◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  大阪で生まれた女:BORO  ○●○
    大阪で生まれた女日中、あまりTVを観ない私ですが、ここのところ、ケーブルの「ファミリー劇場」で、朝10時から「俺たちの朝」を再放送しているので、それだけは毎日観ています。
    世間の多くの皆様が、せっせと働いている時間帯、非常に申し訳なさを感じつつ、でも、毎日観ています。
    あのドラマが放送されていた頃、私は小学校低学年だったように思う。
    あの頃は、勝野さんや長谷直美さんがただただ、あこがれのお兄さんお姉さんだったし、自分もあんな風に青春することに憧れたし…。
    でも、今見ると、もう、あの頃憧れだった勝野さんたちが、私にはまぶしい「若者」であり、そのお父さん・お母さん(勝野さんのお父さん役は北村和夫さん、お母さん役を加藤治子さんが演じています)の人生が、リアルに迫ってきて、
    あの頃とはまた違ったView Pointから観ています。

    今日お届けするBOROの「大阪で生まれた女」、初めて聴いたのは中学3年か、高校1年くらいの頃か…。本当は、18番くらいまである、まるで「ロード」のような曲です。
    私もまた、関西か関東か、と問われたら、完全に関西派の人間で、東京と大阪では大阪の方がなじむのですが、この曲を初めて聴いた頃には、
    「大阪の女やから 東京へはようついて行かん」
    というのが、いまひとつ実感を伴っては理解できなかったように思います。
    今は、すごくわかるのですが。
    この曲の女の人は最終的に大阪を出て、この男の人について行ってるけれど、
    今の私には、それこそが「若さゆえ」という気がする。

    私が実際に青春が終わった気がしたのは、一緒に研究していた仲間が教授になって、
    研究室をでていくために整理途中の山積みの書物の中で、
    ギター弾いて、飲んで歌った時…。「いちご白書…」が、泣けて歌えなかった。
    「これで、青春も終わりかな…」と思った。
    その思いがさらに決定的になったのは、その後、その仲間が、新しい大学で「教授」として、トレードマークのジーンズはやめてスーツにネクタイを締めて行ってるというのを聞いた時だった。

    歌は世につれ、と、NSPの天野さんは歌ったけれど、
    世、とまで言わなくても、1人ひとりの人生の中で、歌は、いろいろに変化していきますね。ドラマも、然り。あの頃の青春ドラマを、今、私は自分がもう通り過ぎてしまった時間と重ねてみているのです。
    そしてあの頃の人生ドラマを、現在進行形の自分と重ねていたりする。
    あの頃聴いた曲も、あの頃を思い出すだけでなく、今の自分の目線で聴いて、
    また思いを新たにしている今日です。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                                大阪で生まれた女 → 


    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | BORO | 20:59 | comments(13) | trackbacks(0) |- pookmark