◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  流れ星:南こうせつ  ○●○
    こんな静かな夜気付けば10月
    今年も あと3ヶ月になっていました
    今日 お参りに行っているところの庭で金木犀が山吹色の花をいっぱい開花させていました
    なぜか 懐かしい香り なのに いつも季節を覚えられない
    なんとなく 秋、文化祭シーズンのイメージではあっても イメージだけで、きちんと季節を認識したことがなかった…

    なかなかブログが更新出来なかった
    なんとなく 書けなかった
    理由が分からずいましたが たぶん やっぱり 胃カメラ検査が気になっていたからだと思います
    終わったら きっと 明るい記事を更新できる、それまで…って 思っていたのでしょう

    一昨日 夕方 お参りからの帰り道
    主治医から電話「予定していた10月9日は学会出張が入ってしまったので、胃カメラの日を変更してくれないか」とのこと
    主治医が胃カメラ検査に出ているのは月〜水のみ、「じゃあ、明日火曜日にお願いします」と電話を切りました

    どうせ 毎日 不安と期待でドキドキしていたので
    早く終わってしまう方がいい、そんな はやるような気持ちで迎えた火曜日

    結果は
    やっぱりダメでした
    静脈瘤の破裂リスクを示すRCサインと呼ばれる発赤点が
    前は1つだけだったのに 3つくらいに増えていました
    しかも前は RCのバックにある静脈は 所詮 毛細血管のような細いものだったのに
    新たに出来たRCのバックは太い静脈瘤…

    主治医も「こうなると さすがに、何か やらなくちゃ、という気持ちになるね」と…
    けれど 静脈瘤をつぶす手立ては死に至るリスクが高すぎるのです
    主治医も 考え込んで 言葉を選んでいる…

    前々から、悪くなっていたら 脾臓摘出をしよう、と心に決めていたので
    「脾臓摘出手術は どうでしょうか」と自分から申し出ました
    主治医は「うん、僕も そう思う、よし、よぴちさんの気持ちが確認できたから、次、1月までもう1回だけ待ってみて、それでやっぱり悪くなってるようなら、すぐに手術できるように手配をしておくよ」と…
    私は「はい、手術を受ける気持ちはバンバンです、ただ、病院は選びたいと思っています、ここでは 手術するつもりはありません」と
    もう2度と後悔は許されない、今度後悔するときは、たぶん あの世ですることになるのです
    しかも、この消化器科の主治医は、血液内科の主治医と違って、ハッキリとものが言えるタイプ
    「東京とか、出る気、ある?」
    「はい、でも、出来れば関西を希望しますが。第一希望は○○病院です」と私が名指しすると、主治医は、「分かった」と、受け止めてくれました


    1日経って
    やっぱりまだ 時々 泣けてくる私です
    でも 確実に元気は出て来ているし、昨年の秋に、打つ手がない、と言われた時に比べたら、ずいぶん強くなったと思っています
    あの時、落ちる所まで落ちたから…
    今回はもう、「落ち幅」は少ない(笑)


    脾臓摘出手術そのものは、そう難しい手術ではないと思っています
    ただ 血小板が少ない私の場合、出血量がハンパないだろうことが予想され
    そんなこともあって 大量の血液が迅速に入手しやすい(だろう)拠点病院、そして、出来れば最悪の状態の患者を扱った症例が多いところ…生体肝移植の症例がある病院を選んだのです
    効果も、少なくとも一瞬は出るはず
    それが どれだけ 長く持つかは分からないけれど…

    だから 安心して手術を受けて、頑張って回復を促せばいい
    そうしたら きっと いいことが いっぱいいっぱい待ってるはず、と
    自分に言い聞かせています


    今日は 私の中では「秋」のアルバム
    「こんな静かな夜」から…

      ♪もうひとつだけ もうひとつだけ 幸せになろうよ…

    星に願いを なんて夢物語のようですが
    願掛けをしながらでも 夢を見て 1日1日を過ごして行きたいです
    きっと 皆さまの秋も 素敵な日々で ありますように☆


    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                          流れ星 → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 南こうせつ | 01:03 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  旅するあなた:南こうせつ  ○●○
      かえり道年が明けて、寒い毎日が続いています
      最近は、いつもあまり降らない地域で大雪のニュースを聞くことが増えた気もする…
      少しずつ、意識を変えて行かないといけない、ということなのでしょうか…
      「危機管理」なんて、大袈裟ですが、そんな言葉が頭をかすめます…
      かくいう私も、なんの準備もしてないのですが(>_<)

