◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  時は過ぎて:ザ・ディラン供  ●○
    時は過ぎて7月に入って、早や、半月が過ぎてしまいました
    奇数が好きな私は、1年の中では「7月」という響きが1番好きで、気候的にも7月くらいが「爽やかさを残した夏」という感じで好きでした

    だけど、過去形になってしまう…
    最近は気候が変わって来ているから…
    それでも今朝、花の水やりに出た時、大好きな、「爽やかな夏の朝の匂い」がして うれしくなりました
    ラジオ体操の時の匂い…

    舌の白板症の手術は、7月31日に決まりました
    私にとって時の流れは、速くあって欲しいか、遅くあって欲しいか、常に自分の我儘で変動するのですが、今もそうで、
    7月31日、もっと言うと術後の痛い日々が速く終わって欲しい気持ちと、やっぱり手術は嫌で、その日を迎えたくない気持ちと
    …いずれにせよ どこか手放しで気が晴れることのない毎日です


    そんな中、13~14日と連休がとれたから、と、突然 ちんが帰って来ました
    と言っても13日は友達と朝まで、という、いつものことで、帰って来たのは14日の朝でしたが…(+_+)
    「独身の女の子が…」と、それを良しとしている親の私が 世間様から叱られそうですが
    これまでに、すべて教えてきたつもり、後は彼女を信じるしかないです

    偶然にも茶戌は、14日、眼科受診のために有休をとっていたので
    午前中で眼科受診を終えて、昼から「居酒屋よぴち」が開店しました
    楽しい時間でした
    夜にはサンダーバードで大阪に戻らないといけない、だから今回は ちんと2人きりで じっくり話す時間はありませんでした
    でも、何の話だったか忘れたけれど、話をするために、私が横になった布団のところに ちんが一緒に寝そべってきた、その短い時間が、とても温かかった

    いろいろ 美味しいものなどを持たせたいのに、突然だったので何もない
    僅かに買い物してきた物を保冷バッグに入れて持たせました


    大学時代はバイトもあったせいか、ほとんど帰って来ることなんてなかった彼女なのに
    高校時代の友だちなども、就職で福井に戻って来ていることもあるのか、
    こうして ちょこちょこ帰って来るようになりました
    本当に こころやすまる友達は まだ向こうでは見つかっていないのか
    …それも含めて
    やっぱり 少し弱っているのかな…
    故郷が 家が チカラの素になってくれるといいのですが…


    今日 チョイスした曲は 古い ザ・ディラン兇龍
    この曲を好きだという人が多いということは つまり
    やっぱり誰もが「孤独感」を感じたことがあるから…
    もちろん 私も…


    手術も その後の行方も
    白血病の抗ガン剤が効かなくなる日も
    …怖いけれど だから 時間が止まって欲しいような気もするけれど

    手術が終わって 傷が癒えたら
    きっと「早いね 時が過ぎるのは  みんな昨日みたい」って言えると思って
    ゆらゆらと 流れて行きたいと思います


    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


    ←いつもありがとうございます
     よろしければクリックお願いいたします


                           時は過ぎて → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | ザ・ディラン | 22:37 | comments(13) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  男らしいってわかるかい:ザ・ディラン供  ●○
      きのうの思い出に別れをつげるんだもの昨夏、初めて肝硬変による食道静脈瘤の硬化手術をしましたが、その際に、もともと白血病の既往がある私は、血小板数がひどいことになってしまい、それを機会に、15年続いたインターフェロンの注射を休止しました。




      あれから、半年経過。
      インターフェロンには、骨髄での血液産生能力抑制の働きがあるので、私の血小板の少なさもそのせいかと思っていましたが(おそらく主治医も)、
      どうも、現状は、肝硬変によるものが大きいようで、インターフェロンを休薬しても、上昇してきてはいません。

      まぁ、どうにか日常生活は営めているので、現状維持なら、恩の字ですが。
      幸いなことに、今のところ、白血球の増加もなく、染色体検査でも、異常染色体が生まれている傾向もまだ、出ていません。今週木曜に、また採血して、染色体検査をやる予定ですが、大丈夫なことを祈るのみ。

      それより、インターフェロンによって、全身の筋肉が痛くて痛くて(インターフェロンの副作用は、たくさんたくさんありますが、特に短期間の使用でもよく見られるのは、インフルエンザ様症状と、鬱です)、何かと行動がおっくうになりがちだったのが、今や!
      ほんの僅かでも、痛みや引き攣りが少なくなって、動きやすいのです。
      ま、その分、食欲がものすごく出て、体重が増える一方なので、別の意味で身体が重くて動きにくいですが(汗)。

