◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  どんなときも。:槇原敬之  ○●○
    就職戦線異状なし今年は本当に暖冬で、福井も雪がない2月。
    例年、福井のような雪の降る所では、ゴルフ場は冬場は開店休業状態だし、冬だけの商売、ということでスキー場が頑張ったりする。
    でも、今年は、相当、山奥の方のスキー場にしか雪はないし、
    そのかわり、と言ってはなんだけど、ゴルフ場はそれなりに営業出来ているらしい。
    ことし、受験生の子たちはいいな、と思います。ちんは来年。来年はどうなるんでしょう。確か、高校入試の時は、ほとんど降らない冬だったのに、たまたま入試の日だけ降って、車を出すのに苦労したような記憶が…。
    でも、こればっかりはあらがえない。今年は雪が多いから来年にしよう、なんてできないし。雪がないから今年のうちに、っていうのもできないし。

    日産自動車は、リストラにあたって運動部の活動を中止するという。
    世の中どこも不景気で、今年就職する学生たちは、本当に不運だなと思います。
    バブルがはじけた頃も、そう感じた時があった。結局、あの時に新卒だった人たちは、まともに就職できないまま、今やいい齢になってしまって、やっぱり若い新卒の子達に押されて、就職に恵まれずにいる。
    学生たちが悪いわけではないのに。彼らに能力がないとか、努力が足りないとかいうわけでもないのに。
    これも、「宿命」か…。

    今日お届けする曲は、私が新卒で就職した頃に流行った映画の主題歌でした。
    自分のはもう終わっているとはいえ、周りの友達たちの就職活動の話など聞かされていたし、この映画はすごく身近な気がした。
    映画の内容とは関係なく、私自身、この曲のような気概を持ち続けていたいとは思っています。
    たぶん、それはかなり難しいことだし(もうすでに、持ってないと言った方がいいかもしれないし)、逆に、こんなこと言ってたら「甘い」「青臭い」と叱られそうだけど…。

    今、実家にとってあった「麦ちゃんのビタ・セクスアリス」を読んでいます。
    高校時代、ホントに好きだった作品。
    その中で、主人公の麦ちゃんが、「ハムレット気どり」みたく言われているシーンがあって、それを読んでしみじみと、私が「麦ちゃん…」を好きで、今でもやっぱりいい作品だなと思ってしまうのは、私も、麦ちゃんみたく「ハムレット気どり」だからなんだな、と、今更ながら発見して、笑ってしまいました。

    いいんだ。この齢になると、もう開き直る。
    いつまでも青臭く、ヒロイン気どりで、行くぞ(笑)。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                                 どんなときも。 → 




    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | 槇原敬之 | 19:14 | comments(11) | trackbacks(0) |- pookmark