      私はといえば、
      11月あたりから、入院がいつになるのか、から始まり、
      まずは入院によって出来なくなることの処理や段取り、
      それから
      結局は入院はなくなって 絶望感に襲われて
      年末年始は 車のトラブルが相次いで
      その間に ちんの就活のお手伝い
      バタバタと 今日まで過ごして
      気付いたら もう 年が明けて20日も経っていました
      なんだか うれしかったりする
      こうして 自分の人生がつくられてくことと
      そして確実に 空が明るくなるのが早くなったし 暗くなるのは遅くなって
      春が近づいてくる、って思うと…

      昨年 実母に買った安物のプリンターは
      なかなか電気屋さんなどで 互換インクが売られてなく 純正のものはとっても高く
      …なんとかネットで安いところを見つけたので たくさん買って
      この間、実母のところへ持って行きました

      そのとき 台所のストーブの前で
      母に 治療についての現時点での報告と自分の心境を話しました
      そうしたら母が
      「あんた、白血病になった時も いつ死ぬか分からなくて
       あんなに悩んだじゃないの
       でも 結局 なんやかんやと今日まで生かしてもらってる
       だから 考えなくていいの、なんやかんやと生かしてもらえるかもしれないから
       なんとか生かしてください、なんて祈るんじゃなくて
       なんとか みんなのために 何かを出来る自分でいさせてください、ってお願いするんや」って

      …なんだか ホッとしました
      私は どちらかというと 自分がやりたいことがあって
      それが出来なくなるのが怖かったんじゃなくて
      たとえ1人でも 私がいなくなって 悲しかったり困ったりする人がいるのなら
      そんな思いをさせることの方が怖かった
      母が 思ったより 落ち着いていてくれたことが 私の心をホッとさせてくれました

      今は 病気のことは考えず 楽しんでいきたい
      後になって
      「こんなことなら やっぱり もっと早くなんとか 治療法をみつけて手を打っておけばよかった」って後悔するかもしれない、という思いはあるけれど
      それでも 少なくとも 次の胃カメラ検査(4月初旬)までは
      もう 考えずに
      その間にもし 吐血することがあっても仕方ない、って、あきらめよう、って
      やっと 少しだけ 落ち着きました
      私が普通のペースでいることで
      茶戌や ちんも いつものペースが保てるし
      昨日と何も変わらない 日常…


      私自身は たぶん もう 疲れていたのです
      考えることに…
      ただ 私を思ってくれる人たちに 「考えずに 楽に過ごす」ことを許して欲しかったんだと思う


      中学生の頃に買った本の中に 喜多條忠さんの詩集「最終列車も見送って」という本があって 去年 久しぶりに手に取る機会があって再読してみたのですが
      今、「最終列車を見送った」気持ちでいます
      最終列車を見送った、ということは
      少なくとも 次の始発までは そこから遠く離れることは出来ない
      さて どうしようか
      …今、とりあえず 最終列車を見送って あてはないのだけれど ただ 自由だけはある、というような気持ち
      特別にワクワク感があるわけでもなく もちろん 「どうしようか」という不安もあるのだけれど
      「どうしても この列車に乗って どこかへ行かないといけない」という ある種の拘束感から逃れたような そんな ホッとした気持ちもあったりする


      今日 セレクトした曲は
      その「最終列車も見送って」の 最初の頁にも 最後の頁にも 原詩が書かれた
      「旅するあなた」…
      アルバムを聴くより先に 私は 喜多條忠さんの この詩集に書かれた詩から この曲を知りました


      とりあえず 今日の最終列車を見送った私は
      しばらくは また 楽しく過ごしたいと思います!
      ここに 他愛もないことを 書き並べながら…

      どうぞ おつきあいくださいね


      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


      ←いつもありがとうございます。
       よろしければクリックお願いいたします。


                           旅するあなた → 

      JUGEMテーマ:音楽
      JUGEMテーマ:70年代・80年代
      0
        | 南こうせつ | 02:11 | comments(16) | trackbacks(0) |- pookmark
        ○●○  れくいえむ:南こうせつ  ○●○
        れくいえむ3月に入って、ずいぶん暖かくなってきました。
        我が家の玄関前も、雪を避けるために移動してあったプランターが、元の場所に戻って、ほんの少し彩られています。
        でも、明日からまた、3日ほど雪の予報。やはり、高校入試の合格発表の頃は なごり雪です…。
        三寒四温を繰り返して 本当の春がやってくるなら 焦らず、あと少しの辛抱です。

        週末は茶戌がいるので、珍しく我が家のTVが稼働します。
        今日のニュースワイド番組で、タレントの山口美江さんが自宅で孤独死されていたニュースが報道されていました。
        独身で独り暮らしの方が自宅で突然死を迎えたら、
        当然、「孤独死」になってしまう…。

        いつだったか 文芸春秋に、そういう、「死んだあとの片付け」を引き受ける業務の方のエッセイが掲載されていました。
        それを読むまで、そういう「業」があることを知らなかった私でしたが、それを読んで、なるほど、ニーズはある、あってしまうだろうなぁと思いました。

        遠くで暮らしている方のために、お墓掃除を代わりにやる業者さんなども、それに近いものを感じます。

        この前、食事の時に30分ほどつけていたTVの番組では、亡くなった後の片づけをやる人が誰もいない人のための、片付け費用を補償する保険が出来た、と言っていました。
        それも、なるほどなぁ、ニーズはあってしまうんだろうなぁ、と思ったところです…。

        私も今は
        お隣の方とでさえ、たまにお会いした時にしか言葉を交わさないような生活をしている…。
        町内も 160軒くらいなのですが
        一緒に役員をした人くらいしか 顔も家も知らなかったり
        ごみ収集の場所で顔を合わせれば あいさつ程度の会話はしても
        その方が どの家の誰さんなのか 知らなかったりする…。

        それに比べ、実家は田舎なので、
        今でも、母が留守の時に洗濯物を干したまま、雨が降ってきたりすると、
        隣のおばさんが 雨が当たらないところに入れてくれていたり
        近所の手芸店の、編み物の先生が編んだ作品を、お店に展示してあったのを、
        誰かひとりが買って着ていると、「それ、どこで買ったの?」が始まり、
        町内のおばさま方みんなの間で、それが大流行りしてしまったり
        はたまた
        たとえば 大根の種まきの季節になると
        母が 畑(母は畑を借りてまで、ほんの少しですが野菜などを作っているのです)の草むしりをしていると
        その近くの畑の 同じ町内のおじさんが
        畑の畝を耕してくれたり

        そんな、息が詰まることもあるけれど 暖かさもある コミュニティです…。


        居酒屋のカウンターで隣り合わせた人や
        公園のベンチで 隣に座った人
        散歩途中で 出会った人など
        …まったく知らない人と 
        名前も住所も どんなお仕事なのかも
        何も知らないまま 天気の話や ちょっとしたニュースの話や
        日々の雑感を 話すことがある

        そんな時 とても 穏やかな気持ちになります…

        たぶん
        みんな ホントは ふれあうと 心地いいんだ
        でも
        過ぎるのが億劫で 最初から 触れないでおこうとしてしまう
        だって ホントは相手のニーズに応えきれないことが発生しても
        うまく 断りきれなかったり 
        断ること自体 多少はつらいし
        だったら 最初から 関わらないでおこう、って…


        私自身も 今現在 そんなふうな生活に近いだけに
        何とも言えないのですが
        このままでは いけないんだろうな、というのは
        漠然と感じています…


        今日は3月11日…
        昨年は 本当に大変な1日でした。
        この日を境に 心から笑うことが無くなってしまった方々
        今、どれほどの人に 笑うことが戻っているのでしょうか…。
        僅かな寄付以外、何もしていない私には エラそうなことを言う資格はない。
        ただ 祈るだけです…。

        でも あんな大きな災害の前で
        人は ホントに弱い存在で
        嫌でも 触れ合わずにはいられなかったはず
        それは あたたかなふれあいだけとは限らず
        ぶつかりあいも 多かったことと思います

        生きることに 真剣になったら
        必死になったら
        たぶん ひとは 嫌でも ふれあう生き物なのでしょうね…


        今日は 
        歌詞の内容は 恋愛に関するものなので
        あまり関係ないのですが
        3.11で 人生を終わらせざるを得なかった方々に
        鎮魂を と思った時に
        心の中に 浮かび上がったこの曲を セレクトしました


