◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< Heavenly Father : 山下達郎 | main | 僕にまかせてください:グレープ >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  You May Be Right:Billy Joel  ○●○
    You may be right昨日から、ちん達バスケット部の「夏」が始まりました。
    これまで、惜しいところまで行きながら、逃してきたベスト4。
    3年生が引退し、新チームになり、今度こそはと、テスト期間中でも朝練でシュートやウェイトトレーニングをし、週2回、朝6時半から学校近くのグラウンドで走りこみ、毎日の掲示板でも互いに練習の課題や成果をデータ化して叱咤激励し合い…。
    そうやって、満を持して臨んだ大会ではありました。

    そして、とうとう、前回先輩とともに敗れた学校に見事リベンジを果たし、ベスト4に!

    春の大会は、新任コーチの采配ミスで、楽勝ゾーンにいながらもベスト4を逃し、
    インターハイ予選は、1点差で負け、
    新任コーチは、ボランティアで、本当によくやって下さってますが、
    やはり、土日に顔を出すのが精一杯、インハイ予選は金曜日で有休が取れるはずもなく(ちなみにコーチは、新入社員です)、ちん達は、生徒だけで練習メニューを考え、試合に臨んできました。
    コーチも、春の大会で相当反省したようで、おそらく、コーチ自身も、今回はリベンジしたかったと思います。今回は、有給休暇までとって、金曜日の試合に臨んでくださいました。引退した3年生も全員、応援に駆け付けたとのこと、今回の勝利は、いろいろな人の願いをかなえてくれたと思います。

    でも、いつも言いますが、ちん達の学校は、「どれだけ合格偏差値が高い大学に入学したか」がすべて、というような校風。
    運動部の熱心な練習は歓迎されるはずもなく、特に練習熱心な男子バスケ部は、もう、先生方の目の敵のように、「終了時間を守れ」だの、「ミーティングに使うDVDプレーヤーや、パワーポイント用のプロジェクターは貸し出せない」だの、「もうすぐ部活の終了時間、という頃の氷は必要ない」だの、うるさく言われてきました。部室の鍵をかけ忘れて、1週間部活禁止になったこともありました。
    ノー勉で、成績も極悪のちんが、唯一、かけている部活。
    当然、学校側に対する愚痴はハンパなく、
    数日に1度は、私が家の中のどこに行ってもその場所まで追っかけてきて、
    とめどなく愚痴をこぼします。
    試合前日もそうでした。私は、正直、「ちん、もう寝た方がいいんじゃない?」と思いながら、終わりそうもないちんの愚痴に付き合っていました。

    そんな中、つかんだベスト4。
    本当に、本当に、バスケ部のみんなを褒めてあげたい。

    今日は、そんな、ちんの胸の内でもあり、実は、私の胸の内でもあるこの曲をお届けします。学生時代、バンドでコピーした懐しい曲です。

      "You may be right
       I may be crazy
       But it just might be a lunatic you're looking for…"

    …そう、本当は私も、Crazyな子供達を求めているのです、、、。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                You May Be Right → 

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | Billy Joel | 20:54 | comments(18) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 20:54 | - | - |- pookmark
        ベスト4、やったね〜!
        おめでとう!!
        試合で活躍した選手ばかりでなく
        マネージャーさん、コーチ、それから
        よぴちさんみたいな支え人あってこその勝利ですよね〜。。
        一生懸命何かに打ち込んでいる人は
        人間として素晴しくかがやいていて
        もう眩しいですよ〜。。
        特に
        ちんちゃんみたいに若い子には
        ステキなことだなぁ・・。。
        うん
        そういう学校の雰囲気・・わかります。
        ありんこが行ってた高校もちょっとそんなカンジだった。
        ちんちゃん、がんばれ!
        シッカリ反発するのも大事なことさ。  
        | ありんこbatan | 2008/08/10 4:11 AM |
        おはようございまーす!!
        僕が一番かと思ったら?!
        やっぱりあの方がもっと早かったですね??
        何とかは?朝が早いと言いますが ・ ・ ・ ?!

        ちんさんバスケベスト4よかったね!
        実は我が息子もバスケ入部するも控えに徹していました。
        2度ほど試合を見に(決して応援なんてしない)、
        フルタイムでなくともコートを駆け巡る姿だけでも、
        微笑んでしまった記憶が蘇りました。

        イヤな“選考”っていつの時代もいるもんです!
        Crazyな子供達を認めない大人社会が、
        政治や経済のシステム社会が、
        本当のCrazyを作ってしまうんじゃないかと?!

        朝から思いました?!!


        | key-san | 2008/08/10 5:07 AM |

        ありんこさん
        ありがとうございます。
        今日、午後3位決定戦をやって、そのあと18時から、ベスト4に残った時だけいつも行く焼肉屋で打ち上げだそうで…。
        で、キャプテンからメールが来て、今回は家族の協力に特に感謝しなければということで、父兄も参加して下さいとのこと。茶犬はちんに拒まれてましたが(笑)。
        どうせ親のお金だし、親から見たら、その気持ちを練習と成績に…ってところですが、その「気持ち」が嬉しいですよね。
        | よぴち | 2008/08/10 12:56 PM |

        Key-san
        そうなんです、確かに先生さまのおっしゃることは正しいんです。ちんや私が間違ってるんです。
        でも、ちんや私は間違ってない。先生さまも正しくない。
        この曲は、まさに、それを代弁してくれている気がして…。

        今日びの先生さまたちは、本当に、実はCrazyを探してる、ってこともなくなっちゃてるのでしょう…?
        そうして、みんな本当のCrazyになって行っちゃうんでしょうか…?

