◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 追憶:沢田研二 | main | タクシードライバー:中島みゆき >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  ALONE AGAIN : 杉山清貴&オメガトライブ  ○●○
    Aqua City 雨です。
    春の雨、寒さを感じない、やさしい雨です。
    私は今頃になって茶犬が貰って来た風邪が長引いてる上に、昨日の病院受診での結果に少しへこんでいますが、ま、春だから。
    なんかいいことあるかな。そう思えてしまう(←単純バカ)。

    今日は、杉山清貴さんの「ALONE AGAIN」を。杉山清貴&オメガトライブのファーストアルバム「Aqua City」のラストに収録されています。
    ALONE AGAINといえば、ギルバート・オサリバンの曲しか思い浮かばなかったけれど、そういえばこんなのもあった、と思いまして…。
    杉山さん、80年代がリアル青春だった私にとって、大学時代を語るに外せない人です。
    夏、というイメージもありますが、とにかくドライヴが好きな私には、杉山さんと言うと、ドライヴィング・BGMなのです。
    好きな曲を聴きながら、海岸線を走っているときが1番幸せだった。
    1コマでも休講ができると、そのわずかな合間を縫ってドライヴに行ってしまってた。
    当時、乗ってた車はディーゼル車だったので、燃費がよかったのです。

    今日は、元気なんだけど、どうしてか涙もろい。
    ありんこさんが、「あのひとは どうしてるかな」と書いていた。
    そう思う人が、今日夢に出てきた。
    やっぱりあの頃と同じように、「なあんだ、おじさんになっちゃって〜」と、
    茶化している自分が夢の中にいた。

    年賀状のやり取りをしていたけれど、やっぱり茶犬は、あんまり平然とした気分にはなれないかもな、と思って、3年ほど前から出すのをやめました。
    今年もまた、来たけれど、返事は出さなかった。
    きっと、来年はもう、来ないでしょう。

    そういえば、中島みゆきさんの「タクシードライバー」の中に

    「忘れたつもりの あの歌が口をつく
     あいつも あたしも 好きだった アローン・アゲイン」

    という一節がありますね。勿論、オサリバンのでしょうけど。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                   ALONE AGAIN → 

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | 杉山清貴&オメガトライブ | 18:47 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 18:47 | - | - |- pookmark
        懐かし〜い
        このアルバム、妹が買ってきてよく聴いていました。杉山さんの声、きれいですよね。いかにも女性好みな。
        でも、声でいったら、カルロス・トシキの哀愁ある声のほうが私好みだったりします。
        | ちぃ | 2008/03/14 11:55 PM |

        ちぃさん
        カルロス・トシキがボーカルだった曲でSuper Chanceも、アップしたいと思っていたので、今日は迷いました。
        あの頃は、どこが良くてこの人を使ったのかな、と思ってましたが、今、しみじみと聴くと、個性的でいいボーカルだと思うのです。
        Super Chance には、ある思い出があって、それで今でも曲を聴くと、懐かしい思い出がよみがえるのです。
        | よぴち | 2008/03/15 1:04 AM |
        まあ、思い出だからいいとおもうよ、
        あんまり気にせず、自分のおもいに正直に
        やればいいとおもう。
        楽てんのめんてで
        深夜ブログ便できない!
        | 長七 | 2008/03/15 2:35 AM |
        わぉ!ワタスの駄文を読んでくださったことだけでウレシイのに
        よぴちさんの心にひっかかる言葉があったなんて・・。。

        この「ALONE AGAIN」は初めて聴くんですけど
        イッパツでワタスを泣かせた。。しょ〜がねぇなぁ。。
        思い出が、波のように寄せてきたんだもん。
        好きだった人・・風のたよりを聞くだけで胸がキュンとする。
        今でも好き、とか 会いたい、とかでなく
        あの時の好きだった気持ちに、胸がときめくのかなぁ。。

