◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  追憶:沢田研二  ○●○
    追憶紹介する音楽に、自分の思いを重ねようとすると、曲としては好きなのに、その曲に絡んだ特別な出来事はない、というような曲は紹介できなくなってしまう。
    どんどん、ブログに規則を作って、自分をがんじがらめにするのはやめよう、
    そう思い乍ら、知らず、そうなっていく。

    今日、ラジオから「危険なふたり」が流れて、前々からアップしたいと思っていた沢田研二さんを採り上げようと思いました。
    私が生まれてからの10〜15年は、日本は高経済成長期のど真ん中。
    我が家にも、よそ様よりはずいぶん遅れたけど、私が5〜6歳の時に(昭和45〜6年ですね)ようやく、中古の白黒TVがやってきた。
    世の中にTVが普及して、"スター"は見た目重視になっていく。
    ジュリーはその代表格でした。
    女の子はもちろんのこと、私の兄のような男の子までもが、ジュリーが大好きだった。

    「追憶」は、ジュリーの、結構初期の作品。私が小学校低学年だった気がします。
    とにかく、この曲が好きだった。どこがどう、って言われても答えられないけれど。

    作詞は安井かずみ氏。外国曲の訳詞は、安井氏のが1番好きだった。
    どういうわけか、私の中で、安井かずみとアンデルセンが重なる。
    これも、どこがどう、って言われても答えられない。

    ちんの学校のバスケ部の3年キャプテン(現在のキャプテンは2年生)は、見事、東大理傾膤覆世修Δ如帖
    文武両道で素晴らしい。
    ちんは…?文武無道。
    せめて、恋愛青春両道でくらいあってほしいなぁ…。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                      追憶 →           

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:昭和歌謡・歌謡曲


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | 沢田研二 | 18:55 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark