◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 無縁坂:グレープ | main | 追憶:沢田研二 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  土曜日の女:シド  ○●○
    憐哀 今日は県立校の入試。1年前は我が家もすったもんだしてたんだな、としみじみ…。
    今日は、暖かい日でした。去年は、福井はホントに雪が少なくて、よかったよかったと言ってたのに、ちゃっかり入試の日は雪が降って、「ちぇっ!結局、1番いやな"朝の車の雪下ろし"かい!」と思ったのを思い出します。

    ちんは、私たち親に似て、音楽はとっても好きですが、好みは私のようにフォーク・アコースティックではなく、なんと!私には想像もつかない(だって、それって音楽で選んでる?って言いたくなる)「ビジュアル系」派なのです。
    ちんの好きなのは、ビジュアル系ではないバンドもありますが、総じて「ハードロック」ですね。私とはちょっと違うようで、その辺の話になると、茶犬と話が合うようです。

    で、ちんの好きなバンドに「シド」というのがあるのですが、これが、とっても聴きやすい、歌謡曲路線をよくやってくれるのです。
    見た目は完全にイマドキの男の子たち。ヴォーカルもイマドキの歌い方。
    でも、彼らが作る曲は、「昭和歌謡」なんです。
    その中で、今日は、「土曜日の女」(←もうすでにタイトルから昭和歌謡してるでしょ♪)をお届けします。この曲は、「憐哀」というアルバムに入っています。

    昭和の女である私には、とってもなじみやすいメロディー。間奏でコーラスが入っているのも昭和ですが、ここで、セリフが入ったらもっと昭和、って思うくらい。"1度でいいから日曜朝のモーニングコーヒーを、あなたと飲みたい"とかなんとか(笑)。

    音階の1オクターヴが13音、普通の人の歌う範囲はせいぜいで2オクターブくらいだとすれば、26音の組み合わせ、それにリズム、そりゃ、順列で計算すればそれなりの数かもしれませんが、やっぱり生まれて、人に親しまれるメロディーにはある程度限りがあるのかもしれません。
    だからこそ、歌謡曲は、素晴らしいと思うのです。
    なじみやすいメロディーで、歌いやすい歌詞。
    なのにきちんと心に響いてくる。
    素晴らしい!

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。




                                  土曜日の女 → 
    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:昭和歌謡・歌謡曲

    0
      | シド | 22:07 | comments(4) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 22:07 | - | - |- pookmark
        そう思う。
        昭和歌謡はおくが深い、
        いまは、浅い。
        時代ですね
        | 長七 | 2008/03/10 11:17 PM |

        長七さん
        日本は高度経済成長で、すっかり大量生産・大量消費の癖がついちゃったんですね。
        直して使うより買った方が安いものがどれだけあることか。
        後進国の通貨価値が上がれば、今にどうせ終わりが来ると思いますが、その時、私も含め、今の日本人は耐えられるのか…?
        音楽も同じです。発売日から1週間ほどでパッと売れて、とりあえず売上枚数の数字は高い。でも少し経てばすぐに忘れられる。
        ずっと残る曲、というのが少なくなっているのです。
        デジタル化して、保存に強くなっているにもかかわらず。
        やっぱり曲というのは、メディアでなく、人を介して残って行くものなんですね。
        | よぴち | 2008/03/10 11:48 PM |
        え?どんなんだろ・・興味津々☆
        あ〜っホントだ〜!
        これをイマドキの男の子が歌ってるなんて・・おっもしろいね〜。。
        御両親とかの影響なのかなぁ。。
        やっぱり、いい歌はいい!ってことなんでしょうねぇ。
        昔よく聴いてた曲を何年かぶりに聴いても、ちっとも色あせてない・・それが名曲なんですね。
        また、思い出を添わせながら新しい気持ちで聴けたりすることもあります。
        子どもの頃、親がテレビで「なつかしのメロディ」なんて観てると
        おもしろくないな〜なんて思ってたけど・・今は気持ちがわかるようになりました。
        | ありんこbatan | 2008/03/11 6:29 AM |

        ありんこさん
        その、「懐かしのメロディー」、親が観るだけで自分は観てないようで観てたんですね、古い曲も、それなりに覚えちゃってるから不思議。
        今は、懐かし番組大好きです。下に、大きな文字で歌詞が出てくれるともっとよい。
        歌いまくって、大変なことになります(笑)。
        | よぴち | 2008/03/11 8:21 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/104