◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  SOMEDAY:佐野元春  ○●○
    No Damage明日は、ちんの卒業式。

    今日の福井はあいにくの雨模様だったけれど、明日は晴れの予想。
    ちんの高校生活が晴れやかに終わるのは、きっと、頑張ったからだね、と言いたい。



    1995年2月、子宮筋腫の手術をすべく、術前スクリーニング検査をしたら、白血球数が5万5千あった。
    産婦人科の医師は、やんわりと、再検査を告げたけれど、悪い予感が止まらない。
    幸か不幸か私の職場は血液検査も可能な職場。
    我慢できずに自分で血液像を見てしまう。

    白血病の類と思われる像。どの文献を見てみても、そうだった。

    どうしよう。茶戌に、実母に、どうやって切り出そうか…。


    治療が始まってからも、どうしても、気持ちの整理が出来ない。
    怖くて眠れなくて、麻薬に近い薬を注射してもらうことも。
    ちんを置いていくのは辛すぎる。でも、どうせ置いていかねばならないのなら、
    せめて兄弟を残すべきか…。
    抗がん剤の投与が始まる前に、成熟卵の採取をして、凍結保存できないか。
    それが無理なら、今、妊娠して、出産してから治療をしようか。

    …分子標的薬が整いつつある今なら、可能な話。
    でも、当時はちょっと難しい話だった。

    …毎年、春が来るたびに、今年もまたちんと茶犬と3人で桜が観れたことを本当にうれしく思った。また来年も見れると良いな、でも、見れないかもな…。そんな思いが4〜5年は続いた。当時は、インターフェロン治療をしていてもなお、4〜5年で急性に転化して、そうなったら、最初から急性白血病だった場合よりも生存率が低いのが常識だった。ほぼ、90%以上の致死率だった。

    小学校に入学した時も、本当にうれしかった。
    小学校を卒業した時は、中学の卒業式はもう無理かなと思った。
    中学校を卒業した時は、今、思えば、インターフェロンの副作用と、当時おそらくもう至っていた、肝硬変による症状とで、本当に身体がつらく、もう、この先は1年たりとも保証がない気持ちだった。

    でも。
    毎日弁当を作って、ちんの部活の話を聞いて、
    忙しいと言いながら、楽しく過ごしている間に、
    3年が夢のように過ぎて、もう、明日は卒業式。

    Time and tide wait for no man…。

    私に、今日を迎えさせて下さったすべての神、すべての人、すべての物に
    心から感謝します。ありがとうございました。
    まだまだ欲張りな私は、もっともっといろんなものを手に入れます。
    次は、ちんが生涯を共にする人に会おう。
    そしてもしかすると、私の血を継いだ新しい命に会おう。
    茶戌の年老いた姿を見よう…。
    実母が他界する時に、必ずありがとうを言おう…。
    だいたい、白血病で早逝する、なんていうのは、まるで百恵ちゃんのドラマみたいで、ちょっとカッコいいんじゃないかな、と思うわけです。
    で、そんなカッコいい人生が、こんな、至極平凡な私に、用意されてるはずがない、と思うわけです。
    だからきっと私は、もう死ぬ、もう死ぬと言いながら、恰好悪く、ズルズル生きるんだ、
    そんな人生が私には1番似合っているし、きっと、そんな人生が用意されてるに決まってる。


    …今日、お届けする曲は、26年前、茶戌と私の高校の卒業式で、
    卒業生全員で、講堂で歌った曲。

    あの頃は、元春さんの曲の中では、そう好きな曲でもなかったのですが、
    今は、どうにも涙が止まらない曲になってしまっています。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いします。


                          SOMEDAY → 









    JUGEMテーマ:70年代・80年代
     
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | 佐野元春 | 23:22 | comments(16) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  Do What You Like(勝手にしなよ):佐野元春  ○●○
      Back to The Street未だ、体調がすぐれない毎日。
      マジで、これは実は新型インフル?
      それとも、これは実は結核?
      とさえ思ってしまうほど…(笑)?

