◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  海:サザンオールスターズ  ○●○
    人気者でいこうお待たせいたしました。
    8月3日、どうにか「出所」し、自宅に帰ってまいりました!
    受刑中も、冤罪申請の署名等、私の早い出所を願い、受刑中の私を励まして下さるお声を頂戴し、本当に力になりました。
    ありがとうございました。

    出所に絡んでも、いろいろ問題がありまして、出所させよう、いや待て、と、二転三転いたしました。

    が、持前の「強引さ」で、こうして、晴れて自由の(?)身になったよぴちであります!

    入院中もケータイから皆様のブログを毎日、覗かせていただいていました。
    ケータイからの文字入力が嫌いなので、なかなかコメントができませんでしたが…。
    別に、ブログのアップだって、ケータイからやってもいいのです。
    でも、曲のアップが、やはりPCでないとできない。
    You Tubeを貼りつけるのなら、ブログの更新も可能だったのですが、
    私の、変な「こだわり」心がそれを阻みまして(笑)。

    要するに、WEB上に曲をアップするという行為は、今や犯罪ということが確立されてしまっています。私としては、「じゃ、許されている行為である”個人が楽しむ”という範疇には入れてもらえないわけ?」という気持ちが若干あるのですが、世の通念となってしまってはもはや、反発しても勝ち目なし。
    で、その代表格であるYou Tube、それを貼りつけるというのは、犯罪かというと、犯罪かもしれないが、おそらく今やそこまでは追いかけきれず、それで逮捕されることはおそらく、ない。
    それが、私にはどうにも納得できないのです。
    それは、みんなでよその家の庭の柿を泥棒して、実際に木に昇って柿を獲ってはいないけれど、その辺にフラフラとしていて、食べる時だけ一緒に食べて、後で叱られたら自分はやってない、というのに似た「ずるさ」を感じてしまうんですよね、、、。

    どうせなら、自分でアップして、すべての責任を自分が背負おう、そうです、私が悪者です、って、処罰を受けるべきなんじゃないか、と、変なところで意地になっちゃってる(笑)。
    実際、著作権所有者から賠償金払ってと言われても、そんなお金は作れそうもないのですが…(汗)。
    まぁ、ほぞぼそと、いい曲を紹介してるだけなんで、
    出来たら、これによってその著作権所有者の方に少しでも印税収入が発生するように、
    皆さんが、CDや本などを買って下さるとありがたいです。


    で。
    なかなか開けなかった今年の梅雨。
    たまたま、狙ったかのように私が退院した日に、北陸地方の梅雨が明けました。
    実は、今回、いろいろあって、とりあえず今週は白血病治療のためのインターフェロンを打たずに、来週月曜日にまた血液内科を受診するということで退院しました。
    このところ、インターフェロンの減量に関しては、ちょっと停滞気味でした。というのは、今回のこの肝硬変による静脈瘤なども含め、インターフェロンを減らし始めたら急に、さまざまな肝臓由来と思われる症状が次々にあらわれてきたので…。
    さすがに、主治医も、少し減量のペースを遅くしようと考えたようでした。

    でも、今回のことで、また、停滞していた状態から動かざるを得なくなった。
    そのことが、いい方に転ぶか悪い方に転ぶか、それはわからない。
    でも、私はなんとなく、きっといい方に転ぶと信じている。
    きっと、今回の治療から、すべてが、いい方に回り始めるんだ、って…。
    肝硬変も、これ以上進まないようにすれば、そのうち、再生医療や移植医療が追い付いてくるはず。
    先は決して暗くないんだ、って…。

    それを象徴するかのような梅雨明け。そんな気がしてならない。

    さぁ、夏といえば、海なんですよ、海でギターなんですよ…。
    そんなわけで今日は、これまたベタな選曲ですが、
    サザンオールスターズの「海」をお届けします。
    出来たら、お昼のピーカンの海でなく、
    少し涼しい風の吹き始める夕方の海でお聴きください(PCじゃ、そのシチュエーションは大変だろ、っての!笑)。

    今回はさすがに、ちょっと落ち込んだので、
    暗い所にいると明かりしか見えない。
    今の私には、明かりしか見えないのです。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつも本当にありがとうございます!
     よろしければクリック、お願いします!

