◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 歩道橋の上で:吉田拓郎 | main | シングルベッド:シャ乱Q >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  めざめ(空も飛べるはず):スピッツ  ○●○
    悔し涙夏の高校野球の、地方大会が始まっています。
    福井も、昨日、開会式があって、今日から試合が始まりました。
    ちんの学校は、開幕試合。途中まで負けていましたが、最後は逆転勝ちで、初戦は勝ち進んだようです。
    勝った、ということは、負けた学校があるということ。
    最後まで、負けない学校は、ただ1校しかない。

    昨日、NHK福井の開会式のニュースの後で、の福井のBCリーグチームである、「ミラクルエレファンツ」のメンバーの、甲子園での思い出をやっていました。
    昨日は、埼玉から入ってきた、キャッチャーの「YASUさん」のインタビューでした。
    YASUさんは、最初で最後の甲子園で、最後の試合は、1点リードの9回裏に同点に追いつかれ、そのまま延長するも決着がつかず、翌日再試合。
    再試合もまた、延長戦で、満塁にされ、キャッチャーとしては、大きなあたりは何としても免れたく、外角低めを要求し続けていた。
    そして、その結果、YASUさんはパスボールを出してしまったのです。
    甲子園は、キャッチャーの後ろが広い。
    YASUさんは慌ててボールを後ろに追いかけたけど、追いかけながらも、「ワーッ」という、得点が入ったことを示す歓声が聞こえ、もう、言葉が出なかったそうです。

    あの、一球から卒業したくて、今も野球を続けていると言っていました。

    私も、学校を進学するたびに「最後の試合」を経験してきましたが、
    やはり、何度もここに書いて申し訳ないくらいですが、忘れられないのは中学の最後の試合です。
    言葉が出ない、というYASUさんの気持ちが痛いほどわかる。
    頭が混乱して、いまひとつ、「自分たちは負けたんだ」ということが認識できなかった。
    そんなはずはない、そんなはずはないよ、私たちが負けるなんて…。
    しかも、まだベスト8や…。明日の試合はもうない、って、そんなはずないやろ?
    私たちには、特別に明日も試合があるように、協会が配慮してくれるんじゃないか、
    だって、おかしいよ、こんなに強い私たちが、残ってないなんて…。
    …そんな、あり得ない考えさえ頭をよぎるほど、
    あの時の私はどうかしていた。フツーの精神状態じゃなかった。
    学校に戻って、体育館のはしで最後のミーティング。
    しみじみとコートを眺めると、今日使わなかったから、うっすらと土埃で白かった。
    狭いと思っていたコート。あれ?こんなに広かったっけ…。
    先生が何を話したのかも覚えていない。
    ただ、このコートに来たら、やっと、負けたことを認識して、もう、涙が止まらなかった…。

    高校野球の今大会でも、どれだけ多くの野球少年が悔し涙するだろう…。
    でも、誰もがそういうように、絶対にその涙は、無駄にはならないんだ。
    忘れる必要はないんだ。
    忘れないことの方が大切なんだ。

    今日は、スピッツの「めざめ(空も飛べるはず)」をお届けします。
    これは、Cycle Hit 1991〜1997に、ボーナストラックとして収録されているものです。

    今日、初めて野球をした時からの熱い日々に、いったん区切りをつけた、
    青い仲間たちへ贈ります。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                             めざめ(空も飛べるはず)→ 
    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | スピッツ | 18:39 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 18:39 | - | - |- pookmark
        ぼくも甲子園がすきで
        毎年のように小学のとき、いっていた。
        江川をみたのをいまだにおぼえてる。
        内野でいたのだが、すごく速い球で驚いた。
        高校野球はすごくすきだけど、
        プロはすかんね、
        | 長七 | 2008/07/12 11:24 PM |
        忘れる必要はない。忘れないことが大切。
        いい言葉です…。
        ボーッとしているようにしか見えない我が息子に聞いてもらいたい。そして意外にも心に響くのなら、いろんな意味で母は嬉しい…。
        | ちぃ | 2008/07/12 11:28 PM |

        長七さん
        うん。私も、プロはどうでもいいけど、高校野球は好きです。やっぱり、学生の大会、特に、高校生や大学生は、これが最後ということもあるので、本当に、その試合に、今までのすべてをかけてるから。
        プロは、長いリーグ戦、一戦の重みも違う気がするし、へたすると、長くやるために体力温存してたりする。勿論、それも大切なのですが。
        学生のチームスポーツって、自分のせいで負けた時なんか、ずっとその十字架を背負って行ったりするんですよね。箱根の駅伝然り、高校野球然り…。
        それがいいことかどうかはわからないけれど、きっと、プラスにしていってほしい。そう思います。
        | よぴち | 2008/07/12 11:53 PM |

        ちぃさん
        人生、そこそこ生きてると、はっきり言って忘れたいこともたくさん経験してしまいますよね…。
        私も、たくさんあります。恥かしかったことや、辛かったこと。
        でも。忘れないことが大切だと思いたい。必ず、それも含めて自分の人生だと納得したい。できれば同じ轍は踏まないように心掛けたい(←希望ばっかし(汗))。
        ちぃさんの息子さん、ボーっとしてそうで、実は、いろいろ感じているのかもよ。男の子は、あんまり親に何でも話さないと思うけど…。
        時々「えっ!?我が子もこんなことを言うようになったか」って、ビックリさせられる時、ありますよね。
        着実に、彼も大人になってると思うなぁ…。だって、ちぃさんの子だし(←お前はちぃさんの何を知ってるか?笑)。
        | よぴち | 2008/07/12 11:58 PM |
        とんちきでーす

        うちの高校のサッカー部

        サッカーで野球部に負けてたな


        そんな奴らの部室が好きだった
        | chabo48 | 2008/07/13 12:54 AM |

        とんちきさん(←妙に気に入りました)
        あぁ、部室。部室、って、それだけで青春くさい香りがするなぁ。実際の男子部の部室の匂いはかぎたくないけど(笑)。
        私たちバレー部も、テニスの試合をしてもテニス部に勝ち、バスケの試合をしてもバスケ部に勝つくらいでしたよ。急に現実の話になって(しかも自慢)申し訳ないですが。
        ちなみに、とんちきさんは何部だったんでしょ…?奴らということはサッカー部ではなさそう、でも、とんちきさんに野球というのもイメージじゃないかなぁ。
        軽音?それとも一応帰宅部で、ぷらいべえとで勝手にバンド部?
        | よぴち | 2008/07/13 8:29 AM |
        いい曲だよね〜!
        すごく好きでしゅ。。
        試合の思い出は
        経験した人でしか語れない感動があるんだね。
         忘れる必要はないんだ。
         忘れないことの方が大切なんだ
        めっちゃ心にささります。。
        | ありんこbatan | 2008/07/13 2:18 PM |

        ありんこさん
        お帰りなさ〜い♪
        いい旅できましたか?
        経験した人しかできない感動…だけれど、別に試合でなくとも、そういうのはたくさんありますよね。
        ありんこさんも、日々、ボランティアなどでそういう経験をされてるのでは?
        人の役に立てて嬉しかったり、めっちゃ楽しかったり…の他に、一生懸命やったつもりでも相手には伝わってなかったり、むしろ迷惑だったり、すごくかわいそうな人に出会ったり、自分がみじめなことがあったり…。
        そんなすべてを忘れずに、自分の人生だと受け止めていけたらいいなと思っています。
        | よぴち | 2008/07/14 12:57 AM |
        スピッツファンの野球少年です。めざめ前から聴きたくていろいろ探していたんですがやっと聴く事ができましたありがとうございます。
        これからもいろいろ頑張って下さい\(^^)/
        | 野球少年 | 2009/03/07 1:45 AM |

        野球少年さん
        数あるブログ、YouTubeなどの映像サイトから、このちっぽけなブログを選んでいただいて、本当にありがとうございます。
        そうですか、野球をされてましたか…。っていうか、今も現役でしょうか…?
        個人で所有する音源には限りがあるのですが、わざわざ法に触れるかもしれないようなことをやるのだから、どうせなら出来る限り、YouTubeなどでは、あまりとりあげられていないような曲を、と思っています。
        でも、ここに来て下さる方には全く必要ないと知りつつも、それぞれの曲にまつわる自分の思いを綴るために、必ずしもマニアックな曲ばかりではなくなってしまうのが常なのですが。
        また、ぜひお越しいただければ嬉しいです。
        | よぴち | 2009/03/07 9:34 PM |



        トラックバック機能は終了しました。