        …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


        ←いつもありがとうございます。
         よろしければクリックお願いいたします。


                         れくいえむ → 

        JUGEMテーマ:音楽
        JUGEMテーマ:70年代・80年代
        0
          | 南こうせつ | 02:07 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark
          ○●○  こんな静かな夜:南こうせつ  ○●○
          こんな静かな夜クリスマス大雪 だとか
          クリスマス寒波 だとか
          何かとメディアは、「名前」をつけたがるようですが、昨日から福井も、雪です。
          まだ、地面の温度自体がそんなに下がりきっていないので、思うほど積雪にはなっていませんが。
          私の風邪は、やはりまだ咳が残っていますが、ようやく「快方に向かっている」状態にはなったと思います。


          12月24日、クリスマスイヴなんですね。
          なぜか、日本では、クリスマスより、イヴの方が盛り上がってる…。
          ちんのいない我が家では、
          なんだか、もう、クリスマスもなくなってしまった感じ。

          12月に入って、一応、玄関にリースを飾り、プランターのゴールドクレストにもほんの少しツリーの飾りを付けましたが、それだけ…。
          クリスマスあとは、甥っ子・姪っ子へのプレゼントを用意し、今日、とりに来た彼らに渡して、終わり。


          私は、女なのに、あまり甘いものが好きでもなく、ケーキなどにも、そんなに執着がないのです。
          ちんがいなくなってからは、クリスマスにケーキを用意することもなくなりました。


          今年は、12月に入ってわりとすぐに、風邪を引いて、それが長引いていることもあるし、今までに比べたら、いろいろと予定があったこともあって、いつもほど「クリスマス」なり「年末」なりを意識することなく、今日を迎えた気がします。

          そして今日も、いつもと同じように
          淡々と過ごしています…。
          特別、クリスマスっぽい料理を食べることもなく、
          普通にご飯を食べて、録画してあったものを見たり、
          私はギターを弾いてみたり、
          「ぷかぷか」でいつもお世話になった、スタッフの方へのプレゼントにと、
          ネックレスを作ってみたり…。
          茶戌は茶戌で、ぷかぷかでのクリスマスライヴを録画したものを編集していたり…。

          淡々と、12月24日が過ぎていきます。
          外は、雪が降って、とても静かな夜…。


          雪が降ると、いつもここに書くことですが、
          雪の夜は、本当に静か。

          時には、外の様子が見えてなくても、
          その静けさで、「もしかして…」と、外を見ると、雪が降っている、ということもあるほど。


          今年は、行きつけのフォーク酒場のイベントで、チョコチョコと、人前で何か「ネタ」を演奏しなければならないことがあって、そのたびに、何をやろうか考えて、という感じでした。
          そして、ひとつイベントが終わるたびに、「好きだったけど、もうしばらくは演奏したくない」曲が増えて行ったのも事実。

          そして、ひとつイベントが終わるたびに、
          本当に私がやりたいのは、どんな曲なんだろう、どんな音楽なんだろう、と、考え込んでしまったのも事実。

          12月も、”Blues Night”でBluesを歌い、クリスマスパーティーで「サイレント・イヴ」をやりました。
          そして、今は、それらはもう、しばらくやりたくなくなってる…。

          そんなの、おかしいんじゃないかな、私は本当に、ギターなり、歌が好きなんだろうか、とさえ考える。


          でも、今日、久しぶりに こうせつさんの曲を少し、聴いてみたら、
          私は正やんのファンで、そんなにこうせつさんを聴きこんだ覚えもないのに、
          いろんな曲が、スラスラと、口を突いて出る自分がいました。
          ギターさえ、気持ちよく弾いてたりした。

          そうして、
          そうだ、いつも、こんな、雪の降る静かな夜には、
          中学時代の曲に還っていたな、と思いだす…。

          結局、私が1番好きなもののひとつに、確実に中学時代の曲たちがあるんだ、と、
          今更、認識する。

          でも、なぜか、人前で、その頃の曲を演奏することがあまりなかった…。

          あの頃の曲は、いつでも、譜面もなくても出来る、と思っていたけれど、
          いざ、やってみると、あまりに長い間やらなかったことで、
          もう、歌詞もコードも、指の動きも忘れていたり、出来なくなっていたり。

          そんな時、しみじみと、いったい自分は何をやっているんだろう、と思うのです。

          出来ないことを
          新しいことを 追うことばかりで
          本当に自分の心が休める場所を、自分から離れて行っているのかな、って…。


          私が1番休める場所である「ぷかぷか」は、12月28日を最後に、
          新しい場所に移転します。

          何が変わるわけでもないのだろうけど、
          私自身、その節目を利用して、
          少し、変わりたいな、
          …なんて、今、思っています。