        よぴちさんは、茶犬さんの気持ちを考えてあげられるやさしい人なんですねぇ。。
        うちの夫は全く無神経なので
        昔好きだった人の話なんかべらべら喋るし、昔のカノジョさんから貰ったものなんかも捨てずに持ってる。埃かぶってるけど・・。
        ワタスもべ〜つに怒れたりはしない・・あきれるだけ。。

        年賀状は・・夫にくるのは殆ど仕事関係なんだけど、ワタスの場合は昔の友人ばっかりで
        その中には夫の知らない男友達のものもあります。
        本当にいい友だちだった・・なんでも相談できた。
        お互いの恋愛の悩みも打ち明け合った。
        失恋した時の長電話にも付き合った。
        今でも同じように付き合っていたいけど・・やっぱり、自粛してしまうね。
        その人への年賀状は、自分からは出さない。
        向こうから来るのはお子さんの写真つきのもので、宛名は奥さんの手書き。
        本人のひとことが書いてあったりなかったり。
        来たら返事は出すけれど、いつまで続くかな。。
        | ありんこbatan | 2008/03/15 6:07 AM |

        長七さん
        そうなんです、朝イチで長七さんのとこに行こうとしたら、メンテナンス中って…。残念でした。
        | よぴち | 2008/03/15 7:30 AM |

        ありんこさん
        ただの男友達は、何人かは来るし、茶犬とも笑って話しているのですが、その人だけは、ちょっといろいろあったんで…。茶犬とは、高2の時からのお付き合いだから、お互いの成長(老化を含む)を全て知っているので。
        他の人の話は、お互い馬鹿にし合いながら、ちんにまで聞かせていますけどね(笑)。
        | よぴち | 2008/03/15 7:39 AM |


        今長々と書き込みまして、送信前にコメントチェックをちょっと直そうと、戻るポッチしたらなんと驚きました、真っ白に消えてしまいました。こういう環境でしたんですね?
        二度書けないので止めました。申し訳ないです。

        ひとつだけ、ギルバート・オサリバンて「夢のカリフォルニア」を歌ってた歌手かな?


        | key-san | 2008/03/15 8:08 AM |

        Key-san
        夢のカリフォルニア(California Dream'n)は、ママス&パパスだと思います。あのギターのイントロも好きですが。
        オサリバンも歌っていたのかもしれません。
        オサリバンでほかに有名なのは、「CLAIR」という曲。
        これは、私が学生時代、客受けじゃなくてホントに自分がやりたいものをやるバンドで、コピーしました。
        | よぴち | 2008/03/16 12:51 AM |
        私の記憶は全然違っていました!
        見当はずれも甚だしく、お恥ずかしい限りでした。
        ギルバート・オサリバンとアルバート・ハモンド
        “バート”だけおんなじでした。
        更に「カリフォルニアの青い空」を唄っているアルバート・ハモンドという名前は知らないのでした。
        曲だけ頭の中に残っており、ギルバート・オサリバンを見て早合点でした。
        YouTubeで解決できたのでした。
        お騒がわせいたしました。

        albert Hammond - It Never Rains In Southern California
        | key-san | 2008/03/16 5:05 PM |

        Key-san
        「カリフォルニアのの青い空」
        ああ、久しぶりに聞いた。
        私もカセットテープに入ってます。
        ホントにカリフォルニアのさわやかな青い空を思わせますよね。
        | よぴち | 2008/03/16 10:49 PM |
        違う苗字で来る年賀状

        いつか絶えてしまったっけ

        そんな人と去年の秋

        20年振りに会って

        まるで昨日「またね」って言ったような

        そんな気持ちでした

        多分もう2度と会うことはない
        | chabo48 | 2008/03/17 2:40 AM |

        Chaboさん
        私は正直、会いたくないと思ってる。
        話すことは何もないようで、でも、5分や10分ではとても足りないくらいありそうで。
        元気ですか、ああ、それはよかった。
        …程度の会話なら、わざわざ齢とって「とど」みたいになって、顔色もくすんで、すっかりおばさんになった自分をさらけだすだけの価値がない。
        Chaboさんの記憶の中の、「その方」の姿は変わりましたか?
        | よぴち | 2008/03/17 8:06 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/106