◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  サイレンスがいっぱい:杉山清貴&オメガトライブ  ○●○
    シングル・コレクション雨降りばかりだった福井にも、ようやく5月の陽気が訪れています。
    我が家のプランターの花々も、いろいろと咲き揃って、玄関前が少し彩られています。
    去年は初めての年で、ほんの僅かしか実らなかった、そして、その僅かな実も、ドロボーさんにやられて私の口に入ることのなかったイチゴの花も咲き終わり、「今年こそ!」と、防護策を考えている今日この頃…。

    前にも話しましたが、私は、闘病や趣味仲間と情報交換をしたくて、mixiに登録しています。
    最初は、本当に同病の仲間くらいでしたが、最近、金沢のフォーク酒場に行くようになって、リアルにお会いしている方々とmixi上で情報を交換することも多くなりました。

    mixiでは、自分が友達関係だと認めている人のことを「マイミク」と呼んで、例えば情報の公開をマイミクさんだけに制限したりして、完全にweb上に公開するよりはもう少し、調節の利いたwebを活用することが出来るようになっています。

    その「マイミク」というのは、どちらかが、「マイミクになってください」と申請して、相手(自分)が承認すれば、マイミク関係が成立することになっています。
    マイミクになると、その人の日記やつぶやきなどの更新を、自分の管理ページで知ることが出来ます。まぁ、その辺は、普通のブログと同じですが…。

    で、金沢でのリアル知人の中のおひとり、Aさんに、
    「私はマイミクさんにだけ、自分の詩などを公開しているので、
     よかったら、マイミクになってもらえないか」と言われ、
    もちろん、私も、Aさんをもっと知りたかったし、喜んで承認し、マイミクになりました。
    Aさんとは、mixiでは、フォーク酒場のコミュニティで知り合っていたものの、実際にお会いしたのは、その時初めてだったのです。
    そして、マイミクになってからも、お会いしたことは1度くらいはありましたが、
    特にお話しする機会はありませんでした。
    ただ、mixi上では、1〜2回、Aさんの日記にコメントしたことがあったように思います。


    ところが、最近になって、ある時ふと、
    「そういえば、最近、Aさんの更新がないなぁ…。
     もしかして、もうmixiをやめられたのかな?」
    と思い、自分のマイミク一覧を久しぶりに見てみたら、Aさんが消えていました。
    「あぁ、やっぱり、やめられたのかな」
    と思い、別のマイミクさんのところにふと行ってみたら、
    そのマイミクさんの所には、まだAさんがおられました。
    ということは、mixiを続けておられる。
    けれど、私のマイミク一覧には、Aさんがいない。

    …つまり、知らない間に私は、マイミクから外されていたんですね。

    私は、未だに、リアルに誰かと顔を合わせている時は、
    つい、うるさく騒いでしまいます。
    それは、決して嘘の自分なわけではないのですが、
    そうでない自分が確かに、います。
    けれど、それは、顔を合わせては出せない。

    そして、mixiは、web上のことなので、言葉を選べるにも関わらず、
    リアルにお会いしている方々もご覧になるので、
    なんとなく、お会いしている時と同じようなテンションでしか、日記やコメントなどを書けず…。
    もしかすると、そんな私のテンションが、繊細そうなAさんには合わなかったのかもしれません…。
    また、1〜2回だけ書いたコメントが、
    何か、Aさんの気に障ったのかもしれないし、
    1〜2回しか書かなかったことが、Aさんにとって
    「マイミクの必要なし」と判断されたのかもしれません。
    少しだけ、淋しい思いをしましたが、仕方のないことだと割り切りました。
    実際に、Aさんとお会いすることは、数か月に1度くらいの頻度でしたし…。


    そして、マイミクでなくなってからしばらく経った、ついこの間、
    あるライブハウスでのライブで、偶然、Aさんとお会いしました。
    狭いライブハウスで、お客様もたくさん入っていたので、
    あいている席、となると、先に来られていたAさんの近くに座らざるを得ませんでした。

    私は、何事もなかったのように、ひと言ふた言、挨拶をしましたが、
    Aさんのお顔には、気まずさが覗いているように思いました。
    だから、私は、その後はなるべく、Aさんには話しかけないように、しかし、
    Aさんに会ったことを気まずく思っているようには見えないように努めながら、
    また、最後のご挨拶だけして、別れました。
    私のことを「マイミクの必要はない人」だと思っておられるのだとしたら、
    私は、そのイメージを貫いた方が、
    全然、気にしてないよ、という空気を漂わせた方が、
    Aさんは楽なんじゃないかなと思ったのです。

