◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< からたちの花:井上陽水 | main | フェリー埠頭:さだまさし >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  海岸通:風  ○●○
    風南風が吹いて、福井も朝からぐんぐん気温上昇。
    昔なら、30度を超えた日はニュースになりましたが、今や、35度を越した、というニュースにさえ、特別驚かなくなってしまいました。
    とにかく、暑い。エアコンの効きが悪くなったのかと疑うほど。
    食欲もなく、果物ばっかり食べたくなる。
    これでは夏バテしてしまうのがわかっていても、やっぱり果物が食べたい。ゼリーとか。
    でも、買い物にあまり行けない私の場合、新鮮な果物はあまりなく、生協で買ったわずかな果物のみ…。

    元気だったら、こんな日は海に行くんだけどな…。
    病気になってからも、数年前までは、こんなに足腰が悪くなかったので、
    家族3人で海へ行っては、磯辺のいろんな生き物を観察したなぁ…。
    なにせ、私は潜るのが好きなので、海へ行ったら上がってこないヒトです。
    浮き輪は必要なし。必要なのは水中眼鏡とシュノーケル、それに、生き物をいったん入れておくバケツと網。
    海水の生き物は、家では飼えないので、帰りに逃がして帰ってました。

    こんな、ロマンのかけらもない海でも、
    かつては、私の中では海はロマンティックの塊でした。

    夏の曲、とも限らないのですが、しばらく、私にとっての海の曲シリーズをお届けしようと思います。
    今夜は、懐かしい、風の「海岸通」を…。
    またもや、ロマンティックのかけらもありませんが、この曲と、「あの唄はもう唄わないのですか」は、私が小学5年の頃、夕方の、もうみんな帰って静かになったプールで、親友と二人でず〜っと歌っていた、思い出の曲なのです…。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                                     海岸通 → 
    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | | 21:01 | comments(18) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 21:01 | - | - |- pookmark
        海女さんだったのねぇ〜〜

        オラ潜ろうと思うと浮き

        泳ごうと思うと沈む

        奇妙な果実
        | chabo48 | 2008/07/21 11:00 PM |

        Chaboさん
        はい、海女です。
        小さなアワビとかサザエ、うになんかは、何としても採ります。
        でも、これってホントは違反行為なんで、ホントに遊泳区域の岩に張り付いてるのしかとらないよ〜。
        ちなみに、私の携帯のメルアドはStrange-fruitsです。カンケーないか。
        | よぴち | 2008/07/21 11:14 PM |
        千春の復帰コメントにあきれしまいました。
        風の「海岸道」
        イルカのもありますが、
        イルカが三年やすんだとき
        この歌を歌いました、しょうやんのやさしいこえ
        ののすきです、声かわったよね。
        | 長七 | 2008/07/21 11:35 PM |

        長七さん
        正やんの曲で、イルカさんが歌ったものは結構ありますね。
        私は、「雨の物語」と、「なごり雪」は、イルカさんが歌ったものの方がいいなと思うのですが、「海岸通」だけは、女ことばの詞であるにもかかわらず、正やんが歌ったものの方が好きなんです。
        いずれにせよ、私は透明なものが好きです。
        風の、どこが好きかというと、透明感のあるサウンド。
        海岸通も、風の曲の方が透明感がある気がするのです。
        | よぴち | 2008/07/21 11:43 PM |

        果物食べるのは同じですね!
        スイカ、メロン、ぶどう、グレープ・フルーツ、びわ、桃、パイナップル・・・・・う〜ん、食べたい!

        海は砂浜で遊ぶのが好きです!
        泳ぎはからっきしなkey-sanです!?
        でも、アワビ、ウニ、サザエには目がありません!?

        携帯メルアドに Strange-fruits ですか?
        それじゃと、私は Billie Holidayとでも・・・?!

        ところで、星の印をクリックしてから、音楽が流れるようになるまでは、随分難しいのでしょうか???


        | key-san | 2008/07/22 12:11 AM |

        Key-san
        もしかして、きーさんのPCも、何かウィルス撃退ソフト(ウィルスバスターとか)使ってます?
        私のVOXのサイトは、アメリカ国籍にしてあるんで、なんだかアメリカのいろんな広告が出てまして、それが結構、ウィルス撃退ソフトに引っ掛かるみたいなのです。だから、ダウンロードに時間がかかることがあるようです。すみません…。
        | よぴち | 2008/07/22 7:50 AM |
        またもや
        ヤラレた〜。。
        ♪妹のままでいた方がよかったかもしれない

        号泣してしまう歌です。。
        ほかにも
        心にささるところがイッパイで
        も〜・・ダメ。。
        >海水の生き物は、家では飼えないので、帰りに逃がして帰ってました
        よぴちさんらしい・・。。
        CDも持ってるんだけど
        禁断の曲シリーズなので
        ここで
        何回もきかせていただくことにします。。
        | ありんこbatan | 2008/07/22 4:29 PM |

        ありんこさん
        人って、やっぱり性悪なのかなぁ…。
        ありんこさんの号泣が、なぜか快感な私です(笑)。
        そっか、この曲もだったか…。この前の「つゆのあとさき」以来、ありんこさんや息子さんの年齢やなんやから、勝手に「ありんこ物語〜恋愛編〜」を妄想している私。
        この曲は、私も大好きで、カセットテープ重ね録りで、ひとりで演奏テープを作ったりしました。
        | よぴち | 2008/07/22 5:50 PM |
         
        あー同じですね。僕もこのうたは、歌詞に関係なく夏ですね。それも少年の頃の夏。
        盆地で生まれ育った僕は、子供の頃から漠然と海に対する憧れみたいなものがずっとありまして、なんだかそんな思いを象徴しているようなうたです。郷愁と言ってしまうにはあまりにも痛切な少年時代のひとかけらが浮かんできます。
        「あの唄はもう唄わないのですか」となると、不思議とシングルバージョンは夏、アルバムバージョンだと冬なんですね。聴いた時期の刷り込みってあるのかな。

        それにしても暑いですね。果物もいいですが、秋吉の焼き鳥やソースカツどんでも平らげて暑気払いをしてください(笑)。
        | 凛太郎 | 2008/07/22 11:08 PM |

        凛太郎さん
        「聴いた時期の刷り込み」…、あると思います(天津木村笑)!
        私は、「あの唄はもう唄わないのですか」は、6月から7月のイメージ。
        それにしても暑いですよ、夜も朝も暑い。
        秋吉の焼き鳥で、生ビール。
        考えただけで嬉しくなってきます!
        凛太郎さんも、ご自愛のほど…。兵庫も暑いですから。
        | よぴち | 2008/07/23 12:16 AM |

        季節は夏なのですが、
        あさやけなのか、ゆうやけなのか、
        オレンジ色にぼんやりしている海辺の通りを思います。

        早熟の天性?
        女の子って、小学校くらいから、意味もわからないだろうに大人の歌をうたいますよね。なんでだろ。
        自分の小学生男子時代は、「結婚しようよ」「岬めぐり」「気球にのって」とか、ちょっとメジャー系しか歌わんかったよ。
        | あさがお | 2008/07/23 1:21 PM |

        あさがおさん
        早熟、っていうのもあると思いますが(だって、私は小5で身長が止まったし)、それに加えて、周りに自分に影響を与えるお兄さん・お姉さんの存在があったからだと思います。
        友達のお兄さんやお姉さんからの影響(意外と、その友達は無関心だったりするのですが)や、私自身ちょうどひと回り上の叔母がいたし。だから、チューリップやかぐや姫も、リアルタイムで聴いてましたね。
        あさがおさんも充分にマセガキだと思うけど…。失礼ですが、たぶん私とおんなじで、こましゃくれてかわいくない子供だった気がする…(笑)。
        | よぴち | 2008/07/23 8:20 PM |
        よぴちさん、おひさです^^
        2、3日前、ラヂオでイルカさんバージョンのを聴きました。いい曲やねぇ〜。
        そして、よぴちさんは小5の記憶が蘇るんだね。
        音楽ってフシギだよね。
        忘れてた記憶が曲を聴くことによって
        鮮明に蘇る。
        う〜む。。。面白いので今度自分のブログで
        シリーズ化しようかしら。笑
        | IKUKO | 2008/07/24 9:02 PM |

        IKUKOさん
        「大人の事情」も一段落したことだし(かぼすちゃん、おめでと!)、ぜひ、シリーズ化して下さいよ〜。
        違法行為ではあるので、リンクは精力的に勧めるのもいかがなものかとは思いますが、でもやっぱり、自分がいいと思った、自分がブログで語る曲は、聴いてほしいから…。
        で、IKUKOさんのもぜひ、聴きたいわけです!
        その楽曲の良さが、売れるか売れないかには繋がるかもしれないけど、歳月を経ると、楽曲の良しあしとは別に、自分の当時の思い出が乗っかってきますよね…。
        それもまた、その曲の魅力となって行くんですね。
        | よぴち | 2008/07/24 10:52 PM |
        >>あさがおさんも充分にマセガキだと思うけど…。失礼ですが、たぶん私とおんなじで、こましゃくれてかわいくない子供だった気がする…(笑)。

        はずれだよー。
        無口でおくてな子供だったよー。
        14歳までは、まちがいなくピーターぱんしんどろーむにかかっていたべさ。(後遺症があるかな)
        14歳のときに、「さよならコンサート」とか「あの唄はもう唄わないのですか」とか聴くまで、世のなかに「失恋」なんてものがあるなんて、知らなかったさ。
        ♪恋はいちどと信じていた〜
        | あさがお | 2008/07/24 11:59 PM |

        あさがおさん
        ピーターパンシンドローム、というより、ピーターパンそのものだったのでしょう。
        いいですね、1度でもそんな時期があったのは…。
        私はやっぱり、ドビンボーな故に、いつも生活背負ってましたね、でも、今思うと、その分、私を支えてくれた人の多いこと、多いこと。
        やっぱり、「かわいい女」(←勿論、私のことです!)は得ですね〜。
        男性は女性とは違うのでしょうが、女性は、失恋してもいい、「恋」そのものをある程度楽しんでしまうとこ、あります。きっと、自覚してない人でも、実は、最終的に1番好きなのは、「自分」なんだ。だから、「恋」をして、憂している自分や、ヒモのような男に貢いでいる自分も、結構楽しんでたりするんですよ、ちなみに。
        あさがおさんも、また、遠い日の思い出じゃなく、今、打ち上げ花火を上げることができますように。
        | よぴち | 2008/07/25 8:48 AM |

        ちょっと質のかわったビンボー自慢はあるんですよ。
        親の財布の中身がちょっとなのを知っていて、
        お子様ランチよりやすいラーメンばっかり食べるので、
        「お子様ランチの嫌いな子」だと、みんなに思われていて、
        気がつくと生涯一度も食しないまま、終わりそうです。
        あ、「そんなのあまい」って、よぴっちゃんから反撃されそう。
        ももっとビンボーねたはあるのですが、40年代にはあたりまえだったので、今おもうほど、苦ではなかったです。
        うちの、ウチの倒産も、父さんを経験しています。あはは。

        ついにkey-sanも音がでるページになりましたね。
        | あさがお | 2008/07/25 4:01 PM |

        <やっぱり、「かわいい女」(←勿論、私のことです!)は得ですね〜。>>>>
        そういうクスリなんですね。きんだんのくすりって。
        ブログなんかでつかうのはもったいないですよー。
        とっておき、ちんちゃんのために、つかってください。。


        | あさがお | 2008/07/25 4:06 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/143