                                  海 → 


    JUGEMテーマ:音楽
     
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | サザンオールスターズ | 15:59 | comments(21) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  Long-haired Lady : サザンオールスターズ  ○●○
      KAMAKURAサザンオールスターズが無期限休養を発表しましたね。
      そんなに大騒ぎすることか、という気がしています。
      休養に関してのコメントで、桑田さんが「モチベーションがあがらない。これからはやりたい時に喜んでやる」というのがありました。
      やっぱり、いろんな人の生活とか、国民的ミュージシャンのイメージとか、背負っていたのかなぁ、と、チラッと思いました。
      もう多分、それは、たとえサザンを解散、というところまで行っても、変わらないと思いますが。
      それほど、「桑田圭祐」の存在感やイメージは固まっているのです。
      だから、今は、音楽以外の分野で、何か表現できるものはないか、模索しているのでしょう。私個人としては、やっぱり音楽でいってほしいですけどね。
      昔、桑田さんが作った「稲村ジェーン」は、あんまり好きじゃなかったんで…。

      今日お届けする「Long-haired Lady」は、アルバム「KAMAKURA」に収録されています。
      もちろん、シングルA面(←死語)にはならなかった曲。
      何が「もちろん」かというと、ある時期から、もう、桑田さんの「存在感やイメージ」が固まってきていて、シングルとなって出る曲の雰囲気が絞られてきたように思うのです。
      で、それは、「Long-haired Lady」のような曲調ではないのです。

      サザンのデビューアルバム「熱い胸騒ぎ」を聴くと、デビュー前に桑田さんが書きためた、桑田さんの才能の抄録がこれだ、という気がします。
      ブルースあり、レゲエあり、ロックあり、バラードあり…。
      こんなに多彩な音楽を産み出す才能があるのに、最近は、本当に「もったいなく」感じていました。そして、余計な御世話ですが、「これって、本当に桑田さんが出したい曲なのかな?」とさえ感じていました。

      人はみんな、歳を重ねると、下ろしたい荷物も下ろせなくなってくる。
      「そんなものはいつでも下ろして、またいつでも始められる」と言うけれど、
      現実に、ひとりで生きてきたのではない以上、勝手に舞台を降りるのは、そんなに簡単なことではない。
      テキトーに曲を作り、テキトーにCDを出すことくらい、桑田さんならできるはず。
      でも、それをやらない、桑田さんの姿勢を、私は応援したいです。

      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

      ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                  Long-haired Lady → 

      JUGEMテーマ:音楽


      JUGEMテーマ:70年代・80年代


      0
        | サザンオールスターズ | 21:25 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark
        ○●○  素顔で踊らせて:サザンオールスターズ  ○●○
        ステレオ太陽族この前のブログは、皆さんにご心配をかける書き方になってしまったようで、申し訳ありません。
        身体の方は、ボチボチ、でも総じて良くなってきていると思います。

        私は、病気なのにもかかわらず、明るく頑張るいい人間でもないし、
        悲しいとか苦しいとか言わずに、いつも笑顔で前向きでいることが大切などと、
        道徳的なことも考えていません。
        また、そういうことが「良いこと」であると、叩き込まれているせいか、
        そうでなければならない、というようなプレッシャーを自分にかけるのも嫌だし、
        他人様にもそういう説教はしたくないと思っています。

        ここは、曲を聴いて、聴いた人がそれぞれの思いをしばし、かみしめて下さればいいし、
        訪れた以上はコメント(足跡)を残すのがマナーなどとも思っていません。
        訪れた人が、曲を聴いて、何か感じたことがあって、それをここに置いていきたいと思う時に、そう思う、その思いのままを残して行って下さるといいなと思っています。
        たとえそれが、すごく暗かったり、重い内容であっても…。
        人を傷つける中傷や、意味のないエロサイトのリンクや商業目的の勧誘でさえなければ。

        今日は、夕食の時、頭の中を久保田利伸さんの"Cry On Your Smile"が頭の中をへヴィロテしていて、そのことをちんに話したら、今から久保田さんかサザンを聴きながら海に行こう、というので、久しぶりに夜のビーチに行ってきました。
        ちんは、バレーボールでバレーやバスケをしたかったらしく、私もほんの少し参加し(出る前に痛み止めを飲んで行ったので、意外とできました。もっと出来なくなっているかと思っていましたが)、後は茶犬とやっていました。
        私は、浜辺へ下りる石段に腰掛けて、いつも車に積んであるギタレレ(ギターなのに、ウクレレの大きさの楽器。弦は6本あって、チューニングもギターと同じです)を弾きながら、久しぶりに音声を気にせずに歌えました。
        気持ちよかった。半そでには夜風が、少し肌寒く感じるくらいの吹き方で、心地よかった。ギタレレのチューニングも思ったほど狂ってなく、いい音を出していました。

        あいにく車の中には久保田さんのCDやテープはなかったので、サザンの曲を聴きながら行きました。
        必ずしも「海」に関わる曲ではないのですが、なぜか私の中では、海で聴きたくなるというか、海をイメージしてしまう、「素顔で踊らせて」を、今日はお届けします。
        多分、この透明感や優しさが、私の中では海と重なるのでしょう。
        私にとって海は、実家から自転車で15分くらいのところだったので、
        にぎにぎしく海水浴で行くところというよりは、静かに波音を聴きながら風に吹かれている場所なんです。
        昔はよく海に来て、ギターでさだまさしさんの「夕凪」を歌っていたなぁ…。

        …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

        ←いつも本当にありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                     素顔で踊らせて → 

        JUGEMテーマ:音楽


        JUGEMテーマ:70年代・80年代


        0
          | サザンオールスターズ | 23:39 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark
          ○●○  別れ話は最後に:サザンオールスターズ  ○●○
          熱い胸さわぎ 昨日から、ウィルスバスターのエラーが出て、すぐにIEが走らなくなってしまいます。
          そうなるとoutlookの送受信さえもできなくなって、再起動、再起動の繰り返し。
          Tmproxy.exeファイルが走らなくなって、IEも走らない、というものなのですが、このエラーはウィルスバスターにものすごく多いらしい。
          Trendmicroさん、しっかりしてくれよ。エラーが多いのを顧客から聞いてもなお、大した問題だと思ってないなんて、どういう事?
          オンラインの1年契約で買ったので、来年からは、もう使わない。
          少しでも安く、と考えて3年契約にしようか迷いましたが、1年にしてよかった。
          来年からは、Nortonにするぞ!
          で、今なんとか走っている間に、ブログ更新をしています。

          「別れ話は最後に」…、これ、勝手に私は12月のとあるカフェが、この曲の映像として浮かぶのです。
          そりゃ、青山あたりの小洒落た通り、と思いたいですが、サンシャインロードということは池袋?

          この曲が収録されている「熱い胸さわぎ」は名盤です。
          もう、桑田さん、ひいてはサザンの、デビュー前、学生時代から貯めてきたものが一気に噴き出しているのではないでしょうか。
          どのアーティストも、デビュー作、2作目、くらいが1番いいことって多い気がする。
          売れるかどうか、計算してない、アーティストの才能がそのまんま凝縮されているからだ、と私は思っているのですが。

          …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

                                  別れ話は最後に → 

          JUGEMテーマ:音楽


          JUGEMテーマ:70年代・80年代


          0
            | サザンオールスターズ | 00:04 | comments(2) | trackbacks(0) |- pookmark
            ○●○  涙のアベニュー:サザンオールスターズ  ○●○
            涙のアベニュー どうにも、「ちょうどいい」ができない。
            ここ数日、暖かい日が続いたからか、脚の調子が良かったのです。
            で、なるだけ暗い気持ちでいるのはよそう、と日頃思っているので、まず、土曜日は、年末が近いので、やっておかなければ、と思っている「壁」とか、「カーテンレール周辺」とか、そういう、日常の掃除では、毎回はやらないようなところを徹底的に。
            昨日の日曜は、お出かけ。
            今日は、生協で買って、届いた「沈丁花」の植え付けと、台所シンクの向こう側の、サッシの溝や、洗剤など置く奥行き40〜50cm、幅2mくらいのタイル部分の掃除。築19年の我が家は、最近のリビング・ダイニングと違って、ガスレンジとリビングの間に仕切りがなく、細かい油の粒子によって、いろいろな所が油をかぶってしまうのです。
            おまけに、シンク周りや、リビングのサッシの下の方ははどうしても、水カビ。
            湿気が多いんですね。

            最近は、脚のむくみにも慣れて、ある程度は仕方ないと思っています。
            でも、掃除を終えた頃には脚の甲のむくみが酷くなってきたので、ちょっと抹消を冷やしていたら、足の指が攣ってしまいました。
            いつも、こういう所から始まって、やがて脚全体、腕や背中にも拡がっていくのです。
            「トラウマ」になってしまっている私は、いっぺんに怖くなり、気分も滅入ってしまいました。

            ダラダラと書く私のブログにお付き合いくださる方を思えば、暗い話題は申し訳ないのですが、やっぱり、「死」というものが、多分普通の方々よりは現実的な距離にある私は、いつも明るく、というのは無理。
            もちろん、こんな状況、いえ、もっと「死」というものが近くにある方でも、明るく、力強く生きていらっしゃる方もたくさんおられます。
            でも、私は無理。
            誰に何と言われても。

            今日は、特に意味はないのですが、なんとなく、涙のアベニューが聴きたくなりました。
            よくギターで弾き語る曲のひとつです。
                                      涙のアベニュー → 

            JUGEMテーマ:70年代・80年代


            0
              | サザンオールスターズ | 22:10 | comments(4) | trackbacks(0) |- pookmark