◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  わがまま:因幡晃  ○●○
    うすあかりまた寒波が日本列島を覆っています。
    福井も先週ほどの降り方ではありませんが、これを書いている9日0:30現在、自宅前の道路は真っ白の状態…。
    福井の冬なら、雪が降るのは当たり前、
    もう少し、もう少しで春がくると言い聞かせて過ごす毎日…。
    その分、そのうち、春の兆しを見つけられたら、その時はとてもうれしいのだと思います…。


    春の兆しと言えば、
    先週、大雪が降った頃の週末に、
    珍しくスーパーに寄ったら、
    えんどう豆が並んでいました。
    茶戌はえんどう豆ご飯が好物。
    さっそく、週末はえんどう豆ご飯にしました。
    今に、私の好きな おおいぬのふぐり や 蕗や筍が
    私の心にも春を運んでくれるといいな…


    日本の春は 新しいスタートの季節でもあります。
    春からは ちんは3回生。

    ちんの学校は、最近の傾向に沿って、「郊外進出」をしていて
    京都の端っこに大きな校舎とグランドを確保し
    徐々にそちらに移ろうとしています。
    ちんの学部も1〜2回生の間は、郊外のキャンパスで受講し、
    3回生以降は、街中の古いキャンパスで、というシステムになっています。

    そのため、3回生になるタイミングで、下宿生は引っ越すのが普通なのです。

    最近は、だんだん入試が早くなってきて、早い子だと秋に合格が決まってしまい、
    我が家にも、秋の時点で不動産屋さんから、来年以降の契約をどうするか打診がありました。

    しかしながら
    学校に行かない ちんは、3回生になったら受講するはずの「ゼミ」に入るための
    必要取得単位が足りない可能性が高く
    郊外での受講も残るかもしれず
    かつ、彼氏くんの住まいや サークルの活動場所などの事情で
    結局、3回生以降も今の、郊外に住んで、街中へ通う、という結論を出したのです。
    それで、「学割」のきく2年間一括前払い契約で、今の住まいの契約を更新しました。

    ところが 今になって、
    希望したゼミの先生の温情で
    単位数が足りなくても、単位が取れた時点で登録、ということでいいから、
    ゼミの受講は、他の3回生と同じ、4月から出ればよい、というはからいを受けることが出来たのです。
    また、残った単位も、街中のキャンパスで揃えればよいと…。

    彼氏くんのことも、ちんの中では依然大きいようですが
    (街中では彼氏くんのいる大阪から遠く、しかも、彼氏くんの車を止める場所がない)

    ここはやはり、学業優先ということで、
    引っ越すことになりました。

    これから、今の住まいの更新した契約の破棄手続きや
    新居の契約、引っ越しの準備、
    今の住まいは家電付きだったため、新居に引っ越す際には最低限の家電も揃えねばならず、
    突然、バタバタとしそうな予感がしてきました…。
    もちろん、「トレーニング」として、
    それらのほとんどは ちん自身にさせようとは思っていますが…。


    そして私自身…
    今年度は 定期的な出勤を週2回にする、という
    身体状況が特に悪くなってから しばらく休んでいた私にとっては
    ほんの少し 前に進んでみた1年でした。
    が、来年度は 確実に出勤するのを週1回にして
    その代わり、新しい研究プロジェクトをスタートさせる、という、
    無謀な試みに すでに足を踏み入れました…。

    読まなければいけないもの
    書かなければいけないもの
    交渉しなくてはいけない方々
    山積みで

    「やっぱり、私は、無理な場所に足を踏み入れたんじゃないか
     一緒にやる方々にご迷惑をかけないためにも
     辞めるなら 今のうちだ」 

    「でも こうして 一歩も引けないところに自分を置きに行かないと
     この先も 前には進めない
     それでいいのか…?」

    …心の中で 毎日毎夜 
    焦りやら 不安やら 
    武者震いするかのような清新な気持ちやらが せめぎあって
    収拾がつかずにいます…

    とにかく
    少しずつでも 前に進んでいきたい
    しばらく 止まっていた時計が ようやく動き出したのだから
    もう 自分からは止めてはいけない


    …この春は いろんな意味で
    感慨深いものになりそうです…


    今日 セレクトした曲も
    大好きな曲なのに You Tubeでは見当たらない曲…。
    なのでまた、自分でアップしてみました。

    こんなふうに 
    自分では望まないことさえも
    「わがまま」と表現して
    実行できる強さに あこがれ続けています。
    私の今の
    遊びや仕事に自分を賭けるというのも
    わがままに過ぎない…。
    家族のための自分とか
    職場の中での自分とか
    それらを全てこなすことなんて出来ないのを分かっていて
    それでも 「よぴち自身」を通しながら生きるということだから…。

    ただ おそらく私には
    こんな強い人になるのは
    一生、あこがれのままで 終わりそうですが…。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                          わがまま → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 因幡晃 | 01:28 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  貴方のいない部屋:因幡 晃  ○●○
      何か言い忘れたようで秋深し 熱き紅茶とビスケット  虚子

      すっかり、秋の匂い。
      朝晩が気持ち良くなってきました。

      もしかすると、私は、春よりも秋のほうが
      「さあ、生きてくぞ」という気持ちになれる気がします。



      たぶん、秋が1番、幸せを感じることが多いからかなぁ…。
      過ごしやすいと、何かやる気になるし、
      食べ物はおいしいし、
                       食べ物はおいしいし、
      ハイ、結局、「食べ物がおいしい」ということに落ち着くんですね(笑)。


      昨日、今日と2日連続で病院通い。同じ病院なのに、診療科が違うばっかりに、主治医もそれぞれ違い、外来担当日も違い、こうなってしまう。
      でも、受付のヒトなどは、さすがに昨日の今日なので、「あれ?」って顔してる。

      結果は、まぁ、いつものごとく、よくもなく、悪くもなく。
      ただ、白血球数だけは、まだ落ち着いていて(というか、ちょっと低い)、
      染色体検査でも、騒ぎ出す兆候が見られなかったので、
      またもやインターフェロンはお休みのまま、もう4週間見てみよう、ということに。
      発病以来、1か月以上もインターフェロンを打たないなんて初めてのことで、
      最初は、「あれ?今日、注射打ったっけ?」と確認する癖が抜けなくて、
      そのたびに「そうだ、そうだ、もう、確認しなくてもいいんだ、わーい!」と自分に言い聞かせてた。
      ようやく今は慣れてきましたが、今度は、また注射再開になった時に、忘れそうな気がする…。まったく、わがままなものです。

      肝硬変の方も、血液検査の結果は、数字的には若干悪くなっている方向に動いているけれど、それは、一概に「悪化」だと決めつけるには尚早すぎる。
      新しく始めた薬があるので、もう少しそれを続けてみないことには。
      やはり、薬といえど、即効性のあるものと、そうでないものがある。
      薬もまた、肝臓や、ヒトの体にとっては、負担ではあるので、
      投薬当初は若干肝機能が悪くなることもありうる。
      主治医2人とも、そんなに慌ててもいないし、だから私も焦らないで見ていこうと思います。出来る限りのことをしつつ…。

      さて今日お届けする曲は、因幡晃さんの曲。
      因幡さんはあまりにも個性が強いので、苦手な人も多い。
      確かに最近は輪をかけてこの個性が強くなっておられて、
      私も少しタジタジ、というところはあるのですが、
      この曲が収められているアルバム「何か言い忘れたようで」の頃は、
      まだ、そんなにアクの強い歌い方でもなく、
      やさしく響いてくるのです。
      因幡さんの曲には、女ことばの曲が断然多い。別に本人様は、全くの『男』だと思いますが(笑)。
      風の曲で、私の大好きな「冬京」という曲がありますが(これはいずれ必ずアップしますのでお楽しみに)、この曲は、その「女性版」という感じです。

      鉄製の外階段のあるアパート、って、この曲を聴いていた小学校高学年から中学生の頃、すごく憧れてたんですよね。思えば、こんなふうに、「帰ってくる足音」が聞こえるからかもしれません…。


      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

      ←いつもありがとうございます!
       よろしければクリックお願いします!

