◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  とらわれの貧しい心で:浜田省吾  ○●○
    生まれたところを遠く離れて福井も、9日に梅雨入りが発表されました。
    恥ずかしいことに、このところ忙しさに追われて、「梅雨」というものを忘れていました。
    ただ、さすがに「肌寒い」と感じる日が少なくなってきて、いい加減、春物とはいえコートは着ないか、と思い、毎日少しずつ、コート類を洗濯して片付けていました。
    ちょうど、すべてしまい終わった翌日に、梅雨入り宣言がなされ、偶然ですが、よかったと思った、呑気な私です

    思えば、2月半ばに、新しい仕事を始めようと決めて、
    それから、準備が始まりました。
    大したハードスケヂュールでもないのですが、いつも何かに追われている気持ちで過ごしてきた、この3か月間でした。
    達成までのプロセスが全部見えていたなら、それを粛々とこなすまでなのでしょうが、
    私には、新しい仕事のスタートに漕ぎ着けるまでのプロセスが、全然見えていなかった。
    どんな問題が発生しそうか、それをクリアするにはどんな方法があるのか、
    全く見えておらず、ただ、次々に目の前に立ちはだかる問題を解決していくだけ。
    でも、スタートの日取りだけは決まっていて、
    その日までに本当にたどり着けるのか、
    そして、たどり着けたとして、私は、そこから走って行けるのか、
    不安で仕方ない毎日でした。

    でも、日取りだけは決まっていたわけで、
    その日が とうとうやって来て、
    私は、とにかく走りました。
    そして、なんとか、最初の給水所までたどり着いた 今 です…

    ほんの少し前まで、
    1日のうちにも、1度くらいは少し横になる時間がないと、
    夕方まで身体が持たなかった私。
    スタートからの5日間は、連日、朝から晩まで動き続けなければならず、
    まず、その間、身体が持つかどうかが とても不安でした。
    ただただ、気力で走り続けるんだ、と心に決めて臨みました。

    8日20:00頃、とりあえず、「給水所」にたどりついて帰宅した時、
    私の頭の中に、今日、セレクトした 浜田省吾さんの曲が流れていました…
    この曲は、高校時代、浜田さんのコンサートに行ったとき、
    その時はまだ、この曲が収録されている「生まれたところを遠く離れて」のアルバムを聴いておらず、
    なんていい曲なんだろう、でも、曲名は何だろう、と、
    当時は今の様にインターネットなどと言うものもなく、
    アルバムを視聴することも出来ず、
    ずっと曲名も知らないまま、
    ただ、今だから明かしますが、その時「隠し録り」した音の悪いテープからコピーして、
    歌い続けて来たのです…


    疲れ果てて 帰る夜道では
    お前の やさしい まなざしを想う
    そう これからも きっと守り続けて行くさ
    お前と二人の 静かな夜


    疲れ果てて帰る後にこそ
    静かな夜があるのかもしれないと
    今回 ふと 思いました…
    身体は本当に疲れていたけれど
    この1週間、毎日 本当に 夜は静かで
    8日夜には なんとなく充実感の伴う疲れがありました
    こんな おだやかな夜は 久しぶりだった…
    もう 忘れてしまっているくらい
    遠い遠い日に 経験した気がした…


    一夜明けて
    実は これからこそが 長い道のりなんだと
    改めて 気づいた これまた 呑気な私
    さらに一夜明けて
    具体的に やらなければならないことを 順序付けて頭の中に列記してみたら
    まず、やろうと思っていたことの前に 思いのほか たくさんの「まずやらなければならないこと」が現れて来て
    しばらく ゆっくりしよう、と思っていたのに
    そんな場合ではないことに気づいて
    またまた 焦り始めている私です

    とはいえ、スタートダッシュの5日間とは違って
    これからは、一応、自分のペースで運べばいいので
    やはり 達成までのプロセスは見えないままですが
    焦らず サボらず(笑)
    少しずつでも 前に歩いて行こうと思います…


    この曲に 初めて出会った あの晩には
    私は 今に比べたら 本当に 
    自分をある程度の大きさに見せなくてはいけないとか
    これくらいの能力がなければ恥ずかしいとか
    …そんな 自分で自分を縛るような気持ちが少なかった気がする
    もっともっと 自分がバカだということを分かっていた気がする


