◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< ハナミズキ:徳永英明 | main | ダスティン・ホフマンになれなかったよ:大塚博堂 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  空と海の輝きに向けて:荒井由実  ○●○
    春空昨日、今日と福井は春爛漫。桜の開花も一気に速まり、お花見でどこも盛り上がっていました。
    あいにく、我が家は茶犬の従兄弟の結婚式と、茶犬のおじさんのお葬式、義父の納骨が重なり、京都だし、私は長い距離を歩いたり階段を上ったり、お寺で正座したりできないので、集団行動では迷惑をかけるだけ、ということで、ちんと二人でお留守番です。
    ちんも部活もあって、花見どころではなく、いつもと変わらない週末。
    でも、火曜日に運び込まれる予定の冷蔵庫を迎えるため、家は大掃除、フローリングの痛んだ所に敷く簡易カーペットや、いったん冷蔵庫内のものを収納するためのクーラーボックスなどの準備のため、昨日は実家に寄りました。
    その時、当然のことですが、妹も甥っ子を連れてきており(ま、彼女たちはいつもいるんです笑)、甥っ子と、ちんと3人でお散歩&ミニドライヴに行きました。
    そうしたら、実家は海まで車で10分ほどのところなのですが、その海のあたりの夕焼け空がピンク色でとてもきれいでした。
    甥っ子に、「お空がピンク色できれいだね、あのお空の所に海もあるよ」と言いつつ、1枚。甥っ子は言ってることの半分も分かってなかったと思いますが。
    妹夫婦はアウトドアライフが嫌いなので、多分、甥っ子は海にはまだデヴューしてないと思います。

    あまりの美しさに、頭の中をユーミンの「空と海の輝きに向けて」が流れ始めました。
    尤も、甥っ子はカーステレオから流れていた、ちんの「藍坊主」のCDの「鞄の中、心の中」に夢中で、「アイボンパン」とか訳の分からないバンド名を言いながら、何度も何度も「もいっかい、もいっかい」と聞いてました。
    で、私もノリノリで、サビに入る前に「4・3・2・1!」と「おかず」を入れては、振付をつけて甥っ子に踊らせていましたが。

    「空と海の彼方に
     永遠の命がある
     永遠の輝きに
     命の舵を取ろう…」

    70年代らしい、キーボードの音と、初期のユーミンに特徴的な、少しアンニュイな感じのメロディーライン。
    今は、体が思うようにならず、元気だけが売りだった私は、時として痛切な挫折感を味わうことがあるけれど、少しずつ、命の舵を取りながら頑張ろうと思います。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                              空と海の輝きに向けて → 


    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | 荒井由実 | 23:29 | comments(14) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 23:29 | - | - |- pookmark
        ほんとにきれいな空ですね〜。。
        このBGMで見せるなんて・・にくいねぇ〜 くぁ〜〜 

        甥っ子ちゃんのこころの一部屋には、よぴちさんの言葉がずっと飾られていると思いますよ。
        子どもは理屈でなく感性で吸収するから、結構わかってる気がするなぁ。。
        海も早くみせてあげたいね!
        デビューのとき、よぴちさんがいっしょだったら・・どんな言葉をかけるかな?

        あ、新しい冷蔵庫をお迎えする準備ね〜・・わかるわかる!
        数年前に経験したんです。家の中の搬入経路の大掃除と、それまで入れていたものの取り出し&臨時保管。
        朝からボチボチ始め、電話で「じゃ、今から」を受けて
        それからは修羅場でした。
        新しいものが設置されると今度は・・それっとばかりに詰め込んで・・これもまた結構時間がかかって
        その日はへとへとでした。
        よぴちさん・・脅すわけじゃないけど・・疲れますから・・
        くれぐれも・・身体を大切にしながら乗り越えまられますように。。
        | ありんこbatan | 2008/04/06 5:54 AM |

        ありんこさん
        温かいアドバイス、ありがとうございます…。そうなんです、もうすでに疲れてる…(涙)。
        茶犬は、ここに書いた通りでいないし、ま、ちんがいる分助かってますが。最初義母は私がダメでもちんだけでも、と食い下がりましたが、毅然とお断りしました(ちんが嫌がったので)。
        大体、いつも近くでよく交わってるわけでもないおじさんの子供の結婚式に、なぜ義母や長男だけでなく次男夫婦まで行かねばならないか。義母の付添、なんですよ、要するに。ところが長男は東京で、付添役にならない。義母の近くにいる二男夫婦に、お役が回ってきた、と言うことなのです。

        冷蔵庫の入れ替えは、どうせ私には一気には出来ないの分かってるので、何日も前からボチボチと、準備してはいるのですが、結局当日でないと、と言うことも多いから…。
        新しい冷蔵庫は、きっといいぞ〜と自分に言い聞かせて頑張ってます。
        | よぴち | 2008/04/06 8:30 AM |
        冷蔵庫の中身は