    今回のことは、別にAさんが私を傷つけたわけではないし、
    むしろ、私がAさんに何か気に障るようなことをしたのかもしれないのですが、
    その時、私の頭の中に浮かんだのが、
    「そうなんだ。傷つける方も、傷つけられた方と同じくらい、つらいんだよね…」
    ということでした。

    私などは、口数が多いので、
    知らない間に、人を傷つけたり、嫌な気持ちにさせているんじゃないか、
    と、いつも気になってしまいます。
    でも、顔を合わせていると、黙っていられない。
    何か喋って、うるさくしてないと落ち着かない。
    「物静かな人」なんていうイメージには、ほど遠い自分なんだから、と思ってしまう。


    今日は、私が、こんな場面でいつも思い出す、「サイレンスがいっぱい」をセレクトしました。
    さださんの「検察側の証人」と、どちらにしようか少し迷いましたが、
    「検察側の証人」では、ハッキリと
    「斬りつけて行った方が 斬りつけられた方より 傷つくこともあるもの」
    と歌っているのと比較して、この曲は、
    「すべて話さなくていいよ 言い出せない苦しさを分かってるつもりだから」
    という、この両刃の剣の論理を超えて、さらに相手への優しささえ覗かせているところに、妙に魅かれたのを覚えています。

    You Tubeにアップされていた音源は、
    なぜか、どれも私が持っている音源に比べてイマイチに思えて、
    そして、以前、私が音源をアップしていたサイトも、
    これまたなぜか、今だに閉鎖されていないようなので、
    自分で音源をアップしようかどうしようか迷いましたが、
    You Tubeリンクにすることによって、これまで携帯電話では音源を聴くことが出来なかったのが可能になったり、というメリットもあるようなので、今日も、You Tubeをリンクしておきます。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                       サイレンスがいっぱい → 


    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:音楽
    2
    | 杉山清貴&オメガトライブ | 00:59 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
    ○●○  ALONE AGAIN : 杉山清貴&オメガトライブ  ○●○
    Aqua City 雨です。
    春の雨、寒さを感じない、やさしい雨です。
    私は今頃になって茶犬が貰って来た風邪が長引いてる上に、昨日の病院受診での結果に少しへこんでいますが、ま、春だから。
    なんかいいことあるかな。そう思えてしまう(←単純バカ)。

    今日は、杉山清貴さんの「ALONE AGAIN」を。杉山清貴&オメガトライブのファーストアルバム「Aqua City」のラストに収録されています。
    ALONE AGAINといえば、ギルバート・オサリバンの曲しか思い浮かばなかったけれど、そういえばこんなのもあった、と思いまして…。
    杉山さん、80年代がリアル青春だった私にとって、大学時代を語るに外せない人です。
    夏、というイメージもありますが、とにかくドライヴが好きな私には、杉山さんと言うと、ドライヴィング・BGMなのです。
    好きな曲を聴きながら、海岸線を走っているときが1番幸せだった。
    1コマでも休講ができると、そのわずかな合間を縫ってドライヴに行ってしまってた。
    当時、乗ってた車はディーゼル車だったので、燃費がよかったのです。

    今日は、元気なんだけど、どうしてか涙もろい。
    ありんこさんが、「あのひとは どうしてるかな」と書いていた。
    そう思う人が、今日夢に出てきた。
    やっぱりあの頃と同じように、「なあんだ、おじさんになっちゃって〜」と、
    茶化している自分が夢の中にいた。

    年賀状のやり取りをしていたけれど、やっぱり茶犬は、あんまり平然とした気分にはなれないかもな、と思って、3年ほど前から出すのをやめました。
    今年もまた、来たけれど、返事は出さなかった。
    きっと、来年はもう、来ないでしょう。

    そういえば、中島みゆきさんの「タクシードライバー」の中に

    「忘れたつもりの あの歌が口をつく
     あいつも あたしも 好きだった アローン・アゲイン」

    という一節がありますね。勿論、オサリバンのでしょうけど。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                   ALONE AGAIN → 

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | 杉山清貴&オメガトライブ | 18:47 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark