう、街中がクリスマスの飾りつけになってなかったことに、実は救われながら…。

          気がついたら、11月も半ばでした。
          入院を決めた時は、まだまだ、と思っていたのに、
          あと、2週間とちょっとで、「収監」です…。
          まだ、紅葉も味わってないし(もう、遅いか?笑)、仕事も山積しているし、
          何より、「遊んだぞ〜」という実感がないし。

          それなのに、なんとなく公私ともに、いろんなことが立て込んで、
          今週初めからは、とうとうダウン。
          疲れなのか、風邪気味なのか、それともその両方なのか、
          とにかく、食欲もないし、頭が痛かったり吐き気がしたり。
          最近はず〜っと、「○○もしないといけないし」という、
          いつも、「何かやらなければならないこと」に追われていたように思うので、
          昨日・今日は、あまり、Dutyを考えないようにしました。

          やっぱり、心のどこかに、「入院までに…」という気持ちがあったんでしょうね。
          もっと前にやっておけばよかったのに、
          今になって手をつけた仕事が、思いのほか難題で、
          相当時間がかかることがわかったり、
          家の中で、「片付けておかなきゃ」と思っていた場所の掃除など、
          小さなことなんだけれども、そんな「前々から思っていること」が、
          こんな時に限って、頭の中でいっぱいになる。
          しかも、いつもやっている、現在進行形の仕事だとか、
          身内のゴタゴタだとか、
          挙句の果てに
          「遊ぶ」ことさえもDutyのようになってきて、
          やりたいと思う曲の譜面を作ることも、焦りのように迫ってくる。

          たぶん、その、源になっているのは、
          「入院までに」という、気持ちなんだ。。。

          考えても考えなくても、
          同じように時間は過ぎて行くのだから、
          焦っても焦らなくても、粛々とこなしていけばいつか終わるのに。
          自分の中で、終わるだけの計算が出来ているはずなのに。
          ただ、無意味に焦って、自分を追い込んでる。。。


          せめて、ギター弾いて歌うのは、技術やなんやに走らず、
          歌いたいものをやろう、と思いながら、ギターを抱えたら、
          本当に久しぶりに、千春の曲がやりたくなった。

          そうしたら、無条件に泣けて来てしまって、驚いた。
          そういうのも、久しぶりだった。
          最近、そういう、ホントに何も考えずに自分の世界に浸りこむ時間、
          …なかったんだなぁ、と思った。


          先週は、福井もとうとう、あられが降りました。
          寒くなり、玄関前の花々もなくなってきて、淋しかったのですが、
          どうせ、入院中に、また、水やりが出来なくてダメにしてしまうかも、
          と思って、冬の花を植えるのをためらっていました。
          でも、やっぱり、今日、パンジーとゼラニウムを買ってきて、植えました。
          先のことなんて、考えすぎないようにしよう。
          パンジーやゼラニウムは強いから、きっと、
          退院してきた私を迎えてくれるはず。

          今日は、冬の花がひっそりと、でも少しの温かさをくれる、そんな静かな夜に聞きたい曲をお届けします。


          …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。


          ←いつもありがとうございます。
           よろしければクリックお願いいたします。


                                   こんな夜は → 


          JUGEMテーマ:70年代・80年代
          JUGEMテーマ:音楽


          0
            | 松山千春 | 20:56 | comments(18) | trackbacks(0) |- pookmark
            ○●○  海を見つめて:松山千春  ○●○
            木枯しに抱かれて12月最初の日は、明るい陽差しが射す1日でした。
            でも、こんな風に陽の射す日中でも、思ったほど気温が上がらなかった。
            あぁ、着実に冬になっているんだなぁと、実感させられました。

            玄関に、クリスマスっぽいリースを作って取り付けました。
            全部、100均の材料。
            我が家は茶犬家が浄土宗、私の実家は浄土真宗と、完全なる仏教徒ですが、
            クリスマスには、ケーキを食べる。
            花まつりには何もなし。

            ちんも、一応「彼」が出来て、本当ならクリスマスって、恋人たちにとっては一大イベントなのでしょうが、あの彼では、なにも期待できません…。
            忙しい、という理由で、プレゼントどころか、会うことさえ、儘ならないでしょうね。
            まぁ、あせらずとも、ちんにはまだまだたくさん時間があるから(あるはずだから)、これから、うんと、ロマンティックな経験をしていけばいい、と思います。

            今日お届けする曲は、松山千春さんの「木枯しに抱かれて」というアルバムから。
            シングルカットされた「人生の空から」のB面です。
            このアルバムは、私が中3の秋にでたもので、どうしても、アルバムと、中3の思い出がリンクする。
            福井では、11月に、高校入試の大きな模試があるのですが(それはほとんど全員対象で各学校で受験します)、だいたい、その模試の結果で、みんな進路を絞るものだから、いやがおうにも、その模試が終わる頃には「受験モード」に入ってくる。
            お気楽な私は相変わらず楽しくやっていたかったのだけれど、
            さすがにクラスの中のテンションも上がってきて、
            休み時間に参考書や問題集を開く輩も出てきたりして…。