    今、スタート地点に立って少しだけ歩き始めたところで
    もう1度 あの頃のように 
    ありのままの自分で毎日を生きる
    でも それなりに精一杯生きる
    …そんな気持ちに立ち返って
    いろんな方の助けを受けながら
    受けることを恥ずかしく思わないようにしながら
    でも 出来る範囲で 感謝とお返しはしながら

    幸せに
    出来たら 私の周りの方々の幸せのお手伝いもしながら
    歩いて行きたいと思っています

    それがきっと
    「達成」につながるはずだから…

    明日から また ひとつひとつ やって行きます


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                       とらわれの貧しい心で → 

     JUGEMテーマ:音楽 
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 浜田省吾 | 23:29 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  家路:浜田省吾  ○●○
       Home Boundクリスマスも終わり、今年も残すところあと5日となりました。福井は、昨日から一面の雪景色。しばらく、雪の混じる天気が続きそうです。
      おかげさまで、21日(火曜日)夕方、なんとか退院できました。
      退院後、ゆっくりPCに向かう時間がなく、
      皆様にご心配をおかけしておきながら、ご報告が遅れて申し訳ありませんでした。


      今回の入院は、最初、入院を決めた10月半ば過ぎの時点での主治医の話とは全く違ったものになりました。

      入院を決めた時点では、胃カメラで食道に出来ている静脈瘤の様子を見ただけだったので、主治医の話では、いつもほどの治療さえ必要ないかもしれない、程度の話だったのです。

      けれど、実際、手術するときは、胃カメラで食道表面の映像を観るだけでなく、同時にX線で、透視しながらやるので、そうして見てみたら、表面からは見えなかった、食道外からの血管が、静脈瘤に合流してしまっていることがわかったのです。

      こうなると、静脈瘤をつぶすために注入する硬化剤が、その血管を通って、どんどん流れ出てしまい、静脈瘤だけを固めることが出来なくなる。
      なので、合流している血管と静脈瘤の接合部を塞ぐ必要がありました。

      そこで、急きょ、その接合部付近をエタノールで焼くことになったのです。


      なので、今回は、術後の痛みもいつになくひどく、
      これまでにはなかったことですが、術後に発熱してしまい、
      食事の開始などを遅らせざるを得ませんでした。
      当然、退院は延期されます。

      まぁ、年内に退院できる確信はありましたが、
      私の中では、なんとか肝機能を維持さえすれば、
      静脈瘤とはイタチごっこをしていけば、生き延びることはできるな、
      と、自分に言い聞かせながらこれまでやってきたので、
      今回の出来事で、「先はそう甘くはないのかな」と、
      少し、凹んでしまったわけです…。
      おりしも、世の中はふたご座流星群の話で盛り上がっていたころで、
      去年、ちんと二人で、流れ星を観に行ったことなどを思い出して、
      せつなくなったり。
      私は、井上靖先生の「あすなろ物語」の中に出てくる「星の植民地」という言葉をお借りして、私の「星の植民地」と呼んでいる、福井市街からほんの少し離れて、空が暗くなってきたあたりの広っぱで、星を見ることが多いのです。
      去年は、そこでもあまり見えなかったので、
      結局、ちんと一緒に、私の実家近くに行って、
      ふたりでいくつも流れ星を見て、幸せな気持ちで帰ってきたことなどを思い出していました。
      そういうことを思い出すのは、そういう時間はもう帰ってはこないことを思い知らされるだけなのをわかっているくせに…。

      けれど、おかげさまで、「忘れる」「逃げる」ことが得意な私。
      少しずつ、元気を取り戻しています。


      病室で、皆様の温かい励ましのコメントを読ませていただいて、
      随分と力をいただきました。
      なのに、退院してから、毎日、病室ではどうしてもで手段がなくてできなかった急ぎの仕事を片づけたり、
      どうしても仕事に行かねばならない日があったり、
      何といっても、まだ体力にも自信がなく、1日に出来ることが極端に少なかったりで、
      ご報告が今日になってしまったこと、本当に申し訳ありません。
      そして、本当にありがとうございました。


      今日お届けするのは、浜田省吾さんの、初期のアルバム「Home Bound」から、家路という曲。

      私のように、病気なんか抱えていなくても、
      生きていたら誰しも、いろんなことに出くわして、
      落ち込んだり、悔しかったり、迷ったり、悩んだりしますよね…。
      私も、今回、主治医から、この事実を聞いたときは、
      先行きが急に不安になって、かなり落ち込みましたが、
      帰宅して生活が始まると、やっぱりおなかもすくし、
      そうしたら、何か作って食べるしかないし、
      作るには材料を買いに行かないといけないし、
      病院で着ていたものさえ、洗濯しなきゃ、いつまでも放っておくわけにはいかないし、
      家の中は、汚れたら掃除しないといけないし、
      わずかでも仕事をしていたら、その責任は果たさないといけないし。

      …そんなふうに、生活を背負って歩きだすしかありません。

      そうして、そんな中で、いつか、自分なりに納得できる場所に、
      必ずたどり着きたいと、心から思いました。


      そして、たとえネットを通してでも、皆さんの温かい励ましがあることを、
      心からありがたいと思いながら、また、頑張っていきますよ!!
      本当に、いつも、ありがとうございます。



      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。




      ←いつもありがとうございます。
       よろしければクリックお願いいたします。


                               家路 → 

      JUGEMテーマ:70年代・80年代
      JUGEMテーマ:音楽
      0
        | 浜田省吾 | 23:52 | comments(14) | trackbacks(0) |- pookmark
        ○●○  愛という名のもとに:浜田省吾  ○●○
         良さんサイン秋。
        いよいよ、天候は秋になっているのに、
        なんとなく、まだ秋らしさを堪能出来てない。
        なのに、もう10月も半ば過ぎて、
        今月はこれから毎週末忙しく、
        あっという間に11月を迎えてしまうんだろう。
        11月は、もう、「晩秋」。
        いや、私のエネルギーで、まだまだ、「楽しい秋」にするぞ、と、気ばかり焦りつつ…。


        やはり、体力に自信がないのか、
        何か、大事な仕事が入っていると、
        その時に、体力が持つかどうか不安で、
        早い時期から、どこか緊張してしまう。
        今月は、30,31日の月末に、1番大きな仕事を抱えている上に、
        26日には胃カメラ、腹部エコー検査を控え、
        なんとなく、ず〜っと、心のどこかに小さい染みのようなものがあるのを、
        取り除くことが出来ずにいます。

        そんな中、15日金曜日に、
        こうせつさん、良さん、高田蓮さんのジョイントコンサートに行ってきました。
        ひとりひとりの持ち時間はわずか30分で、
        なんだかあっという間でしたが、
        最後に3人で、「生活の柄」と「神田川」をうたってくれまして…。
        前に、ぷかぷかに、佐藤GWAN博さんが来られた時かな、
        ライヴのあとに、そのままお店で懇親会に参加して下さったそうで、
        その時に、「加川良が歌う神田川は最高」って言った、というような話を聞いていて、「へぇ〜、良さんの神田川、聴いてみたいな…」と、ずっと思っていたので、
        今回、意外なところで聴くことが出来て(といっても、2番の、ほんのわずかなフレーズだけでしたが)、もう、感激しました。

        そして、私は、これまで数多くライヴやコンサートに行っていながら、
        「入り待ち」とか「出待ち」などと言うものを、
        したことがない田舎者だったのですが、
        今回、ぷかぷかで知り合った、ぐっちさん、うっしーさん、風子ママさんと一緒に行ったので、入り待ち出待ちに慣れたぐっちさんやうっしーさんに背中を押されて、茶戌が、良さんを捕まえてくれました。
        それで、CDジャケットにサインをいただき、握手もしていただいて、
        なおのこと感激して帰ってきたわけです…。
        タクシーに乗り込むところだったので、「なんや、こんな暗いとこで。。」と、
        良さん節炸裂でしたが…。


        お仕事は、もう、ぶつかって行くしかないし、
        検査も、ダメならダメで、また入院するまで。
        入院すると、少し、絞れるし、かえっていいんだから、と思いつつも。
        どこか、気が重いのは多分、なんとなく、大丈夫かな、という自分への不安があるから。
        昨夜も、また、胆石発作と思われる、身体の置き場のない痛みが2時間ほど続いたし…。
        これは、以前、救急で病院に駆け込むも、結局、朝にならないと対処できないことが分かったし、その時も、2時間か3時間耐えたら、納まったので、
        もう、たじろぐことなく、落ち着いて対処できるようになりましたが。
        誰にも迷惑をかけず、自分ひとりで問題を片づけたい、
        大変なことは、自分ひとりが抱えて越えたい、
        家族や、仕事仲間は、何事もない日常を送って欲しい、
        …どうしても、それを強く思ってしまうのです。
        迷惑な存在にはなりたくない、借りは作りたくない、という、
        意地っ張りなんですね。


