◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 傷心:浜田省吾 | main | 住所録:さだまさし >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  花紀行:荒井由実  ○●○
    コバルト・アワー福井も、いよいよ春めいてきました。
    昨日、今日と雨降りでしたが、やさしい雨。
    今日は、少し冷たい風が吹いて、昨日よりは寒い1日でした。
    ちんの部活の送り迎えで、車に乗った時、フロント・ガラスが黄砂で汚れていました。

    こうして、三寒四温を繰り返して、ゆっくりと、しかし着実に、季節がめぐって行きます。早い種の桜は、もう咲いているものもあるようです。
    福井のソメイヨシノの開花予想は、確か4月6日だったように思いますが、なんだかそれも、早くなったり。

    今日お届けする「花紀行」は、ユーミンの初期のアルバム「コバルト・アワー」に収録されています。このアルバムでは、なんといっても「卒業写真」が有名で、あとは、「航海日誌」とか、「少しだけ片想い」とか。
    「花紀行」は、それらに隠れた地味な曲ですが、日本人なら「花」といえば「桜」。
    「桜」と言う言葉は歌詞にはありませんが、肩に降り積もる花びらは、桜だとしか想像できません。

    花びらが、肩に降り積もるほど散った中を歩いてみたい。
    時折ハラハラと、という程度しか経験したことがない。
    なんだか、人生の大舞台の花道を歩くようで、きっと、素敵なんだろうな…。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                     花紀行 → 


    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | 荒井由実 | 18:37 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 18:37 | - | - |- pookmark


        ユーミンこのアルバムまで聴いていました。
        けど今よぴちさんが紹介していた曲が入っていたとはもう忘れていました。
        「ルージの伝言」「チャイニーズ・スープ」って入ってましたでしょうか?
        もしそうだとすれば?その曲だけ覚えているのでした?


        | key-san | 2008/03/20 8:58 PM |

        Key-san
        うん、うん、入ってますよ〜。
        このあたりのユーミンは、本当に、「他と違った」新しさを感じさせましたよね(←押し付け表現、笑)。
        | よぴち | 2008/03/20 9:30 PM |

        この曲に、こんなタイトルがあったんですね。
        こきなんです。これ。

        ユーミンさんは、
        友人がラジカセでながすのを耳おぼえしたくらいで、ちゃんとしたタイトルを知りません。
        紙ヒコーキとか、
        はるじおんひめじおんとか、
        晩夏とか、
        瞳をとじてとか、
        翳りゆく部屋とか、が好きです。
        ギター1本の伴奏でも聴ける感じの曲はよいのですが、
        電子楽器風なのは、ちょっとぉ、ちょっとちょっと。なのです。

        「花紀行」ですね。カッチリめもしました。
        ありがとさんです。

        あさすみなさい。


        | あさがお | 2008/03/21 12:14 AM |

        あさ・がおさん
        この曲の頃は、まだ正隆さんアレンジではなかったんだと思いますが、ユーミンの曲は総じてキーボードがメインですね。ギター1本で雰囲気を出すのは難しい曲が多い。
        その中で、「ハルジョオン・ヒメジョオン」とか、「リンゴのにおいと風の国」などは、ギターメインなんです。
        あと、「あの日に帰りたい」も、小野リサさんがギターでボサノヴァタッチにアレンジしたのがあります。
        いつか、アップしますね。「ハルジョオン…」は、以前採りあげたので、よろしければ、どうぞ。
        | よぴち | 2008/03/21 7:24 AM |
        そうですね・・あんなに寒かった冬を送って、春を迎えていますね。
        もう・・多少、風が冷たく感じられても
        春に向かっていることを確信できるから、ほほえんでいられます。

        「さくら」を、曲タイトルや歌詞にもってきてる歌は・・「雪」と同じくらいはあるんじゃないかな。
        でも、ユーミンはさすがですね。
        ことばにしなくても、ちゃんと「さくら」をイメージさせてる。
        よぴちさんもさすがだ〜!
        地味な名曲を聴かせてくれるもん。感謝☆ 

        | ありんこbatan | 2008/03/21 8:56 AM |
        相変わらずココログのブログではコメントの返事がアップされません。もうそろそろプロバイダー変えようかとも思っています。
        福井も春めいてきたようですね。大本山永平寺には今年も100人近い新到(修行僧)さんが上山したと思います。これから厳しい修行をして、りっぱなお坊さんになってくれると思います。
        お互い適度な運動をして健康体を取り戻しましょう〜
        | sige | 2008/03/21 12:39 PM |

        ありんこさん
        うん、春が来てるのを実感すると、少しくらい寒くても気になりませんね。
        そろそろ、冬物のコートや綿入りのジャケットを着るのがためらわれて、少しくらい寒くても、中を厚着してスプリングコートにしています。
        私はあんまり外に出ないため、クリーニングは大事なスーツとかだけ。
        後は、いよいよ暖かい日が続く頃に、ホームクリーニングです。また、その時期が来たなぁ(痛)。
        | よぴち | 2008/03/21 5:09 PM |

        Sigeさん
        永平寺は、禅宗だから修行も厳しいと思いますが、たくさん修行僧がおられます。永平寺の最寄りのショッピングセンターなどで、頭を青々と刈り上げた修行僧の方たちが買い物をしているのを、見かけますよ。
        見かけは、イマドキの格好をしているので、「修行僧といえども、フツーの若者なんだ」と思うと、尚更に、修行していることがエライな、と思えてきます。
        少しずつ、体も軽くなってきています。
        もうすぐ、春だし、頑張りましょうね。
        | よぴち | 2008/03/21 5:13 PM |
        そのまま

        消えてしまえるのなら

        花吹雪にまかれるのもいいかな
        | chabo48 | 2008/03/24 11:29 PM |

        JRの「soda 京都へいこう」のTVCMでも、
        肩にのっていた桜の花びらがウンヌンカンヌン。
        ゆーみん世代のコピーライターさんなのかなぁ。
        よぴさんも、一度、チェックしてみてください。

        字面が四角くて、ちょっと、きゅうくつ。

        | あさがお | 2008/03/25 1:00 AM |

        Chaboさん
        西行法師は桜が好きで、桜の下で死なむと歌っていますね。
        そして、そのとおりに逝くことができたそうです。
        Chaboさん、私はまだ消えたくないよ。現世に未練たらたらだよ〜。
        がんばろ。
        | よぴち | 2008/03/25 7:18 AM |

        あさ・がおさん
        最近の曲では、コブクロの「蕾」に、若干、歌われているんですよね。どっちかというと、その影響かも。
        | よぴち | 2008/03/25 7:19 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/109