      そんなわけで、服の着替えが楽になり、
      前よりは髪の毛にコシが出て、扱いが楽になり、
      で、
      以前より、外出することが増えた気がします。

      また、白血病細胞が騒ぎ出したら、とか、肝硬変が進んでいったらとか、そういうことを考え始めると、暗くなりがちですが、ちんも巣立ちつつある今、何か、両肩にのっていたものを下せたのか、「なるようになるさ」的に、少しは考えられるようになりました。
      入院だって、治るまでいればいいさ、くらいの。

      とにかく、まだ体が思うように動くうちに、自分も楽しみたいし、茶戌やちんとも楽しい時間を過ごすのが大事、と思い、好きなように遊びまくっています。
      で、前々から、店の前を通るたびに行きたいと思っていた、隣県、石川県金沢・片町のフォーク酒場「ぷかぷか」へ、この前の金曜日に、初入店してまいりました。

      ネットで見る限りは、結構にお客様が入っているのに、
      たまたま、金曜は空いていて、
      私たちが入店した時点(9時ごろだったかなぁ)で、まだお客様は2〜3人でした。
      で、いきなり、ステージで、お店の方のベースに合わせてギターを弾いておられる方がいて、甲斐バンドの「きんぽうげ」をやってた。
      つい、口ずさんでしまう私。
      それに反応して、「あっ!わかります?」
      「ええ、わかりますよ、きんぽうげ」

      …もう、これだけの会話で、意気投合してしまい、
      まだテーブルに、お通しと、飲み物(茶戌はロック、ちんはジンジャエール、私はウーロン茶)が運ばれたばかりで、ほとんど手もつけてない状態から、いきなり、みんなでやろう、歌おうと盛り上がり。

      初入店にもかかわらず、お客様もマスターも、快く迎えて下さって、もう、何曲も何曲もやってしまいました。
      途中、一緒にやって下さってた(この方がすごい芸達者、ギターもキーボードもメチャうま)ぐっちさんが、風の「古都」のイントロをやり始めた時には、もう、私は嬉しすぎて、落涙を抑えることが出来ず。まさに、涙線のもろい中年おばさん。

      でも、他のお客様も、陽水さんや拓郎さん、初期の長渕さん、きくち寛さんまで、もう、あの頃のフォーク満載、ちょっとブルースもありの、最高の時間を過ごしたのでした。
      なにせ、ステージ前のカウンター、「フォーク全集」的な楽譜たちがたくさん積み上げてあるその脇に、「老眼鏡立て」があって、いくつも老眼鏡が入ってましたからね(笑)。
      マスターも、お店の方も、お客様も、みんなが「大人」。
      さりげなくも確かな「お心遣い」があるんですね。
      みんなが、いい気持ちで過ごすために「気配り」をしながら、楽しく過ごしていて、私もまた、それにあやかれたわけなのです。

      ちなみに、マスターは、さすが、店名を「ぷかぷか」にしただけあって、70年代フォーク、ブルース好きのようです。mixiの自己紹介では、好きな音楽の筆頭に加川良さんをあげておられ、大塚まさじさんも大好きのようでした。お客様が自由に好きな音楽が出来るようにとのご配慮か、あまりそのことを主張されませんが。

      今日は、楽しい時間をくださったことのお礼の気持ちを込めて、ザ・ディラン兇痢崔砲蕕靴い辰討錣るかい」をお届けします。

      まだまだ、通いますよ!ぷかぷかには!
      今年も、何度かは入院を免れないと思いますが(次は春の予定)、
      次は茶戌がボトルを入れて、ぷかぷかさんは、ボトルキープ5本達成でチャージ500円引きという、常連さんえこひいき制度があるので、
      1年で、それを達成するのを目標にしよう、と、我が家では言っています(笑)。


