◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 情けない週末:佐野元春 | main | 空と海の輝きに向けて:荒井由実 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  ハナミズキ:徳永英明  ○●○
    徳永英明福井の桜も開花宣言。場所によっては、もう5分咲き、それ以上です。
    今週末、来週末は、一番の花見どころである「足羽川原」は、お花見の人でいっぱいになるでしょうね。

    春と言えば日本人は、やはり桜。
    外国の人も、なぜ日本人がこんなに桜にこだわり、熱狂するのか、
    きっと日本で桜を見れば、分かってくれるのではないかと思っています。
    いつも、ちんを塾に送り迎えする時に足羽川の堤防下を通るのですが、
    そこに、道の両側が桜並木、という場所があるのです。
    そこは、ちんが小さい時に、その下を通った時に「桜のトンネル!」と言ったことから、
    以降、我が家では「桜のトンネル」と呼んでいます。

    そういえば、小椋佳さんの曲で、「くぐりぬけたハナミズキ」という曲があったような。

    春でも、早い春なら、花水木。
    今日は、一青窈さんのハナミズキを徳永英明さんがカヴァーしたものをお届けします。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                   ハナミズキ → 

    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | 徳永英明 | 19:31 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 19:31 | - | - |- pookmark
        大好きな歌〜!
        一青窈さんの歌う姿も大好きです。
        娘の恋を応援してる母親の歌のような・・大好きなひとにいつまでも守ってもらいなさいって言ってるような。
        徳永英明さんのカヴァーしてるハナミズキは、母親でなくてもっと違うなにか・・でもあたたかく見守ってる景色は同じかな。。
        徳永さんの「ボーカリスト」・・ラジオでいろいろ聴くんですけど
        あっぱれ!素晴しい!
        曲の新しい魅力にビックリの連続です。ここまでスゴイ歌い手さんだとは思ってませんでした。
        | ありんこbatan | 2008/04/03 8:40 AM |

        ありんこさん
        なるほど、そういう解釈かぁ…。
        そう解釈すると、おさまるもんね。
        私は、この曲は、この曲の主人公は諦めたんだと思ってました。で、愛する人と、愛する人の愛する人が、ずっと幸せでいますように、と祈ってるんだ、って…。
        何事につけても、やっぱ私は考え方が暗いなぁ…。
        ありんこさん、前向きだなぁ…。
        そういう心の持ち方、大事なんだって、頭では分かってるつもりなんですが。
        私の場合、やっぱ根が暗いんだなぁ、きっと。
        | よぴち | 2008/04/03 11:40 AM |
        一青窈さんのハナミズキを最初に聴いて、やっぱり思い出したのは僕も「くぐりぬけた花水木」でした。と申しますか、僕は花に疎い殺風景な人間ですので、ハナミズキという花を初めて知ったのは小椋佳さんの歌からです。「道草」は名盤ですね。

         立ちすくむ人の心には押し花にした思い出が
         何故か君のことを 何故か君のことを考えてます…

        こうして、ハナミズキという花にはかつて好きだった人の追憶の象徴という姿がインプットされてしまっていたのです。僕には。

        横レスになって恐縮ですが、ありんこbatanさんがおっしゃられる解釈を読んで、僕もなるほどなあと思ってしまった次第です。僕もこの主人公は諦めた人だと思っていました。
        この歌は男性視点ですが、男なんてのは、自分がひとときでも好きになった人には絶対に幸せになって欲しいと願う気持ちをやっぱり持ったりするのです。それがどんな別れ方であったとしても。痩せ我慢も格好付けも入っているかもしれないですけど。そうして自分の中のダンディズムを完結させるんじゃないかと。
        だから「君と好きな人が百年続きますように」という言葉には万感の想いが込められているのだと勝手に解釈していました。ひととっちは女性なのにうまく男の心理を描くな、また男性である徳永さんが歌う方がこの歌は自然だな、と。
        でもねぇ、やっぱり僕も思いましたよ。ワシゃ根が暗いんだな、と(笑)。ありんこさんのコメントを見て思わず声を上げてしまいました。なるほど、と。

        足羽川の桜を一度だけ見たことがあります。とおりすがりだったのですが綺麗だった。今年も桜のトンネルは華やかに咲いてくれているのでしょうね。
        | 凛太郎 | 2008/04/03 10:34 PM |