        全部鍋に入れてすーぷにしちゃいましょう

        ついでに親戚一同も入れちゃえば

        オラにも甥っ子2人

        どっちも一人っ子で我がまま放題だけど

        オラにはびびる

        すーぷにされちゃうからね
        | chabo48 | 2008/04/06 10:18 AM |

        Chaboさん
        そっか、スープにしちゃえばいいんだね?
        でも、手抜き主婦はこれを理由に、買って来たもので済ませる、といういいチャンスでもあるのだよ。
        しかし。
        私もこれから、しょーもない奴には「スープにしちゃうぞ」と言っておこうかな。
        甥っ子さんがChaboさんにビビるのは当然だ。
        だって、ある時には作曲家、ある時にはお代官様、いろんなものに変身しちゃう魔法使いなんだもの。
        | よぴち | 2008/04/06 12:13 PM |

        晴れ晴れ、
        冬雲さえなくなれば、
        日本海の空は、すごいですね。

        一長一短、
        自然は案外、公平なのかもしれないです。

        猫さんが、金沢でライブするようです。



        | あさがお | 2008/04/06 11:09 PM |
        僕もその歌すきだ。
        お体つかれのでないように
        | 長七 | 2008/04/06 11:26 PM |

        あさ・がおさん
        そう、日本海は素敵な海です。
        私は、はじめて太平洋を見たとき、その凪いだ感じに物足りなさを覚えました。
        私にとって、海は日本海。あの波が、風が、色が、私にとっての海なんです。
        | よぴち | 2008/04/06 11:38 PM |

        長七さん
        やっぱり、ユーミンの初期はいいですよね〜。
        コード進行もさることながら、バックバンドの音もいいのです。YAMAHA−CPか?と思わせる、あのキーボードの音がいい。ユーミンの声もそれに似合ってる。
        長七さんにとって、まさに青春まっただ中の頃でしょうね。私はいつも、自分より7〜8歳年上の方を羨ましく思っていました。こういう曲たちが、青春ど真ん中にいつもBGMになってたなんて、いいなぁって。
        | よぴち | 2008/04/06 11:41 PM |
        初めまして〜(^−^*
        茶犬さんに教えてもらったURLで、此処に辿りつきました。
        合ってます?(^−^;

        同じく、青い色が好きです。

        ユーミンと藍坊主の歌も好きです♪

        | 時雨の月 | 2008/04/07 11:56 PM |

        時雨の月さん
        お越しいただいてありがとうございます♪
        そうですか、青と藍坊主好きですか。
        私みたいなおばさんには、なんとなくブルーハーツのような色を感じて、馴染みやすいのです。
        あんまりヘヴィメタすぎると、私は苦しいのですが、藍坊主はそこまででもない。
        また、時雨の月さんの所にもお邪魔しますね。
        | よぴち | 2008/04/08 12:31 AM |
        いつも暖かいメッセージありがとうございます。強がりを言っていてもフッと不安になったりしますが、それもこれも自然の成り行きとおもっています。
        以前のように軽やかにって訳には参りませんが、それでも7ヶ月前よりはずっといいと思います。

        暖かい春の日差しを浴びながら、散歩もいいですね。
        | sige | 2008/04/09 5:14 PM |

        Sigeさん
        私もおんなじです。
        1日1日、もっと言うと1日の中でも、希望が持てたり、持てなかったり。
        だから、考えることから逃げて、何かに夢中になって、1日を過ごす。

        でも、そうしているうちに、その時間が積み重なって、結局、今に至っているんですよ。
        先々、こんな風でありたいとか、こんな生き方がしたい、とか大上段に構えなくても、振り返った時に、今までの時間が人生になっている、というのもありかな、と。
        かえって、刹那を大切にできるようになって、病気になってよかったかも、とさえ思えてきます。
        | よぴち | 2008/04/09 5:43 PM |


        タイトルだけでは分からない曲でした。
        聴いてすぐに分かりました。
        間違いなく「荒井」由実しています。です!
        この頃は好きだったのです!

        「初期のユーミンに特徴的な、少しアンニュイな感じのメロディーライン」は言い得てますね!
        そしてこの声!こんな唱法!が二十歳直前の私には、
        何故かよかったのでした。

        こちらも、仙台は桜満開のようです。
        私のところはもうすこしか?
        でも例年より早いお披露目であります。

        | key-san | 2008/04/12 11:39 AM |

        Key-san
        福井の桜開花は、予想ドンピシャでした。
        そろそろ、早く開花した通りなどは散り始めかな。
        きーさんも、荒井由実さんに同じイメージを持ってましたか。そうなんです、初期のユーミンは、あの時代には断然「新し」かった。
        今がダメ、というわけではないのですが、私も曲的には初期が好きです。詞は、松任谷由実になってからのも、いいのいっぱいあるんですが。
        | よぴち | 2008/04/12 11:34 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/115