◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< つゆのあとさき:さだまさし | main | 無縁坂:グレープ >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  消息:松任谷由実  ○●○
    Pearl Pierce 最近は、卒業式にもPopsを合唱する学校が増えたようで。
    私たち世代は、卒業と言えば、「なごり雪」が必ずあげられます。
    だいたい、私のように地方の者にとって、帰省するということにはJR(もっというと国鉄、電車なのですがなぜか「汽車」といってしまう)が、イメージとして切り離せない。
    当然、別れの場所はホームとか、改札口、ということになるのです。

    「なごり雪」は、男性目線の歌詞ですが、今日は、女性目線の曲を。
    この曲は、ユーミンの「PEARL PIERCE」に収録されていて、別に卒業には全く関係はありません。
    でも、電車のホームでの別れを歌っています。
    「呼べずに呼べずに風が来て」
    「私の背中を発車の笛が押した」…。
    列車の到着を、「風」と表現しているのが、リアルだなぁと思います。
    ふわっと、風が来ますよね…。

    あなたには、消息を知りたい人がいますか?
    誰でもひとりは、消息を知りたい人がいるでしょうね…。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                      消息 → 
    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | 松任谷由実 | 23:19 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 23:19 | - | - |- pookmark
        汽車←言いますよ!
        娘たちには「汽車ポッポかよ」って笑われるけど。。
        列車の扉のガラス越しの別れ・・ドラマですよね〜!歌ですよね〜!
        今の子はドライブデートが主流なので「テールランプ五回点滅」の方がわかりやすいし
        別れの場面だって・・携帯電話が小道具として、かなりの確率で入ってくるんじゃないかな。。
        歌は世につれ・・ですね。
        あ、つゆのあとさき 聴いてから帰りますね。。ハンカチの用意してト。。
        | ありんこbatan | 2008/03/06 6:25 AM |

        ありんこさん
        おはようございます!
        さだまさしさん、私は大好きなのですが、
        好き嫌いが分かれる人のようで…。
        (ちなみに茶犬はダメなんです)
        だから、こんなに喜んでいただけると、ホントに嬉しい。
        これからも、さださんはチョコチョコアップするつもりです。ま、「つゆのあとさき」が、たまたま、ありんこさんにとっての思い出の曲だっただけかもしれないけど…。
        Viva!自分勝手! なんで(笑)。
        | よぴち | 2008/03/06 6:58 AM |
        つゆのあとさき
        もすきだけど、
        パールピアスのこの歌は記憶がないな、
        ユーミンもフォークのひとだったしね、
        いい歌をいつもありがとう。
        | 長七 | 2008/03/06 9:35 PM |

        長七さん
        この曲は、パールピアスA面の4曲目で、あまり目立たなかったんですよね。
        やっぱりあのアルバムは、「真珠のピアス」がメインだし。
        あまり目立たなかったユーミンの曲で、好きなものいっぱいあるんです。ぼちぼち紹介したいと思っています。
        | よぴち | 2008/03/06 11:01 PM |
        あぁぁぁ。。。なんて懐かしい。。。
        「パールピアス」大好きなアルバムですよ。
        そしてあたしは「真珠のピアス」の歌詞と
        同じことをしたことがあるのであった。。。。
        うぅぅぅぅ。。。><
        だって、「せめてもの復讐」だもの。
        女って怖い?あはは^^;

        ユーミンの歌詞は、本当に魅力的ですね。
        「呼べずに呼べずに風が来て」の歌詞は
        あたしも当時「ほぉぉぉ。。。」と思ったものです。
        | IKUKO | 2008/03/08 8:39 PM |

        IKUKOさん
        ユーミンは、やっぱり私たち世代の青春を語るに外せないですよね。
        曲もいいうえに、描写がリアルに感じられて…。
        「ゆるいカーヴであなたに倒れてみたら
         何も言わずに横顔で笑って」
        とかね。
        ユーミンは、みんなが「またかい!」と思うほど、まだまだあっぷしますからねン♪
        | よぴち | 2008/03/08 8:59 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/102