      まぁ、長い人生の中で、こんな春もあるさ、と自分に言い聞かせています。

      この春は、まずはお笑い芸人の結核から始まり、
      その後は新型インフルエンザと、すっかり世の中感染症ブーム。

      最近になって、「騒ぎすぎでは?」という声がよく聞かれるようになりましたが、
      私はそうは思わない。
      たまたま、今回のインフルエンザは、従来からあったインフルエンザと同じ程度の危険度だったから、大して大きな恐怖にならなかっただけだと思うのです。
      もし、ここまで騒がずに、死亡者が多発するようなことになったら、日本人は、行政や医療をなんと非難したことか。
      自分たちに「勝ち」の雰囲気が見え始めて来てから、
      「初めから自分はそう思ってた」というような、ずるさが見えて来て、
      何となく私は、そういう風潮がいやです。
      21世紀は、人類の、がんとの戦いにはある程度光が見えてくるように思いますが、
      やはり、微生物にはかなわないところがある気がしています。
      向こうも、生きるために進化していく。
      そもそも、太古の昔から、微生物の力には、たくさん助けられている人類なのだから…。
      バカにせず、共生していくしかないのではないでしょうか…。
      地球上にはいろんな細菌やウィルスが共生していて、日頃から、感染症のリスクはすごくあるにも拘らず、日頃はほとんど手洗いもうがいもしないまま、食事をしたりしている。
      今回も、ここまで騒いでようやく、マスクをする程度、騒がなかったらおそらく、うがいも手洗いも大してしないのではないかという気がする…。

      インフルエンザといえば、アメリカ放浪の旅に行っていた芹沢さん、大丈夫かなぁとずっと気になっていました。途中もマメにブログで報告してくれていたのですが、少し更新が滞ると、「もしや、インフルエンザ?」なんて心配になってしまったり。
      無事、帰福されたようです。今、休んでいたお店の大掃除中だそうで。

      アメリカで、芹沢さんはいろんな人の温かさに囲まれて、いい時間を過ごしていたようです。しばらく芹沢さんを「置いて」くれたジミーという中年紳士、この方が、ジェリーリールイスのファンだと聞いて(詳しくは芹沢さんのブログ)、真っ先に私の頭の中に浮かんだのが、今日お届けする曲です。
      ジミーが好きなのはミュージシャンのジェリーリールイス、この曲に出てくるのは俳優のジェリールイスだと思うので、全く別人だと思うのですが(笑)

      ニューヨークという乾いた街は、きっと、ジェリールイスと口笛が似合うんだろうなぁ…。
      いつか、行ってみたいなぁ…。

      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

      ←いつもありがとうございます!
       よろしければクリックお願いします!

                              Do What You Like → 


      JUGEMテーマ:音楽
       
      JUGEMテーマ:70年代・80年代
      0
        | 佐野元春 | 17:30 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark
        ○●○  グッドバイからはじめよう:佐野元春  ○●○
        No Damageこの前は、皆様に非常にご心配をおかけして申し訳ありませんでした。腹水の状況によっては、アルブミン点滴に通うか、しばらく入院してアルブミン静注と利尿の状態を観察ということになるかも、と、最悪の事態も覚悟していましたが、今は、IFNを減らしている以上、もう少し様子を見ようということになりました。


        今日は、ちん達バスケ部のインターハイ予選でした。
        3年生にとっては、今度のインターハイが最後の試合です。
        この前の春季大会は、らくらくベスト4に残れるくじでしたが、
        新しく就任したコーチ(ちん達のOBです)が、思い入れが強いだけにちょっと鼻息荒く、
        子供たちにとっては大切な一戦を、おもちゃにしてしまい、
        (↑申し訳ないけど、私にはそうとしか考えられない)
        みすみすベスト4を逃してしまいました。
        今回は、そのコーチは仕事で今日は来れず、顧問の先生はバスケのルールも分からない方で、子供たちだけで試合をすることになりました。
        でも、これまでの練習からいっても、絶対に大丈夫、今度こそベスト4に入って北信越大会に行くぞ、と、選手も私も思っていました。