        凛太郎さん
        うん。やっぱ私ら、暗いのね、根が(笑)。
        でも、格好つけるのは男の人だけの特権じゃなく、
        女もそうですよ。
        女の場合、「強がり」という表現を用いることが多いような気がしますが。

        くぐりぬけた花水木、ご存知の方がいて、嬉しいです。
        塚原将さんの詩が好きで、詩集も2冊持ってます。
        もちろん、小椋佳さんにあげた詞がほとんどですが。

        桜のトンネル、今日も通りました。
        そのトンネルから川を挟んだ足羽川堤防の桜並木も、まだ6分くらいの咲き方ですが、夜はライトアップされて幻想的でした。
        じきに、散ってしまう。
        それがあるから、日本人は、ずっと桜を愛し続けることができるんだろうな。
        永遠に手に入れたものは、飽きてしまう…、人の欲望は尽きることがないのでしょう。
        | よぴち | 2008/04/04 1:34 AM |

        自分は、ただの親友の目線なのだと、思っていました。
        「つぼみをあげよう」は、年上の方の目線なのかもしれません。
        「ぼくのがまん」「船が沈んじゃう」は、別居するお父さんの目線かも。
        「夏は暑すぎて」「母の日になれば、ミズキの葉、送ってください」は、病弱なお父(母)さんかもしれない。
        とか、考えていたら、泣けててきてしまいました。
        一青さんのお父さんは早くに亡くなられたはずでした。

        一青さんのとても女性らしいけど芯の通った声と、たおやかなメロディーで、かうれていたのかなぁ。

        父パートと、母パートを分けて
        結婚式で花嫁の母&父が歌う定番曲に聞こえてきました。
        一青&徳永、紅白でやってくれないかなぁ。

        (なんで一青さんのCDもってるのに、何度も聴いたのに、今頃、泣いてるんだか・)
        | あさがお | 2008/04/06 11:32 PM |
        さきほどは、めそめそセンチなあさがおでした。
        復活!
        よぴちさんのコメントのなかに、答えがありました。
        もう、泣かんぜょ。
        一青さんは「つよがり」までも、歌い込んでいたのだ!

        <<格好つけるのは男の人だけの特権じゃなく、女もそうですよ。女の場合、「強がり」という表現を用いることが多いような気がしますが。>>
        | あさがお | 2008/04/06 11:45 PM |

        あさ・がおさん
        一青さんは、この曲はNYの同時爆破テロを受けて、自分の好きな人の幸せを祈るだけでなく、そのまた好きな人の幸せを祈るような気持ちを、みんなが持てばこんな不幸はなくなるのに、と言う気持ちで書いたそうですが。
        私は、単純なので、当時、彼女にうわさされていた、戸籍上は一応、妻と言う人がいる人に恋愛をしている、ということから、そのことも含んで書き上げた詞のように思えたのです。つまり「僕」は一青さん。
        どのようにも解釈できるから、歌にも深みが出るのだと思いますが。音楽がコミュニケーション・ツールの一つであるとすれば、発信する側と受信する側双方に、自由があるわけですから。結果、それぞれが、その音楽によってそれぞれの思いで幸せにつながればいいなと思うのです。
        ちなみに、私は強がりばっかりの女です。
        かわいくない女なんですよ、男から見たら。
        自分でも思うくらいだから、相当なもんです。
        | よぴち | 2008/04/07 12:48 AM |

        この曲ではなかったですが、
        以前のNHKの番組で、
        一青さんが書いた歌詞が、
        スタッフさんからダメ出しされているのを見ました。

        一人の見方や意見だけでできているわけではない歌詞。
        聴く人、それぞれの位置での解釈があるわけですね。
        今日は、両親とちょいと激しいクチゲンカをしてしまいました。
        反発して、ものわかりのよい両親像を、歌詞にかさねていたのかもしれません。

        「もらい泣き」のイメージがあまりにも鮮烈だったので、一青さんは泣きのイメージをひきずっています。
        でも、あの歌ですら、なぜ泣いているのかは明らかではなく、失恋か、仕事のグチか、それすら漠然としていて、多面的な歌詞でした。

        ひきつづき、自分なりに課題として考えてゆきます。
        | あさがお | 2008/04/07 1:08 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/114