        週末に、茶戌を赴任先の小松へ送った帰り、
        車の中で、久しぶりに、車の後ろに積んであった
        カセットテープの山を探ってみました。
        そうして、出てきた「浜田省吾Selection」。
        こんなタイトルのアルバムなんてない。つまり、自分でお気に入りだけを選んでダビングしたテープのようです。
        何が入ってるのかな、と、懐かしく聴きながら帰ってきました。

        どの曲もどの曲も、私の青春時代ど真ん中ストライク。
        もろ、高校時代にタイムスリップです。

        その中で、特に、この「愛という名のもとに」だけは、
        歌っているうちに涙がこらえ切れなくなって、大変でした。

        いつも書きますが、この曲に何か特別な思い出が重なるとか、
        自分の経験が重なるとか、じゃないのです。
        ただ、この曲に重なっている「時間」。
        その時間を生きていた頃の自分の純粋さみたいなものに、打ちのめされてしまうんですね、
        今の、汚れきった私は…(笑)。


        …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。


        ←いつもありがとうございます。
         よろしければクリックお願いいたします。


                                愛という名のもとに→ 


        JUGEMテーマ:70年代・80年代
        JUGEMテーマ:音楽


        0
          | 浜田省吾 | 18:27 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
          ○●○  傷心:浜田省吾  ○●○
          Home Bound少し傷心しています。その理由は、書かないことにします。
          いつも、ブログが愚痴だらけ。やっぱり、誰でも、「たま〜の愚痴」は、よくても、いつもいつも愚痴られたら、いい気持ちはしないでしょう。

          今日は、浜田省吾さんの「傷心」をお届けします。
          この曲は、「Home Bound」の中に収録されている、マイナー系のバラードです。
          浜田さんでマイナー系のバラードというと、どうしても「片思い」が有名すぎて、この曲は隠れてしまいがち。
          でも、この曲も、70年代を引きずってて、いいんです。
          70年代のドラマの挿入歌に使ったら似合いそうな…。
          ショーケンか誰かがいいかな。
          狭いアパートの部屋で、若者がたそがれてる絵がイメージとして浮かびます。

          今日の福井は暖かで、陽も差して、春の訪れを感じました。
          でもまだ風は冷たい。
          今の時期はどうしても、風の「暦の上では」が頭の中にヘビロテしてしまう。
          春は、別れの季節か出会いの季節か。
          あなたは、どちらのイメージですか?

          …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

          ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                            傷心 → 

          JUGEMテーマ:音楽


          JUGEMテーマ:70年代・80年代


          0
            | 浜田省吾 | 18:05 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
            ○●○  丘の上の愛:浜田省吾  ○●○
            浜田省吾 今日は、茶犬が忘年会で、福井県あわら市にある芦原温泉御一泊。
            ちんとふたりで、夕食何食べようかなと思ってました。
            ちんのご希望で、なんとふたりで焼肉屋さんへ。おいしかったです。最初、チョレギサラダが運ばれてきたのを見て、「食べきれるかな」と思いましたが、バスケ部のマネージャーになってからは、ちんは弦楽部にいた頃とはうって変わって食欲旺盛。
            私は、お腹いっぱいでしたが、ちんは「八分目」と、のたまってました(笑)。

            車中で、浜田省吾さんを聴いてたら(歌ってたら?)、学生時代のいろいろなことを思い出して、ちょっと声が詰まってしまいました。
            もうすでに、この世にはいなくなってる人たちのことなど…。
            元気でやってますか。そちらは、どうですか。
            今の私の生き様は、どうですか…。

            「丘の上の愛」は、数ある浜田省吾さんの曲の中で、私が最も好きなものの1つです。
            よく取り上げられるテーマではあるのですが…。
            たとえば、稲垣潤一さんの「P.S.抱きしめたい」とか、ユーミンの「よそ行き顔で」など。
            世の中は、人が、純粋なだけでは生きていけないように出来ているのかなぁ…。

            …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

                                         丘の上の愛 → 



            JUGEMテーマ:音楽


            JUGEMテーマ:70年代・80年代


            0
              | 浜田省吾 | 00:36 | comments(4) | trackbacks(0) |- pookmark