        ちんも、部員ひとりひとりのキューピー人形に、
        公式戦でのメインユニフォームに切ったフェルトを貼り付け、
        背番号をつけ、頭の後ろに名前のロゴシールを貼り、
        お守りとして作っていました。あと、以前に編んだミサンガが、新入部員の分がまだだったので、それも編んでいました。
        私も、連日遅くまで練習でお店があいている間には帰宅できないちんの代わりに、
        キューピーづくりやミサンガの材料、レモンやプレー中の栄養補給のチョコレートなどの買い出しに忙しい毎日でした。

        81-80。
        これが、彼らの最後の試合のスコア。
        ベスト4に入れなかった…。

        ちん達は、コーチが毎日は来れないので、コーチやメンバーとの連絡や、
        気合い入れなどのために、ネット上の入場者限定の掲示板を作っていました。
        それをみると、みんなの熱い思いが伝わってきて、
        特に昨日の試合前夜の書き込みは、思わず私も涙ぐむほどでした。

        人生全体からみれば、今日、負けたことは決して悪いことではない。
        私自身、中・高・大と、常に最後の試合は負け試合でした。
        でも、そのおかげでバレーボールを続けてこれたと思っています。

        ちんが、最高の仲間たちとともに、
        最高の時間を過ごしていることがとても嬉しい。
        「明日の分のレモンとチョコはいりません」
        とだけ書かれたメールを見た時、涙がこらえきれなかった。
        これを書いている今も、です。
        私にまで、もう1度青春を味わわせてくれて、本当にみんな、ありがとう。

        今夜は、あの熱い奴らに、この曲を贈りたいと思います。

        …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

        ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                グッドバイからはじめよう → 

        JUGEMテーマ:音楽


        JUGEMテーマ:70年代・80年代


        0
          | 佐野元春 | 21:44 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
          ○●○  情けない週末:佐野元春  ○●○
          Back to The Street3月31日。文字通り年度末。
          忙しい、とにかく忙しいです。
          私ごとも、仕事も。
          今日も、職場から帰宅したらもう8時を回ってました。へとへと。
          茶犬はもう帰宅していたので、さっそく一品ずつ作り、作ったものからつまみながらビールでも飲んでて、というかんじ。
          今日は注射も打たなくちゃいけないし、9時には、ちんをまた塾にお迎えに行かないといけないし。
          まあ、私ごとをはさみながら仕事ができると言うだけでも、恵まれてはいますが。

          週末もとにかく忙しく、ゆっくりと入浴する暇もなかった。
          こんな時に限って冷蔵庫壊れるし。
          新しい冷蔵庫を電気屋さんに見に行かなくちゃいけないし。
          その間にも、ちんの部活の送り迎え、塾の送り迎え。
          茶犬は土曜に飲みすぎて、日曜日はつらそうだったので、私が頑張らなくちゃ、だったし。

          今日は、佐野元春さんの「情けない週末」をお届けします。
          この曲は、私の青春時代の、ちょっと酸っぱい思い出もあるし、それ抜きにしても、楽曲としても大好きな曲。
          ただ、青春時代、まだ独身だった私には、いまひとつ「生活のうすのろ」と言う意味がつかみきれてませんでしたが。

          今は、生活のうすのろ、よ〜くわかりました。
          だから元春さんが、こう歌った意味も、実感できました。
          ギター1本で雰囲気を出すのが難しい曲ではあるのですが、それでも自分なりにアレンジして、今でもよく歌う曲の一つです。
          故に、ちんもよく知る曲です。ちんは、元春さんの中では「Night Life」や「彼女」、「バッド・ガール」などがいいと言ってますが。
          いずれ、ぼちぼち「バッド・ガール」なども、アップしたいと思っています。

