◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 遍路:中島みゆき | main | エアーレッギーとラ・ヴィアン・ローズ:小野リサ >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  最後の言い訳:徳永英明  ○●○
    徳永英明>今日、私の大好きな「僕らの音楽」のゲストが徳永英明さんでした。最近は、徳永さんはすっかり女性の曲のトリビュートアルバムがヒットして、なんだか、そういう、ボーカリストとして知られるようになりました。でも、番組のラストは、「最後の言い訳」で締めてくれて、とてもうれしかった。私が、彼の曲の中で1、2を争う、好きな曲だから。
    この曲の発表当時、私は青春真っ只中。歌詞といい、曲といい、80年代初期の象徴的な曲でした。あわせて、この曲を聴くと大沢誉志幸さんの「そして僕は途方にくれる」を思い出すほど。
    でも、最近はそれに加えて、ある理由で、涙で最後まで歌えなくなりました。
    それは、娘のちんが、ジャニーズのV6の大ファンだったことにあります。V6のコンサートで、メンバーの森田剛さんが、この曲をソロで歌ったらしいのです。だから、この曲を聴くと、ちんのV6に会いたい、V6のものが欲しい、という気持ちに振り回されながら、年末の凍る名神高速を、吹雪で前もよく見えない中でトラックと格闘しながら夜中に走ったことや、はじめて大阪へV6のコンサートに行ったときの、ホテルでのちんの、その日買った「V6の写真集]を枕元におきながら疲れて眠っている顔の、幸せそうな姿など、いろんなことが思い出されてしまうのです。
    発病後も、まだ元気があった頃は、仕事や学位取得に追われて、家族のことだけを最優先に考えてきたか疑問でした。ようやく、家族のための自分でありたいと思うようになった今は、昔のようには体が動かない。少なくとも今は、夜中に長距離を走る自信はありません。買い物に行っても、歩き回れないし。
    結婚していないとか、していても子供がいなくてバリバリと仕事をやっていけてる仲間たちをうらやましく思っていました。それに比べ私は、仕事をしていても、「ご飯食べたかな、お風呂入ったかな、もう寝たかな、ああ、今日は天気がいいから布団干したかったな、今晩のメニューは何にしようかな…」などと、仕事以外のことも考えないといけない。
    「私には結婚は、むいてなかったのかな」と思った時期さえありました。
    でも、今思えば、ちんのおかげで私たち夫婦は、いつも、行動の目的をもらっていたんだなと思います。練習事をさせるのも、練習に送り出したり迎えにいったり、成果を発表するときの準備も大変でした。いつも振り回されていた。そして、ちんがいなかったら出来なかっただろう、忙しくて楽しい経験をいっぱいさせてもらいました。
    また、必ず身体的に復活するぞ、と希望を持って過ごしたい。
    今は、「最後の言い訳」を聞くと、最後にはこんな思いに至れる曲になっています。
                                 視聴はこちらです→


                      
    0
      | 徳永英明 | 01:02 | comments(3) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 01:02 | - | - |- pookmark
        さっそく☆聴かせて頂きました。
        曲って思い出をズルズル引っ張り出してきてくれる魔法使いだね。
        聴いてると・・鼻がズルズルしてくるよ〜(きったねぇ〜なぁ・・ゴメン!)
        ちんチャン幸せだね。ワタスも娘の好きなアーティストのライブとか連れてってやるべかな・・と思うんだけどナカナカ・・。
        もう、ワタスがしゃしゃり出なくても頼りになるカレがついてるから後はまかせたよ!

        >必ず身体的に復活するぞ、と希望を持って過ごしたい。<
        そうだ! やすみやすみ・・無理しないで!

        | ありんこbatan | 2007/10/21 4:29 AM |

        ありんこさん、いつもありがとう。
        いつも、お昼は比較的調子が良くて、気分もいいのだ。
        今も、絶好調ですよ!
        昨日は手の調子がよかったので、ギター弾きまくったせいもあるかな。
        さ、またギター弾こうかな。
        | よぴち | 2007/10/21 1:17 PM |


        なるほど徳永さん熱唱してましたね!
        この曲がちんさんとの絆にもなってるんだね。
        自分をあまり責めないでください。
        ギター俺も弾こうかな?


        | key-san | 2007/10/21 9:31 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/11