            そんな中、冬休み、年末に千春さんのライヴが放映された。
            ビデオなんてない時代でしたが、あの時の千春さんのMCのひとつひとつさえ、
            覚えてしまうくらいに没頭しました。

            どうしても、「木枯しに抱かれて」は、私の中では暗いイメージではありますが、
            だからこそ、大好きなアルバムです。
            最後、「悲しい時には」で締めくくられていて、この曲には何度も泣かされた。
            というより、泣きたい自分を支えてもらった。

            私的には、とても完成度の高いアルバムだと思っています。
            今日お届けする「海を見つめて」も、暗い曲ではありますが、
            今でも、ギターを弾きながら涙してしまう曲の1つです。

            …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

            ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。

                                          海を見つめて → 

            JUGEMテーマ:音楽


            JUGEMテーマ:70年代・80年代


            0
              | 松山千春 | 20:20 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
              ○●○  君のために作った歌:松山千春  ○●○
              君のために作った歌千春さんが不安定狭心症で、ツアーを中止しました。
              今は、いわゆる「バルーン療法」というやつで、血管を拡張したのだと思いますが、おそらく、もう、今後の人生は狭心症とのお付き合いになることは明らか。
              最近の心臓血管疾患の治療は、すごいものがあるので、まだまだ大丈夫だとは思いますが、千春さんは心をこめて、しっかり歌う人だから…。
              今後はボチボチと、短めのコンサートで、それでも、まだ引退ということだけにはならないよう祈るばかりです。

              昔は千春さんが福井に来る時は必ず行っていましたが(彼氏のいない叔母さんが奢ってくれたので)、今回のツアーは、チケット買わなきゃと思っているうち、完売してしまいました。
              前の拓郎さんの時といい、最近私が行きたいと思う人が、次々にツアーを中止してる。
              昨日も、学生時代からの行きつけの居酒屋の前を通った時、「病気療養中につき、しばらくの間お休みします」の貼り紙を見て、茶犬と「私らが学生時代からいってるようなお店は、もうご主人がいい歳だから、次々に、こうなってきてるね…」と話していたところ。
              悲しいけれど、仕方ない。
              Time and tide wait for no man.

              でも、私も細々と、それなりに生きてる。
              だから、みんな、それまでよりはペースを落とさないといけないかもしれないけど、
              ボチボチと、続けていってほしいなと思います。
              その味を求める私のような客がいる限り。
              その音楽を求める私のようなリスナーがいる限り。

              今日は、「君のために作った歌」の、「再生」ヴァージョンをお届けします。
              これは、千春さんのファーストアルバムに収録されている曲。私は中1でした。
              あの頃のままではなくていいんだ。
              これからの千春さんでいいんだ。

              …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

              ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!

                                         君のために作った歌 → 
              JUGEMテーマ:音楽


              JUGEMテーマ:70年代・80年代


              0
                | 松山千春 | 18:16 | comments(16) | trackbacks(0) |- pookmark
                ○●○  別れのサンバ:松山千春(長谷川きよし)  ○●○
                再生 今日はクリスマス・イヴイヴ。でも、明日は茶犬は仕事、ちんは補習&部活で弁当持ち、全く連休モードでもないので、今日、クリスマスをやりました。
                別に、ちょっと御馳走と、ケーキを食べるだけですが。

                最近、「ひたすら温め療法」(←勝手に名付けた)が効を奏しているのか、脚の引きつりは一時期よりはマシになっています。
                まあ、でも、未だ畳の上には座れないし、腕も自由にはなりません。
                それでも、少しは動く気がわいてきた。
                で、買い物に行って、またもや「ひたすら温め療法」グッズを買いました。
                なんか、首のところに巻くベルト(カチューシャのような形)。そのベルトの中にカイロを入れて、首を温めるのです。
                これで、肩の痛みや腕の引きつりが少しでもマシにならないかな…という、期待を込めて買いました。

                今日は、松山千春さんの「別れのサンバ」になっていますが、これは、長谷川きよしさんの曲で、まぁ、今はやりの「トリビュート」っていうんですか、千春さんがカヴァーしたものです。
                そういう、千春さんが好きな、もしくは尊敬する人の曲をカヴァーしたものが1枚、自分の往年のヒットたちを、今、もう1度再録したもので1枚、計2枚組で「再生」というアルバムを出しています。
                千春さんも、私の青春を語るに外せない人。
                長谷川きよしさんは、小学生の時、この曲で知り、あとで、「黒の舟歌」を聴いて、そのあまりの違いに驚きました。
                それに、こんなに素敵なボサノヴァを、こんなに上手なギターとともに歌う人が、実は、眼が見えていないとは!
                私は、眼が見えているけど、こんなに上手にギター弾けない…と、落ち込みました。

                …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

                                               別れのサンバ → 

                JUGEMテーマ:音楽


                JUGEMテーマ:70年代・80年代


                0
                  | 松山千春 | 23:49 | comments(2) | trackbacks(0) |- pookmark