          …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

          ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                        情けない週末 → 

          JUGEMテーマ:70年代・80年代


          0
            | 佐野元春 | 23:37 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark
            ○●○  彼女:佐野元春  ○●○
            佐野元春 今日、昼、ちょっと横になりたいと思っていると、義母から電話が。
            今回、義母の分の、「喪中はがき」を、誰もが一番嫌な住所、氏名の入力から始まり、裏面もすべて印刷してあげたのです。はがきまでこちらで用意して。
            義母のお姉さまというのがこれまた少し「いっちゃってる」方で、ふたりはとっても仲良し。この間も、長男だけれど末っ子の自分たちの弟のお嫁さんを、どうやっていじめようか、電話で相談していました(その時私も、その場にいましたが、そら恐ろしくて身震いしました)。
            その「お姉さま」に、喪中はがきを見せたら、なんて上手にしてあるの、ということで、なんとこの私に、「お姉さま」の分もやれというではありませんか!?
            もう、ビックリです。それも、印刷屋のチラシで、図柄を選んだから、そんな感じでお願い、とのこと。私の了承を待たず、もう、本日、そのチラシを茶犬宅へ発送したとのこと。
            どひゃ〜、ですよ。
            なんで、その印刷屋さんに発注しないの?
            インクもただじゃないんですけど。1セット6000円近くするのが、我が家の2年分の年賀状印刷には足りないくらいだもの。
            んで、足のないお姉さまのところまで、こちらでお届けですか?

            お姉さまのご長男夫婦は、しばらく同居されてましたが、数年で家を出て、今は、別々にお暮らしです。
            でも、それでも、普通は、自分の妹が嫁いだ家の、次男の嫁に、頼むでしょうか?
            ご自分の息子、娘に言うのが優先ではないでしょうか?
            年賀状って、毎年続きますよね。
            毎年、続きますよね…(ゲッソリ)。

            義母はものすごい猫なで声でしたが、いつも、何もせずに東京で自由気ままな独身暮らしをしている長男(茶犬のお兄さん)のことを優しいいい子だと褒めちぎり、義母のわがままに耐え切れずキレてしまう茶犬のことはボロカスです。49日忌明けの日も、義母のお姉さまにまで私は、それを聞かされました。
            ええ、ええ、茶犬も私も、このパワーハラスメントには耐えますよ、しかし。
            せめて悪口言うのはやめていただきたい。
            いい加減、バカらしくって情けなくなってくるので。

            やっぱり私は、「不幸は自分で招く」んだな、と思います。
            人の痛みなんて分からずに、自分の好きなように生きる人は、一生幸せなんですよ。
            人の痛みを思って、遠慮したり、頑張ったりする人は、一生荷物を担ぎます。
            その痛みこそが幸せ、と思えない限り。

            私は、そこまで徳のある人間ではないので、痛みこそが幸せ、とはなかなか思えない。
            だから、痛みを忘れることで、ごまかしごまかし生きて行くしかありません。

            今日は、せめて好きな音楽で癒されながら眠ります。明日は、車で40分の義母のところへ行って、義母&義母姉 VS よぴち単独 で、図柄の打ち合わせをせねばなりません。

            気圧が下がってきてるのでしょうか、夕方から、吐き気、めまいが出てきています。
            私は、メニエール病を併発しているので、結構、気圧に体調が左右されるのです。
            明日、持ってこいと言われた、年賀状図柄の見本だけ、いくつか作りましたが、PCをスクロールしている途中で眩暈がしてしまいました。

            そんなわけで、学生時代、ピアノを一生懸命コピーした、元春さんの「彼女」を。

            …今宵もまた、あなたに素敵な夢が訪れますように。

                                        彼女 → 



            JUGEMテーマ:音楽


            JUGEMテーマ:70年代・80年代


            0
              | 佐野元春 | 23:41 | comments(2) | trackbacks(0) |- pookmark