◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  人魚:Nokko  ○●○
    人魚昨日、ちんをお迎えに行く時、車の中で、久しぶりに浜田省吾さんのテープを聴いていました。
    ちょうど家について、駐車スペースに車を納めた時に、テープの片面が終わった感じがしました。
    ほんのわずか、曲と曲とのブランクよりは長いと感じる程度のブランク、ここで私は「あ、片面が終わったんだな」と思った。
    ところが、その、少し長めのブランクの後に、なんだか、自前で録音したかのようなギターの音が流れ始めた。
    「え〜っ!」
    ちんも、即座に
    「何、これ!なんか、いかにもナマ音のような音がしたけど!」

    私は、超ビビりまくって、「ちょ、ちょっと、これは1回よぴちがチェックしてからでないと、ちんには聴かせられんもんが入ってるかも知らんで…(大汗)」

    結局、家に持って入って聴いてみましたが、昔、茶犬に無理矢理、サイドギターなどを弾かせたり、1回録音したテープを再生しながら私がリードギターやキーボードを弾いていたりする、重ね録りお遊びテープでした。
    テープの余ったところに、ちょっと録音してあったのですね…。

    でも、ちんは、茶犬と私の「若い頃の声」を、やたら気持ち悪がっていた。
    なんとなく、わかる。勿論、自分が一番聴きたくないです。
    ちんが気持ち悪がるのは、声の質なんかじゃなくて、
    お父さんとお母さんが、今の自分たちとそう変わらない、若者カップルだということなんだ。ちんにとって、まだ、親もただの人間、自分と変わらない子供のような人間だと認めるのは、ちょっとエネルギーがいるだろう。

    もう、あと数年。もう、その日は近いと思うけれど、
    必ず、ちんにも、親もまた、ただの男と女なんだと認められる時が来るのでしょう。
    私自身も、思い返すに、19か20歳の頃だったように思います。
    父は本当にどうしようもない人で、親の反対を押し切って、勝手に出てきた母は、私以外に父のことを愚痴る相手がなく、小さい頃からいつも父の愚痴を聞かされ、生活費の収支の計算をさせられてきていた。
    それでもなお、やっぱり私の中では父は父であり母は母であり。それぞれ、「人間」だとは思っていたけれど、二人が「男と女」だと認めるには、ちょっと時間が必要だったのです。父と母には、お互い、相手に対して「特別な感情」を持っていてほしいんだけど、それは家族愛のようなものであって、男と女の恋愛感情ではなくあって欲しい…。
    なんだか、表現さえうまく出来ないような、複雑な気持ちなのですが、
    おそらくこれを読んでくださった方のほとんどの方に、実感を伴って理解していただけると思うのは、私の独りよがりでしょうか…。

    今日は、nokkoの「人魚」をお届けします。
    この曲は、ちんがまだ本当に小さい時の曲。映画音楽のような音が好きでした。
    でも、私以上に、ちんにとっての思い出の曲だそうで…。
    私が仕事を続けるために、ちんは、いろんなところに預けられて、落ち着かない毎日だったのです。その、預け先の一つで、いつもこの曲が流れていたらしく、最近になって、この曲を歌ったら、「あ、これって懐かしい思い出の曲や」と、ちんに言われて驚きました。
    その頃のちんを思うと、私は今でも頭が上がらない。一生懸命ではあったけれど、やはりちんにはつらい思いをさせた。
    それでも、その頃のこの「人魚」を、思い出の、好きな曲だと言ってくれたのが、
    私にとっては救いのような気がしました。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                      人魚 → 
    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | レベッカ・Nokko | 18:00 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark