◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< シングルベッド:シャ乱Q | main | 海岸通:風 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  からたちの花:井上陽水  ○●○
    からたち井上陽水さんが、比較的初期の曲をギター弾き語りしたアルバムが、発売されたようです。
    これまで、コンサート会場などで限定的に発売されていたインディーズらしいのですが、あまりに人気があるので、今回、大々的に発売になったそうで。

    陽水さんの初期、というのは、いつ頃までを言うのかよく分からずにいます。
    今度のアルバムにも、「なぜか上海」なども収録されているようで、私から見たら「なぜか上海」は、もう、「中期」のイメージなので、普通は、どれくらいまでを言うのか、分からなくなるんですね。

    最近は、陽水さんの詞は、訳が分からない、響きだけを追求した言葉だったりもするわけですが、昔の曲には、現代に通じる鋭いものもたくさんあります。
    「傘がない」、しかり、「感謝知らずの女」しかり…。

    私は、「能古島の片思い」や、「帰れない二人」、「白い一日」、「東へ西へ」、「愛は君」、「招待状のないショー」などをよく弾き語りしました。
    まあ、ベスト盤の悲しさで、必ずしも自分のベストが収められているかと言えば、そうではないものです。
    今回のアルバム「弾き語りパッション」も、いらないものもあれば、入っていてほしいのに入ってないものもある。そんなものでしょう。
    だから、やっぱり私は、すべてのアルバムから、自分だけの「Favorite」を作っちゃうんですね…。

    今日お届けする曲は、梅雨明け宣言の聞かれるこの時期に、
    あまりにも季節感のない、
    しかも、さぁ、夏休みだ!というはじけたこの時期に、
    まったくもって暗い、
    でも、私の大好きな曲です。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                                  からたちの花 → 
    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | 井上陽水 | 00:16 | comments(8) | trackbacks(1) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 00:16 | - | - |- pookmark
        いまだに

        ぎたぁ持つと

        唄うのは

        「帰れない二人」と

        「雨のウェンズディ」


        明日なんてどうでもよかった
        | chabo48 | 2008/07/19 2:00 AM |

        Chaboさん
        う〜ん、「恋するカレン」じゃなくて「雨のウェンズディ」、しぶいね〜。
        若い若〜い私は、高1の時でした。バブルの始まり。あのジャケットみたいな絵柄がはやりました。
        ホント、明日の日本なんてどうでもよかったなぁ…。ただ、好きな子との明日だけが大事でした。
        | よぴち | 2008/07/19 9:54 AM |
        季節感がなくても
        暗くても
        よぴちさんが好きな曲なら
        いいじゃないですか〜!
        「昔の曲には、現代に通じる鋭いものもたくさん・・」
        そうですとも!
        「自分だけのFavorite」
        それがいいんです!
        うなづくばっかですが
        ホントに
        そう思うんですから
        しゃ〜ないよね〜♪
        梅雨明けで・・暑さ対策に本腰入れなきゃ。。


        | ありんこbatan | 2008/07/19 5:40 PM |
        陽水さんは、「明星」と「氷の世界」をよく聴きました。

        ♪二人でどこへ、〜〜〜川のあるまちへ行きたいと思っていたんだ♪
        ♪ちえちゃん♪
        ♪さがしものは、「南」ですか〜♪
        ♪都会では、ジサツする〜♪
        とか、好きです。

        「ろんどんきゅーこー」あたりから、
        歌詞がかわったように、思います。
        | あさがお | 2008/07/19 8:47 PM |

        ありんこさん
        何を隠そう、私は、小6の時初めてお年玉で自分のギターを買ったのですが(それまでは、近所のお兄ちゃんのを弾いていた)、その時、初めて買った楽譜が、陽水さんの楽譜だったんです…。迷いに迷いましたが、1冊分しかお金がなくて、やっぱり「愛は君」を歌いたかった。それから20年近く過ぎて、まさか自分があの時の百恵さんの病気になるとは、その時には思いもせず。運命ですね…。
        | よぴち | 2008/07/19 11:17 PM |

        あさがおさん
        初期も初期ですね。
        能古島の片思いも、その頃も曲なんですが、当時、あんまり表に出てなくて…。私は、お金がなくてLPを買えなくても、楽譜で音を拾って覚えたりしてたので、好きな曲でしたが。
        | よぴち | 2008/07/19 11:20 PM |
        ようすいも
        しゃべりが下手でというかきらいですよね。
        父が医者できびしかったんです。
        無意味な詩は、なぜか、ひきつける魅惑未知のような
        ものだろうか、
        | 長七 | 2008/07/21 12:07 AM |

        最近は、やっぱりあの「声」で勝負してるんでしょうか?
        それとももう、「売れる」「売れない」を超越して、自分が楽しむために音楽をやっているのか…。
        実は今回、「人生が二度あれば」にしようかどうか、ずいぶん迷いました。厳しいお父様はかなり長い間、歌手としての陽水さんを認めなかったと聞いていますが、やっぱり陽水さんはお父様の曲を書いた。
        「お前なんか死んでしまえ」とか、「この家の子じゃない、出てけ」という言葉尻にいちいち動じないだけの、絶対的な親の愛が伝わっているからなんですよね…。
        | よぴち | 2008/07/21 12:46 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/142
        井上陽水「おやすみ」
         井上陽水について書こうと何度も思って、その度に筆が止まる。難しい。  吉田拓郎と並ぶフォークソング界の巨頭、と書き始めてもいいのだが、そうすると「陽水の音楽は果たしてフォークなのか?」という問いに繋がり、フォークとは何なんだ、から書き起こしたくなる
        | 凛太郎の徒然草 | 2008/11/10 10:02 PM |