◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 海岸通:風 | main | 海よ:中島みゆき >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  フェリー埠頭:さだまさし  ○●○
    私花集私は、14年間毎日注射し続けたインターフェロン(IFN)を、今、3日に1回注射しています。
    白血病の染色体が少し治まっていることと、副作用による弊害があまりにも大きくなってきたことによるのですが…。
    まぁ、14年間の投薬で、侵襲された臓器や神経・骨格筋が、
    薬量を減らしたからと言ってすぐに回復するはずもなく。
    身体のむくみや痛みは、相変わらずです…。

    ところが、IFNを減らし始めてから、体の中に充満していたIFNが抜けていくに従い、注射をすると逆に、初めてIFNを打ち始めた時のような発熱という副作用が出るようになりました。原因がわかっているので、パニックにはなりませんが、やっぱり熱がある時はつらい。
    で、またもや禁断の鎮痛解熱剤を飲んだわけです。
    あれから2時間、もう、ばっちりです。
    体中の痛みもなくなり、今、いつもよりずっと楽です。
    で、ブログの更新をしてるわけです…。

    さて、海の曲シリーズ、今日は「フェリー埠頭」をお届けします。
    海岸線をドライヴしながらの別れ話、せつないです。
    歌詞の中に、
    「水に揺れるイリュミネーション
     つづれ織りの道を
     あなたの横顔が くぐり抜けていく」
    …というくだりがあります。
    これは、リアス式などの海岸線の、くねくねと曲がった道を言うのかなぁと思いますが、
    それなら、「九十九折り」という方が、ホントはぴったりくるのでしょうね。
    さださんが、知らなかったはずはないので、
    おそらく、京都好きのさださんが、織物の「つづれ織り」にひっかけて、
    響きとしては美しい、「つづれ織り」と歌ったのだと思います。
    それとも、本当につづれ織りの意味で、思い出を紡ぐ、という意味で歌ったのかもしれませんが…。

    この前の「海岸通」で、正やんが別れに「船」を選んだのは、
    正やんが福岡の出身で、交通手段として「船」というのが身近にあったからかもしれない。
    この、「フェリー埠頭」でも、別れに船(フェリー)を選んでいるわけですが、
    今や、新たに書かれる曲で「船」を別れのモチーフにする曲は少ないでしょうね。
    演歌の世界くらいか…。
    「フェリー埠頭」では「汽車」という言葉も出てきますが、
    これも今はもう使われないのでしょうね。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします。

                                  フェリー埠頭 → 
    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | さだまさし | 21:16 | comments(11) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 21:16 | - | - |- pookmark
        すいません

        今日使っちゃいました

        やっぱジュラ紀の果実なんざんすかねぇ
        | chabo48 | 2008/07/24 11:15 PM |

        Chaboさん
        えっ?何を?
        汽車? 船?
        いや、汽車はないだろ、もう存在しないだろ、
        ということは船…?
        いいなぁ、もしや「屋形船」ぢゃないでしょうね。
        川下りとか。遊覧船とか。
        だとしたら許せん!自分だけそんないい思いは。
        でゅえっとしてる暇あったら、奥さん誘ったら…?
        寝てる間に、襲われちゃうかもよ(笑)。
        | よぴち | 2008/07/24 11:34 PM |


        客船に乗る人、みなとの別れ? 船の歌は、なりたちにくいですね。
        今時、客船にのるほどの時間と金にゆとりがあるひとは、わざわざ港で修羅場しないだろうし。
        ワケアリの人は、せっぱつまって飛行機で国外脱出だろうし。
        だって、見送った5分後に、メールでうらみ節を送りつけることもできる時代ですモノ。
        屋形船とか遊覧船で愁嘆場すると・・・、先回りして待ち伏せされそう。
        火曜さすペンス劇場のアリバイ工作かな。だと、こんな歌・・。
        ♪A波止場から B波止場まで、
           山本さん そぉーーなんです。
        | あさがお | 2008/07/25 4:37 PM |

        あさがおさん
        うわっ!
        久しぶりに、こんなネタ見ました。
        山本さんって…。
        分かってしまう私もかなし、使ってしまうあさがおさんもかなし。
        かなしって、今は悲しいですが、古語では「愛する」という意味でしたよね。
        Viva!愛すべき中高年(笑)!
        | よぴち | 2008/07/25 5:12 PM |
        せつない曲。。
        これは
        御期待いただいてる号泣ソングではありませんが
        きけば
        ちょっと
        うるうるシーンもあったりして。。
        さださんは
        泣かせ上手ね〜。。
        あ〜
        やっぱり
        おわかれ歌は・・え〜ん。。
        「つづれ織り」の考察・・さすがです!
        | ありんこbatan | 2008/07/25 6:54 PM |

        ありんこさん
        「考察」なんて言わないで…。
        恥かしくって、もう何も書けなくなってしまう。
        実は昨日、この曲をアップするに当たって、ギターでさださん特集をやっていろいろ歌いまくったのです。
        もう、号泣、号泣。
        昨日、1番泣けた曲は、またいずれ、アップします。
        泣かせ上手なんだ、確かにさださんは。
        たとえばそれが、茶犬に言わせると「嫌な」ところなのでしょう。うまいと認めざるを得ないのに、少しユーモアも覗かせたりするから、その器用さが、茶犬みたく不器用な男から見るとなんか嫌なんでしょうね(笑)。
        | よぴち | 2008/07/25 7:11 PM |
        インタフェロンの投与、
        たいへんそうで、かけることばもない。
        ただ、ただ、

        病と戦うあなたを尊敬します。


        船の別れはつらいのです。
        いつまでもみえてるしね
        | 長七 | 2008/07/25 9:46 PM |

        長七さん
        >船の別れはつらいのです。
        いつまでもみえてるしね
        ....................................
        うん、私もそう思う。
        いっそ、あっという間に見えなくなってくれた方がいいかな。きっと私は強がるから、その後、勝手に泣くこともできるし…。
        病と闘っている気持ちは持たないようにしています。
        こういう運命ならば、付き合うしかないから…。
        戦いには負けもあるけど、付き合いは、ずっと続けられるかもしれない。
        そんな、他から見たらバカバカしいかもしれないほどの、言葉のあやに頼っているのかもしれません…。
        | よぴち | 2008/07/25 10:42 PM |
        Viva!愛すべき中高年(笑)!

        おーい。とりあえずよぴっちゃんは、中だな。
        で、Keyは高かな。
        で、間にいるアタシは・・・。
        勝手にオーバーミドルとか、造語してしまふ。
        | あさがお | 2008/07/27 9:38 PM |
        「さだまさし」の項目を探していて偶然出くわしました。あなたは長い間闘病生活をしてらっしゃるようですね。早くよくなって,なんて書きませんよ。しっかり生きてくださいね。私はかなり元気です。教員生活をしながら,介護老人を2人見ています。両親ですが。84歳の寝たきりの父が,ふと正気に戻って「死にたくない。」といいました。みんな頑張って生きてます。そうそう,さだまさしの「主人公」の一説を生徒に聞かそうかなと思ったりして,卒業だから,自分の人生の中では誰もが主人公ってね。では・・
        | 年 | 2009/03/02 1:47 AM |

        年さん
        元気です。とおっしゃられるところ、もしかして、私が気付かないだけでお知り合いなのでしょうか…?だとしたら、どなたか見当がつかない私をどうぞお許しください。
        ご両親の介護をしながらのお勤め、お疲れ様でございます。
        どうぞ、年さんご自身のお体にお気をつけて…。
        ご両親ともに、ご多幸をお祈りいたします。
        | よぴち | 2009/03/02 11:15 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/144