◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 夕陽を追いかけて:チューリップ | main | ハナミズキ:徳永英明 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  情けない週末:佐野元春  ○●○
    Back to The Street3月31日。文字通り年度末。
    忙しい、とにかく忙しいです。
    私ごとも、仕事も。
    今日も、職場から帰宅したらもう8時を回ってました。へとへと。
    茶犬はもう帰宅していたので、さっそく一品ずつ作り、作ったものからつまみながらビールでも飲んでて、というかんじ。
    今日は注射も打たなくちゃいけないし、9時には、ちんをまた塾にお迎えに行かないといけないし。
    まあ、私ごとをはさみながら仕事ができると言うだけでも、恵まれてはいますが。

    週末もとにかく忙しく、ゆっくりと入浴する暇もなかった。
    こんな時に限って冷蔵庫壊れるし。
    新しい冷蔵庫を電気屋さんに見に行かなくちゃいけないし。
    その間にも、ちんの部活の送り迎え、塾の送り迎え。
    茶犬は土曜に飲みすぎて、日曜日はつらそうだったので、私が頑張らなくちゃ、だったし。

    今日は、佐野元春さんの「情けない週末」をお届けします。
    この曲は、私の青春時代の、ちょっと酸っぱい思い出もあるし、それ抜きにしても、楽曲としても大好きな曲。
    ただ、青春時代、まだ独身だった私には、いまひとつ「生活のうすのろ」と言う意味がつかみきれてませんでしたが。

    今は、生活のうすのろ、よ〜くわかりました。
    だから元春さんが、こう歌った意味も、実感できました。
    ギター1本で雰囲気を出すのが難しい曲ではあるのですが、それでも自分なりにアレンジして、今でもよく歌う曲の一つです。
    故に、ちんもよく知る曲です。ちんは、元春さんの中では「Night Life」や「彼女」、「バッド・ガール」などがいいと言ってますが。
    いずれ、ぼちぼち「バッド・ガール」なども、アップしたいと思っています。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                  情けない週末 → 

    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | 佐野元春 | 23:37 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 23:37 | - | - |- pookmark

        母娘で、語り合える音楽があるなんて、素敵ですね。

        この曲、よく聞きました。すきな曲です。
        でも・・・。
        テープに入っているのだけれど、あれ、見つかりません。
        「No Damage」のテープだったのかなぁ。
        近々に、さがさねば。
        (あれ、内容がカラッポなカキコミです・・・。)
        | あさがお | 2008/04/01 1:14 AM |
        お〜・・よぴちさん、お忙しいのね〜!
        バタバタと夕飯の支度するのはタイヘンよね〜。。
        ビールを飲みながら、ちょびっとづつやっててくれるのはいいのだけど
        自分も早くゆっくり食べたいよ〜って思いませんか?
        結構悲しく感じる時間だなぁ。。

        えっ、冷蔵庫壊れちゃったの?
        家電の中では、壊れて最も困るものだと思います!
        でも、真夏でなかったのが不幸中の幸いかな。。

        ちんちゃん、ホントにシブイ! 
        将来が楽しみね〜♪
        よぴちさんのギターが聴きたいって
        コックンちゃんチのコメント欄で、仲間が勝手に盛り上がってますよん☆ 
        | ありんこbatan | 2008/04/01 9:03 AM |
        大好きです、元春♪
        若いとき、ライブには かかさず行き、
        今、「吉井さぁ〜〜ん」と言っているのと同様、
        当時は「もとはるぅぅぅ〜」でした。笑
        過去日記に何度か元春書きました。^^
        「アンジェリーナ」を聴いて、それまで洋楽に傾倒していた
        あたしの顎が落ちました。
        「情けない週末」も大好きです。
        元春の歌詞は、たまにドキッとさせるものがあるよね。
        「生活といううすのろ」(確かこう歌っていたような)
        なんていう言葉が出てくるなんて、凄い!と当時思ったものです。
        あ〜、元春聴きたくなりました。笑
        | *IKUKO* | 2008/04/01 10:39 AM |

        あさ・がおさん
        私がアップしたのは、Back to The Streetです。
        でも、No Damageにも入ってた。
        あさ・がおさん、コメントに内容なんていらないですよ、私は、アップした曲を聴いて楽しんでくれたら、それが嬉しくてやってるので。
        別に足跡を残してくれなくてもいいのです、来てくれた方が曲を聴いて、それなりに思いを馳せて下されば。
        | よぴち | 2008/04/01 12:16 PM |

        ありんこさん
        そうなの。冷蔵庫壊れちゃったんです〜。
        っていうか、ちょっと前から、何となく冷えが足りないのを感じてはいたのです。
        でも、金曜日に大好きな「明治 スーパーカップ」(←アイス)を買っておいたやつを食べたら、いつもなら、最初は硬くてスプーンでたたきながら食べてるのに(←ワイルドすぎ)、ちょうど食べごろだったのです。硬めのシェイク、って感じ。
        製氷皿もどういうわけか水が少なくなっていて、氷もできておらず。
        冷蔵庫だけは、半日たりとも欠かすわけにいかず、しかも、本格的にもうダメだ、が、もっと暖かくなってからやってきたらホントにまずい。
        で、急いで電気屋に走ったのです。
        でも、搬入の際にはまた、前日から冷蔵庫ずらして掃除して、玄関からの搬入経路も掃除しないといけない、現在入ってるものを出しておかないといけない(搬入の際に古い冷蔵庫のリサイクル引き取りもしてもらうので)ことを思うと、ゾッとします。
        結婚以来ずっとこの冷蔵庫だったので、もう18年目。お疲れさまでした、と言ってあげたい。
        | よぴち | 2008/04/01 12:23 PM |

        IKUKOさん
        そっかぁ、IKUKOさんも元春さん、そこまで好きだったんだ。前にアップした時も、IKUKOさん、好きだったって言ってくれたけど、そこまでとは思わなかった。
        そうなんですよ、新しかったの、あの当時。
        音楽もまだまだお行儀がよかったあの時代、だるそうなヴォーカルと、ポップなメロディー、何もかも、新しく感じた。
        私が通ってた高校は、学校祭のテーマソングが、1年の時はARBの「ララの女」と、チャゲアスの「放浪人(たびびと)だったけど、2年の時も3年の時も、元春さんでした。2年の時は、「アンジェリーナ」で、3年は「ガラスのジェネレーション」、なんと卒業式にまでSOMEDAYを歌ってしまったよ。
        | よぴち | 2008/04/01 12:30 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/113