          本当に、幸せな気分でギターを弾いて歌える自分であるように
          周りの声に惑わされることなく
          楽しく 幸せに ギターを弾いていたい…。


          周りがひいてしまうような暗い曲も
          あまりみんなに人気がないようなアーティストの曲も

          とにかく、自分が幸せに演奏できる曲をやろう…。


          こんな話、誰に話してもたぶん、
          「そんなの当たり前じゃないか」っていわれるようなこと。
          でも、何度もそう考えながら、
          これまで、それが出来ずにいた私なのです…。


          雪が降る静かな夜が
          こんなことを 私に考えさせてくれた…。


          今日は、その、懐かしい1曲をチョイスしました。



          …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


          ←いつもありがとうございます。
           よろしければクリックお願いいたします。


                          こんな静かな夜 → 


          JUGEMテーマ:音楽
          JUGEMテーマ:70年代・80年代
          0
            | 南こうせつ | 01:55 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
            ○●○  旅立つ想い:南こうせつ  ○●○
            旅立つ想い本日は晴天なり。全国ほとんどのところがいいお天気だったようです。
            私は春先に、京都に行くのが大好きです。
            北野の梅、衣笠の等持院の椿、もう、梅は終わってしまったでしょうから、
            せめて、等持院の椿が人が手で並べたかのように落ちている、あの庭を見に行かなければ…。そう思うと、こんなにいいお天気の今日しかない!そう思っていてもたってもいられなくなりました。
            しかし、、、。
            ちんは部活があるし、夜は塾だから送り迎えしなきゃならない。
            それに、久しぶりの晴天で、そろそろ暖かくなったからと、ちんがごっそり洗濯場に出してきた、毛布などの洗濯だけでも、3回は洗濯機を回さないといけないだろう…。

            そんなわけで、京都行きは断念しました。ちなみに明日の天気は…と、一応見てみたけれど、明日は福井も京都も雨。ま、雨の中の椿も悪くはないけれど…。う〜ん。。。

            この3連休に入る頃に、電気屋さんのチラシが入って、3000円以上お買い上げで不要の電化製品なんでも500円で現金下取りします!ってあったのを茶犬が見つけ、
            我が家は映らなくなったTVを買いかえ、それに合わせてDVDレコーダーも買ったので、以前2台置いてあったビデオデッキが、部屋の片隅で処分待ちをしてました。
            オーブントースターも壊れて、だましだまし使っていましたが、この機会にそれも買い替えよう、どうせ1980円くらいだし、と。
            で、結局、京都ではなく地元の電気屋さんへ行くことになったわけです。

            電気屋さんでは現金下取りに加え、レシート3000円ごとに1回抽選もやっていて、当たればそのあたりに応じて現金バック。派手派手しく鐘を鳴らしながら、盛り上げていました。
            そうだ、今は、入学や就職で、新所帯になる人が多くて、電気屋さんやホームセンターは稼ぎ時なんだな、とそこで初めて気が付きました。なにせ、我が家はまだ今年は無縁なもので…。
            来年は、ちんの所帯道具を買いに来ないといけなくなるのか、
            それとも、結局自宅に残るのか…。
            ちんがいなくなったら、家の中がさぞかしすっきりしそうだな、
            でも、朝、茶犬が出て行った時点で私はフリーになってしまう、
            洗濯物も減るだろうし、
            どうせ体の不自由な私は、だからと言って活動を増やすこともできず、
            ただ、時間を持て余すのかな、
            …帰りの車の中で、いろんな思いが駆け巡りました。

            今日お届けする曲は、確か中学の頃の曲。
            「夏の少女」ではじけてから、4畳半フォークっぽさが少し抜けた曲が多くなった、
            そんなこうせつさんの、オールナイトニッポンやなんや、ある意味第2次盛期の曲です。
            ”人は帰るために旅をする”旅の好きな人からよく聞く、こんな言葉。
            帰ってこないだろうなとわかっていても、送り出すしかない旅立ちもありますね…。

            …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

            ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                               旅立つ想い → 


            JUGEMテーマ:音楽


            JUGEMテーマ:70年代・80年代


            0
              | 南こうせつ | 21:11 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark