◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  500Miles:Peter,Paul and Mary  ○●○
    500Milesこのところ、朝の7時に理事長から自宅に電話が入っては呼び出し、というのが続いています。
    茶犬はもう出勤しているものの、次はちんの弁当作りと、忙しいさなか。
    勘弁して下さいよ、って感じ…。
    「今日こそは、ゆっくりして何となく抜けきらない疲れを一掃するぞ」と思って、朝、床を出るのですが…。

    その理事長は、シルクロードに魅せられていて、玄奘三蔵の足跡をたどる旅を、もう10年近く続けています。
    その都度、旅行記をまとめて自費出版しているのですが、今回、中央アジア〜トルコ編を読んでいて、ふと、日本とアジア諸国との最初の交流は、本当に、私たちが歴史の授業で習った頃なのかな?という思いに至りました。
    インドのアジャンタ石窟院には、前方後円墳があるけれど、日本も、仁徳天皇陵などは前方後円墳です。
    理事長の旅行記によると、紀元30年ごろに建立されたと推測されるタキシラ(パキスタン寄りのインドの都市)のシルカップ遺跡に前方後円形の仏舎利塔があると書かれていました。日本と、インドでは海を挟んでかなりの隔たりがあるけれど、文化の伝来に、そこまで長い時間がかかるのか、少なくとも、前方後円墳が造られていた大和朝廷時代に、すでにアジアの文化が日本に伝来していたのは事実。

    私は思い込みが激しい人間なので、長い間大きな勘違いをし続けていることがよくあります。そういう、私の固まった頭を、後ろから殴られるごとく、理事長の旅行記によって、日本と、他の国々との違いの大きさを今更ながら認識しています。

    PPMの"500Miles"、反戦歌の一つとして有名なアメリカのフォークソングです。
    確かに、500マイルも離れてしまったこの曲の主人公が兵士であるとすれば、この曲は反戦歌かもしれない。
    でも、ある時、この曲に「流浪」とか、「ジプシー」とかいう言葉を感じた時、私は大きな衝撃を受けました。
    以来、それまでは、反戦歌だと信じて疑いもしなかったこの曲が、全く別のものに聴こえるようになったのです。
    平和な日本に生まれ育った私には、想像もできない流浪民族の人生、および人生観。
    それは、私が思うほど不幸でもなく、
    でも、私には想像もできないほど悲しいかもしれず。

    自分の感じている文化やそこから来る価値観が、そこそこ世界中の人たちと共通していると、私は思っていたけれど、
    最近は、自分の価値観は本当に偏った、
    所詮、人の生きざまをほんの少ししか知らない中で確立されたものなんだ、と思うようになりました。

    世界は広く、歴史は本当に長い。
    そのとてつもない時間の流れの中で、たまたま私が生きた、とるに足らないほどの時間の枠の中で、出会えた奇跡。
    すごい確率を経て、同じ時代を生きた人でさえも、一生出会わないまま終わる人がほとんど。だから、出会えたということは、本当にすごい確率。
    そう考えていくと、仏教の「袖すり合うも多生の縁」という言葉に、急に具体性を感じてしまうのです…。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                    500Miles → 
    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | Peter,Paul and Mary | 23:36 | comments(14) | trackbacks(0) |- pookmark