      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。

      ←いつもありがとうございます。
       よろしければクリックお願いします。


                       男らしいってわかるかい → 

      JUGEMテーマ:音楽
      JUGEMテーマ:70年代・80年代
      0
        | ザ・ディラン | 16:19 | comments(18) | trackbacks(0) |- pookmark
        ○●○  子供達の朝:ザ・ディラン供  ●○
        きのうの思い出に別れをつげるんだもの今日からちん達バスケ部は、これまでの朝のシュート練習に加え、6時半からの走りこみに入りました。
        これまでのシュート練習では、マネージャーのちんは、何も仕事がなく、行くとかえって部員たちの気を遣わせる、と言って、何か行かないといけない用事がない限り、朝練には行かないようにしてました。
        ランニングでも同じだと思うのですが、なぜか、今日からは行くということで、6時10分に家を出て行きました。

        それまでにお弁当を仕上げなければならず、そんな事とは知らなかった私はいつものように6時10分炊き上がりでタイマーをセットしてあったので、お弁当は滑り込みセーフでした(笑)。
        それから次は茶犬が朝ごはんを食べ、いつものように6時50分に出て行きました。
        …つまり、朝7時には私はお役御免。
        今日は月曜日で、洗濯物もそんなになく、ヒマヒマでした…。

        ちん達は、勉強さえできれば多少のことは許す、と言っても過言ではない校風の中で、
        燃えるものを持つことができて幸せだと思う。
        病気や、家庭の事情でそれがかなわない子供もいる中で…。

        「子供達の朝」の中の子供。
        私も、毎月、給食費さえ遅れてしか持っていけなかったドビンボーな家で育ち、
        田舎者といわれることに恥を感じたけれども、小さなやくざにもなれはしなかった。
        でも、多分、私は、絵本はなくても「母親のおとぎ話」が聴けたのでしょう。
        1番やさしくて、1番強いおとぎ話が…。
        自民党の麻生さんは、テロの根源は貧困だと言っていた。
        確かに、社会が経済的に窮してくると、人の心の余裕もなくなりがちでしょう。
        でも、「やってはいけないこと」を、実際にやってしまうかどうかは、
        その人の、「心」にかかっている。
        やってはいけないことは、やれないよ、と思う「心」は、どうやって形成されるのか。
        それは、「優しくて強いおとぎ話」ではないのかな…。

        …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

        ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします。

                                       子供達の朝 → 

        JUGEMテーマ:音楽


        JUGEMテーマ:70年代・80年代


        0
          | ザ・ディラン | 18:38 | comments(9) | trackbacks(0) |- pookmark
          ○●○  プカプカ:ザ・ディラン供  ●○
          きのうの思い出に別れをつげるんだもの妹が、2人目の出産で入院したため(妹は帝王切開です)、今日から2歳9か月の甥っ子は、実家に預けられました。
          甥っ子にいろいろさせたい遊びがあるのですが、いつも妹に「片付けが面倒なものはやめて」と言われ、させられないことばかり。
          チャンスとばかりに甥っ子に小麦ねんどを持って行きました。

          その時、ちんの粘土板がどこにしまってあったかなと思って探したら、
          ずっと探していたのに見つからず、諦めていたザ・ディラン兇痢屬のうの思い出に別れをつげるんだもの」CD(紙ジャケ仕様)が、ひょんなところから見つかりました。
          ちんが小さい頃に買ったので、もう10年以上も前のものですが、
          大切にポリ袋に入れてしまわれてたので、とってもきれいな状態。
          もう、うれしくなっちゃいました。

          どの曲もいいので、どれをアップしようか迷いますが、これからボチボチとアップして行こうと思います。
          まずは、有名な「プカプカ」から。

          この曲は、いろいろな人にカヴァーされていますが、歌う人によって、「あんたとあたいの死ねる時わかるまで」の部分が、「死ぬ時わかるまで」になっていたりします。
          「死ねる時」というと、ちょっと悲しいのですが、
          あくまで自分だけでなく、「あんたとあたい」となっているのだから、
          一緒に死ぬということが、「あたい」の望みであって、
          それが出来る時、と捉えるとそんなに悲しくもない。
          どちらにせよ、私は「死ねる時」と歌っている方が好きです。

          それにしても、紙ジャケ仕様はたまらないですね。
          だって、あの頃のレコードがそのままミニチュアになってるんだもの。
          きのうの思い出に別れを告げるんだもの、と言うけど、
          音楽の思い出だけは、別れは告げられそうにない。

          …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

          ←いつも本当にありがとうございます!よろしければクリックお願いします。


                                          プカプカ → 
          JUGEMテーマ:音楽


          JUGEMテーマ:70年代・80年代






          0
            | ザ・ディラン | 00:17 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark