◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< You Are So Beautiful : 綾戸智恵 | main | 情けない週末:佐野元春 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  夕陽を追いかけて:チューリップ  ○●○
    夕日桑田投手が引退表明しました。
    清原選手のコメントを観た時、私もグッと来るものがありました。
    18歳の桑田投手に、周囲の大人の動きを封じるほどの見識がなかったのは想像に難くありません。
    故に私は、桑田投手を悪く思ったことはないのです。
    読売巨人軍のやり方は嫌いですが。
    しかし、清原青年は、どうしてもジャイアンツのユニフォームが着たかった。
    桑田投手を憎んだ時期が、もしあったとしても、それは仕方がありません。

    ”桑田がいたから、俺はここまでやってこれた。まだ、気持ちの整理がつきません。”

    私も、仕事上のライバルがいました。
    私の若い時の、あれほど仕事に一生懸命だった時期は、
    その人に引っ張られ、その人の上をいくべく、頑張ったようなものでした。
    しょっちゅう、情報交換をしていた。そのときに、その人よりもすごい情報を持っていたかった。
    現場経験を積みたかった。その人の方が、確実にそれは勝っていたから。
    2人で福井の中心になろうと、本気で思っていました。
    これから、どんどん下の世代を育てていくために、自分たちがプロ中のプロになるために、寸暇を惜しんで勉強したし、休日には県外へでも研修や見学に行きました。
    もちろん、その人には私を引っ張った覚えなんかないと思うし、その人にとっては私など、ライバルであったかどうかも疑わしい。
    ただ、私には、自分の直接の指導教授が2人(正確には、途中で教授が変わったので3人)いますが、そのうちの1人はその人とも交流がありました。
    ある時、その教授が、「その人が、私のことをライバルだと感じて頑張っている」とおっしゃっていました。

    私が病に倒れ、諦めなくてはならなくても、諦められなかった理由のひとつに、
    その人の存在があることは、間違いない。

    でも、ある時、その人は、業界や組織にあきれて、全く別の世界の人になってしまいました。私の心の中で、なにか大きな屋台骨のようなものが、なくなって行くのを感じました。

    そして、今はその人は市議会議員になりました。私は、住んでいる自治体が違うので、選挙権はないのですが、立候補する直前に、わざわざ私の所に会いに来てくれました。
    よろしく頼む、と。
    私は、心の底から応援しようと思いました。
    ずっと、私を引っ張ってくれていたその人に、できる限りの恩返しをしたいと思いました。

    追いかけるのが好きなのかなぁ、私は。
    少なくとも、追いかけられるのは嫌みたいだ。
    恋も、追いかけている時がいい、自分勝手な人間。

    今日は、チューリップの「夕陽を追いかけて」をお届けします。

    追いかけて 追いかけて
    それでも僕は 追いかけていく…

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                夕陽を追いかけて → 

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | チューリップ | 17:06 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 17:06 | - | - |- pookmark
        いいお話でした。
        人は・・何かに一生懸命になっている時、本当にイキイキと輝いていて
        ただ見ているだけで嬉しくなります。
        そんな風にお仕事できてた、よぴちさんがうらやましい。
        ライバルさんとは素晴らしい出会いだったんですね。

        恋は、追いかけている時がいい・・でも振り向いてもほしい
        ワタスの方が自分勝手だ!
        追いかけたり、追いかけられたり、ふたりとも立ちどまったり、
        やっぱり・・恋は、かけひきばかりのシーソーゲームかな。。
        | ありんこbatan | 2008/03/28 8:31 AM |

        ありんこさん
        そのかけひきが楽しいんだろうな、きっと。
        だからこそ、エネルギーが要るんですよね、恋は。
        今は、もう、ないんだ、そのエネルギーが。
        人間は、使い続けていないと退化するようにできている。
        結婚した時点(いや、正確には茶犬を選んだ時点)で、
        もう使わなくなっちゃったんですね、私の場合。
        恋はもう、遠い日の花火。

        でも、多くのご夫婦がそう感じているように、
        茶犬には、人生を戦っていく「戦友」としての
        うまく言えないけど、誰に対するものより強い「友情」を感じています。
        親友、それ以上。
        ちんにも、そういう感情を持ちそうになって、慌てて「親がそんなんでどうするの」って、自分で自分を戒めてる。
        やっぱり、ちんにとっては、私は友達ではなくて、「尊敬できる大人」でいないとな、って。
        子供に親を理解せよ、と求めるのは酷でしょう。私は自分がそうだっただけに、自分の子供には求めたくないのです。
        もちろん、それが完璧にできてない、ダメ親ですけどね。
        理想としては、そうなんだ、と思い続けてないと。
        これでいいや、と自分を許してしまったら"退化"しちゃう(笑)。
        | よぴち | 2008/03/28 9:40 AM |
        人生において、良きライバルになんて
        そうそう巡り会えるものではありません。
        よぴちさんは、いい出会いができて良かったね^^
        あたし、仕事上のライバルはいなかったけど、
        恋のライバルはもの凄く居た。(爆)
        ヒドイもんだよ〜。
        女って怖いからぁぁ。。。
        あ、そうだ。今度それを日記に書こうかな。
        (うそうそ。笑)
        あたしも「退化」しないように頑張ろう〜っと^^
        | *IKUKO* | 2008/03/29 10:58 AM |

        IKUKOさん
        そのライバルたちのおかげで、IKUKOさんも女磨きができたわけだ。
        今は、他人のライバルこそいないけれど、言うなれば「加齢」がライバルですな。
        このライバルは手ごわいし、一生つきまとってくるので、性根をすえて頑張らねば(鼻息フンフン!)。
        | よぴち | 2008/03/29 11:29 AM |
        ライバル!
        考えてみれば、ライバルとか、この人を追いかけて行こうとかいうのが、全くなかったなぁ。
        一人っ子やから、のんびりだったのか。
        競争心が全くといっていいほど無いので、自分を高めるという努力もしてこなかったのか?
        いや、そんな事は無い筈。私の場合、自分が闘う相手は、自分やったのかもしれません。

        | iku | 2008/03/31 9:59 AM |
        相変わらずココログの調子が悪く、返事が書けません。そのうちそのうちと思っているともう一ヶ月たっています。niftyはどうなっているんでしょう〜?
        ご訪問ありがとうございました。
        土曜日は最高のお花見日和で大勢の人々が、桜の木の下でシートを広げ、飲んだり食べたりしていました。
        ゆっくり砧公園から東宝スタジオまで約2時間の散歩でした。東宝スタジオでは「市川崑監督を送る会」が行われていてなんだか大勢の正装の方々がスタジオに入って行っていくのが見えました。
        よびちさんもう春です。お互い少しずつ春めいていきましょう〜
        | sige | 2008/03/31 4:03 PM |

        Ikuさん
        そうですね、とどのつまりは最大のライバルは自分かも。
        私も、ここに書いた人がライバルか、と問われると、難しいのです。ただ、目標にしたり戦ったりしていたんじゃなく、自分と戦うためのモチベーションと言うか、なにか「がんばるぞ」という気持ちをお互いに高め合う関係でもあったのです。だから、職場や業界の愚痴を言い合って、なぐさめあうことが多かったし、お互い相手に勝つために「内緒でぬけがけ」ということもなく、常に新しい情報を分け合ってたんですよね。
        Ikuさん、今日は、お父様、デイケアかな?
        自分時間も大切にしながら、愚痴もこぼさずに頑張ってる、いつも、エライな〜って思ってしまいます。
        | よぴち | 2008/03/31 11:45 PM |

        Sigeさん
        なんだか、2週間くらい前から急に、体が軽くなってきたんですよ。
        インターフェロンを減らした効果が少し出てきたようです。
        ちょうど季節も春。いいことある気がします。
        少しずつ、リハビリしつつ、頑張ります!
        | よぴち | 2008/03/31 11:47 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/112