◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 君は雨の日に:長渕 剛 | main | 歩道橋の上で:吉田拓郎 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  思いで…:因幡 晃  ○●○
    尼御前福井も海開きしました。
    地球温暖化の影響か、おかしな天候が頻発していますが、やっぱり、季節をひっくり返すところまではいっていない。
    つい、この間まで、涼しいな、今年はまだまだ冷房を使わないですむな、と思っていたのに。

    海開きしたと思ったら、いきなり30度を超す暑さ。
    いわゆる「小節」というものにも、いつも、感心するのですが、
    やはり長年の経験から基づいた、小節や、行事というのは、
    うまく、季節をとらえているなぁと、感心するのです…。

    夏と言えば、思い出づくり。
    作為的に作るものではないんだけれど、夏の思い出って、誰にも必ず1つやふたつはありますよね。
    海にまつわるもの然り、夕日にまつわるもの然り、星空や花火にまつわるもの然り…。
    私の場合は、そんな、映画のようなシチュエーションでなくとも、
    ただ、暑い、じりじりの太陽の下とか、夕陽の中でとか、
    朝、ラジオ体操から帰って来た時の台所のキュウリやナスの漬物のにおいだとか、
    通り雨の後のアスファルトのにおいだとか、
    今だって経験している、そんなものまでが、
    ある種、「思い出」となって、
    今と昔を交差しています…。

    今日、お届けする曲は、因幡晃さんの「思いで…」。
    特に季節感を漂わせた曲ではないのですが、
    私の中では「夏」の曲です。
    正確には、夏も終わりごろの残暑の頃の西陽のあたる部屋。

    部活を終えて、帰っても、熱気むんむんのあの部屋。
    それでも、私にとって「お城」でした。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!

                                    思いで… → 
    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | 因幡晃 | 15:47 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 15:47 | - | - |- pookmark
        僕もかなり今日は油断していて
        太陽にころされそうになりました。

        越前の海はくらげは大丈夫かな
        | 長七 | 2008/07/05 9:53 PM |


        夕方の時間って、とてもたいせつでした。
        仕事をはじめてから、<放課後の時間帯>って、自由にならないんですよね。
        学生時代には(とくに試験週間で部活が禁止されると)、何をしたらいいのかな、と途方にくれてました。(勉強すればよいのにね) することのない自由さ (このところ味わったことがありません。) お陽さまの角度と色の変化で時間は刻々とすぎてゆくのに ひまつぶしの方法も思いつかず (自分でお茶をいれる習慣もなかったし) ただただ、のんびりと、のんびりと。

        あ、オレって、根っからのナマケモノだったんだ。
        誰からもせかされず、何もしない時間と空間が<自分の城>でした。
        谷山さんの歌くらい、内省的でうきよばなれした風景。
        | あさがお | 2008/07/05 10:11 PM |

        長七さん
        寒い冬と、暑い夏は、配達にはとってもキツイ季節ですね。
        まぶしいと前が見にくいし、食中毒を出さないように特別気も使うことでしょう。
        エチゼンクラゲ、変わらずに被害はありますが、最近はあまりマスコミには取り上げられないようです。地元では、クラゲの利用法をいろいろ考えたり、1番増える時期のもっとずっと前から、除去したりして、ご苦労されてるようです。
        | よぴち | 2008/07/05 11:09 PM |

        あさがおさん
        何をすることもなく、ボーッと、というのがとっても価値があって、必要不可欠なんだと気付いたのは、そんな時間が取れなくなってからでした。
        私は、ボーッと、ギターを弾いてることが多かった。もしくは、好きな音楽をBGMにしながら、詩を書いたり、勝手に一方通行でやっている(つまり、渡せない)手紙や交換日記(毎日、こちらからだけ書いていた)を書いてたり…。
        テスト前で部活のない日は、自転車で15分ほどの海へ行って、ただ、ボーッと浜辺に座ってました。ギターを弾いたこともあったな。
        後日、海辺に住んでる帰宅途中の先生に見つかって、呆れられこともあったっけ。
        | よぴち | 2008/07/05 11:14 PM |
        夏の思い出と言えば

        「野球」

        ははははは

        子供ん時ね

        なんで毎日朝から晩までやれたんだろ
        | chabo48 | 2008/07/06 12:03 AM |

        Chaboさん
        そうだ。私の小学時代の夏休みは、午後は1時から3時までプール、20分ほど歩いて帰宅、4時ごろから6時ごろまではグランドに集合してソフトボールや野球、自転車レースなど…。
        ま、今ほど暑くはなかったとしても、毎日毎日、よく身体が持ったなと思う。
        時間の経過を遅く感じていたのか、早く感じていたのか…。
        それもわからない、子供の頃の夏。
        | よぴち | 2008/07/06 12:31 AM |
        よぴちさんの思い出綴りは・・詩だなぁ。。
        なんだか胸がキュンとする・・。。
        小学生だった頃の夏休み
        ひとりで家にいる時にカミナリが鳴ると
        コワくて近所の友だちんちに走って行った。。
        その方がよっぽどコワいのにね。
        中学生になったら
        盆踊りの時だけ夜遊びが許されて、すごく大人になった気分で
        喫茶店でカキ氷を食べて大はしゃぎ。
        高校時代は受験に塗りつぶされてしまってたのかなぁ。。
        大学時代は
        もうドトウの・・日々。。
        ん〜このあたりになってくると
        恋の季節・・恋に恋こがれる季節に突入☆
        でも
        夏は短いよね。
        思い出をころがして溜息ついてた秋も夏のうち・・だったかも。。
        この曲は、そんな季節を歌っているのかも・・なんて気がしたりもして。。
        | ありんこbatan | 2008/07/06 4:46 AM |

        ありんこさん
        うん、うん、ありんこさんも秋の始まりというか夏の終わりというか、そんな季節を思ってくれましたか…。
        でも、ありんこさん、億手だなぁ…。だから今でも、あんなにメルヘンしてるんだ…。
        私なんて、小学生の時から常に、恋。
        中・高・大は、バレーボールとギターと恋。
        この3つしか、私の世界には存在してなかったよ(笑)。
        | よぴち | 2008/07/06 9:33 AM |


        言わずもがな、なのですが・・・
        「恋」なんてもってまわった書き方しないで
        「茶犬!」ってかいてもいいんですよ。
        こんな気候じゃ、もう、夏バテです。
        お二人で天の川を見てみると・・・
          セイサクくんが天の川で曲乗りしてるかな。
        | あさがお | 2008/07/07 10:26 PM |

        あさがおさん
        せっかくの七夕なのに、夢を壊すような発言はご遠慮願います(笑)。
        | よぴち | 2008/07/08 12:27 AM |


        セイサクくんも、アシモくんも
        男子には、夢なんだけどなぁー。

        大雨のニュースがながれてます。
        ご注意くださいね。
        | あさがお | 2008/07/08 3:13 PM |

        あさがおさん
        確かに、セイサク君もアシモ君も、私にとっても夢ですよ。
        ただ…。
        私は星はひとりで見るのがいいです。
        | よぴち | 2008/07/08 8:43 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/138