◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 500Miles:Peter,Paul and Mary | main | 暗闇の中の言葉:長渕剛 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  With God on Our Side : Bob Dylan  ○●○
    MTV Unpluggedボブ・ディランの生涯を描く映画ができたそうで…。今朝、ニュースワイドでやってました。
    今日は、"With God on Our Side"をお届けします。

    どの曲にしようか、選びきれないほど、名曲ぞろいの彼の作品。
    素晴らしい詩人である彼の、曲だけでなく「詩」に思いを寄せて、
    彼を好きだと言う人も多いのではないでしょうか。

    私の中では、やはり、"Like a Rolling Stone"から始まって、そこからなぜか(いや、本当は理由がある)、尾崎豊さんの"シェリー"を思い、そして、この、"With God on Our Side"に至るのがいつものコースです(←なんのコースや!笑)。

    あるところに、貧しい家に生まれた人がいました。
    その人の家は小屋のようで、彼はそこに出入りする姿を友達には見られたくないと思うほど。友達が当たり前に持っているものも、彼の家では買えませんでした。
    そんなことの繰り返し。
    いつしか、彼は、地位と名誉があれば、この生活から抜け出せると考えるようになりました。地位と名誉があれば…。
    その家にはたくさんの愛がありましたが、おなかのすいた彼の目には、食べることが出来ないその愛は、見えなかったのです。

    彼は一生懸命に頑張って、地位と名誉を手に入れ、何度もタイトルを防衛しました。
    彼は一生懸命頑張って…。
    時々、小屋のような家を思うと、なぜだか恋しいような気もしましたが、
    おなかがいっぱいの彼は、
    「小屋のような家には帰りたくないだろ?」
    …そう、自分に言い聞かせてしまったのです。

    そして、彼は決定的な敗北を味わう時が来ました。
    彼はおなかがいっぱいだったけれど、
    心の中に、大きな穴があいているのを見つけました。
    その穴からのぞいてみると、自分が転がる石のようになっていました。
    どこまでも転がって行ってしまう…、そう思った時、そのむこうに、
    広い広い大地の上が2か所だけ盛り上がって、堰になっているのを見つけました。
    転がる石はその堰にたどりついて、それ以上、転がらずにすみました。
    その堰は、時々、転がる石が「ここは居心地が悪い」とわがままを言っても、
    黙って、しっかりと石を受け止めていました。

    ある時、転がる石は、堰の向こうのはるか遠い所に、
    あたたかな光を放っている場所があるのを見つけました。
    その光は、石のことも、堰のことも、大地の上でざわめく他のいろいろな者たちも、
    すべてを同じように温かく照らしていました。
    石は、堰に受け止められ、温かな光の中で、つぶやきました。
    "Is there any more fortunate thing than this? "

    …今宵もあなたに、素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                              With God on Our Side → 

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | Bob Dylan | 22:27 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 22:27 | - | - |- pookmark

        この曲は初期のころかな?
        よぴちさんコース?ライク・ア・ローリング・ストーンがなければ始まらないなのですか?
        締めにウィズ・ゴッド・オン・アワー・サイド!!
        異議なし?!!


        | key-san | 2008/04/25 12:28 AM |

        Key-san
        もう寝ようかなと思っていたら、きーさんのコメントが。
        きーさんにも異議なしと背中を押されて、ますますギターを弾き続けそうですが、今夜はもう酔っぱらってのどが痛くなってきたし、おとなしく寝るようにします。
        ちなみにこの曲は1964年リリースで、初期のころの作品ですが、今日の音源はMTV Unpluggedで、1995年ごろです。ちょっと、声に年期入ってますが、私は、この音源が好きなんです。
        | よぴち | 2008/04/25 12:50 AM |
        声に年期・・あ〜そうかもしれませんね。。
        深い歌ほど、その方が似合ってて
        聴く方も、年を重ねてる方がしみじみ味わえるんじゃないかな。
        若い頃
        わかってるつもりでいたのに
        いや・・そうじゃなかった、とか
        このことだったのか、とか感じるんですね。
        よぴちさんのギターも
        きっと今現在の音は
        いろんなものを内包する深い深い音だと思います。
        聴っきてぇ〜!   
        | ありんこbatan | 2008/04/25 5:02 AM |

        ありんこさん
        おはようございます!あったかくなってきたら、ありんこさんの早起きがますますパワーアップしましたね(カキコが5時…)。
        若い頃、「若くても自分はわかってる」つもりでいましたよ、私も。
        今、「わかってなかった」ことが「わかりました」。
        そして、この経験から、自分はまだまだわかってないこと、たくさんあるんだろうな、と、年長者の言うことを素直に聞くようになってきたので(でもまだ、完全ではない)、少しは成長したのでしょうか?
        ギターは、どんどん腕が落ちてる。
        でも、ギター自体の音は、年期が入って、私が最初に買ったギターの音色と似てきています。
        弾きこんでいくうちに、音が柔らかくなってくるんですよ、これって保存状態が悪いのかもしれないけど。北陸は湿度が高いですからね〜。
        | よぴち | 2008/04/25 6:54 AM |
        ボブ・ディランは詳しくないのですが、
        この歌詞、何ともいい歌詞ですねぇぇ。。。

        ジョン・レノンが彼に影響を受けたという話を聞いたことがあります。
        ビートルズの「You've gatta hide your love away」は、
        ディランにインスパイアされて作った曲らしいですよ^^
        | *IKUKO* | 2008/04/28 8:03 PM |

        IKUKOさん
        あの時代のアーティストは、多かれ少なかれ、ボブ・ディランの影響を受けていると思います。
        ホントに、ボブ・ディランは詩人なんですよ。
        私にもっと英語力があったらなぁ…。
        もっともっと堪能できるんだろうなぁ…。
        | よぴち | 2008/04/28 11:10 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/118