                             貴方のいない部屋 → 
      JUGEMテーマ:音楽
       
      JUGEMテーマ:70年代・80年代
      0
        | 因幡晃 | 17:05 | comments(15) | trackbacks(0) |- pookmark
        ○●○  思いで…:因幡 晃  ○●○
        尼御前福井も海開きしました。
        地球温暖化の影響か、おかしな天候が頻発していますが、やっぱり、季節をひっくり返すところまではいっていない。
        つい、この間まで、涼しいな、今年はまだまだ冷房を使わないですむな、と思っていたのに。

        海開きしたと思ったら、いきなり30度を超す暑さ。
        いわゆる「小節」というものにも、いつも、感心するのですが、
        やはり長年の経験から基づいた、小節や、行事というのは、
        うまく、季節をとらえているなぁと、感心するのです…。

        夏と言えば、思い出づくり。
        作為的に作るものではないんだけれど、夏の思い出って、誰にも必ず1つやふたつはありますよね。
        海にまつわるもの然り、夕日にまつわるもの然り、星空や花火にまつわるもの然り…。
        私の場合は、そんな、映画のようなシチュエーションでなくとも、
        ただ、暑い、じりじりの太陽の下とか、夕陽の中でとか、
        朝、ラジオ体操から帰って来た時の台所のキュウリやナスの漬物のにおいだとか、
        通り雨の後のアスファルトのにおいだとか、
        今だって経験している、そんなものまでが、
        ある種、「思い出」となって、
        今と昔を交差しています…。

        今日、お届けする曲は、因幡晃さんの「思いで…」。
        特に季節感を漂わせた曲ではないのですが、
        私の中では「夏」の曲です。
        正確には、夏も終わりごろの残暑の頃の西陽のあたる部屋。

        部活を終えて、帰っても、熱気むんむんのあの部屋。
        それでも、私にとって「お城」でした。

        …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

        ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!

                                        思いで… → 
        JUGEMテーマ:音楽


        JUGEMテーマ:70年代・80年代


        0
          | 因幡晃 | 15:47 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
          ○●○  「S.Y」さん:因幡晃  ○●○
          マイ・リコメンド明日は、私の誕生日です。43歳になります。
          昔は、あんまり誕生日ってピンと来てなかった。
          なんとなく、クリスチャンでもないのにクリスマスの方が大きかった気さえする。
          でも、病気になってから、誕生日が毎回、重いのです。
          ああ、また1つ歳を重ねることができたと、心から喜べるようになりました。
          それと同時に、生まれてきた幸せ、生きている幸せ、本当に強く感じます。

          姪っ子が生まれて、名前はどうする、の話の時に、
          女の子だから、画数で考えても、名字が変わってしまう可能性大だからな、と。
          ちんの時もそうでした。一応、画数調べましたが。
          私は、昔は名前は好きじゃなかったけど、旧姓は好きでした。
          好きだったうえに、仕事で少し形になってきた頃と結婚が重なったので、
          結婚後も、仕事上は旧姓のままにしようかなとずいぶん迷いました。
          名前だけは、自分では決められない。
          あとで改名する人もいるけれど、やっぱり、親がつけた名前をいじるというのも気が引けてしまう。
          だから、必然的に「イニシャル」も、自分では決められないわけです。

          今日お届けする"「S.Y」"さん。
          因幡晃さんの歌声に惹かれて、何度も何度もレコード聴きました。
          今は、レコードしかないので、時々レコードを聴いています。
          やっぱり、いい。この声は普遍だ、と思う。
          当時、イニシャルが「S.Y」の人がどんなに羨ましかったことか。
          たまたま私の同級生で「S.Y」さん、いましたが、ちょっとこの曲とはかけ離れたイメージだったのです…(「S.Y」さん、ごめん)。
          そして、"白い靴とスリムがとても似合っていた"と歌っているだけなのに、
          なぜか私の中では白いパンプスと決めつけていました。
          だから、スリムジーンズに白いパンプス、と言うのも憧れましたね。

          もう2度とパンプスにジーンズ、なんていう組み合わせは流行らないだろうと思っていたら、最近の若い子は割とやっているし、なんと、驚くことには、靴下はいてパンプス履いてる。

          流行は巡るものですね。

          …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

          ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いいたします。


                                        「S.Y」さん → 


          JUGEMテーマ:音楽


          JUGEMテーマ:70年代・80年代


          0
            | 因幡晃 | 22:31 | comments(19) | trackbacks(0) |- pookmark