        しかし、きーさんも、実はちょこちょこ息子さんを見に行ったり、目立たぬようにバックアップしてますよね。
        もう、カミングアウトされては如何?
        「実は親バカで〜す!」って…(笑)。

        | よぴち | 2008/08/10 1:01 PM |


        祝宴!
        「今しかできないことをしたいのはわかるが、
        今しなければならないことがいくつもある。
        バランスを考えろ!」と、
        担任にしかられた野球部の面々。
        「そうか、勉強は大人になってもできるが、
        野球は大学に入れたとしてもあと6年しかできないんだから・・・、」
        日々のバランスでなくて、長期的な優先スケジュールを考えていたなぁ。あいつら。

        あさがおあじさんとしては、ちんちゃんに「日々のバランス」はやはり大切だと・・・。(自身の失敗談にはフタしますが)
        | あさがお | 2008/08/10 4:15 PM |
        熱い青春ですね。
        今しか出来ないこと、おもいっきりやってほしいですよね。

        うちの息子はどうなんだろうか。本人なりの青春を楽しんでいるんだろうか…
        と、今日も愚痴ってしまう母でした。

        | ちぃ | 2008/08/10 6:53 PM |

        あさがおさん
        私も、ちんには「バランス」を言ってしまってますね、いつも。でも、本当は迷っている。勉強こそ、一生出来るもん。第一、人生やっぱりきれいごとでなく、どこの大学へ行ったかじゃないなぁと実感している今は…。
        | よぴち | 2008/08/10 10:54 PM |

        ちぃさん
        私がびっくりしたのは、家では私任せで、私がいないと何にも出来ないような赤ちゃんのちんが、試合になると、ものすごく熱く、鬼コーチかのような言葉で叫び続けてるらしいんですよ。「何やってるんや!」とか、「早く戻れ!」「いつになったらやる気出すんや!」…などなど、まるでバレーの試合を見てる時の私さながらに怒鳴っているようです(汗)。だから、ちぃさんの息子さんも、わかんないですよ、実は学校では十分暑いのでは?男の子は、まともに育ってる子ほど、高校生にもなったら女親にはまともに話をしませんからね…。
        | よぴち | 2008/08/10 10:58 PM |
        おめでとう
        すばらしいおもいでが
        一番、勉強はいつでもできる
        | 長七 | 2008/08/11 4:02 AM |

        長七さん
        ありがとうございます。
        そう、私も、素晴らしい思い出や仲間が、この先生きていく時に1番自分の支えになる気がするのです…。
        | よぴち | 2008/08/11 7:46 AM |
        よぴちさん、いつもフォローありがとうございます。

        うちのは『思い出づくり』には励んでます。明日から中学時代の友人たちとキャンプをするんだと嬉しそうに話してました。

        とにかく、タイミングを生かして今を大事に過ごしてもらいたいものです。
        | ちぃ | 2008/08/11 9:15 AM |

        ちぃさん
        いいなぁ。キャンプ。
        私の場合は、必ずギター持参でしたね。
        ちぃさんの息子さん、心も体もいたって健康に育ってると思うんですよ。
        ひとりでは生きていけない、仕事だって、いろんな人と力を合わせて行くのだから、それがうまく出来ないと、個人的能力が高くても、仕事のパフォーマンスは…だと思うんです。
        結局、仕事の場で「この人は出来るなぁ」と思わせる人って、相手も自分も楽になるように、しかも正確に、出来る方法を考えられる人だと思うんですよね。
        そして疲れたり迷ったりした時に、自分を休めたり伸ばしたりしてくれる友達たち。
        そういう意味で、ちぃさんの息子さんは、いわゆる「出来る人」になる可能性オオアリだと思う。おそらく受験勉強で大変な毎日でしょうが(ちぃさんもまた大変ですね、これから特に)、思い出づくり忘れないとこが健康でイイ!
        | よぴち | 2008/08/11 10:04 AM |
        うひゃひゃ

        ありがと よぴよぴ

        ありがと ちん


        runatickなおじさんはとてもうれしいさ
        | chabo48 | 2008/08/11 6:35 PM |

        Chaboさん
        こちらこそ、ありがと、Chaboちゃーぼー。
        そりゃChaboさんがLunaticだということは
        もはや有名な話だけれども、
        どうも、Chabo's daughterは、そうでもないらしい…?
        夜、寝ているちんの横で、28歳にもなって、また「チャート式」だの「English Grammer」の教科書だのを開くのは大変ではあったけれど、青春時代に遊び呆けていたことに寸分の後悔も感じてないさ、この私は(笑)!
        | よぴち | 2008/08/11 7:03 PM |
        いつもフォローありがとうございます。

        貴重な高校時代を、息子はなぜかもったいなく過ごしているような気がして…まったく余計なお世話だってわかってはいるのですけどね(>_<)

        そんな息子は、明日から中学時代の友人たちとキャンプをするんだと嬉しそうに話してました。
        夜通しいろんなこと、話すのでしょう(普段から泊まったり泊めたりしてますけどね)。
        知らないところでそれなりに経験してるんですよね。
        | ちぃ | 2008/08/11 8:29 PM |
        ごめんなさい。
        次のページ見てなくてまた送ってしまいました(^_^;)
        息子を信頼して見守っていきます。
        | ちぃ | 2008/08/11 8:49 PM |
        ベスト4!すごいね!
        おめでとうございます^^
        2度とない青春。
        何かに打ち込んだかそうでないかは、
        大人になってからの人生に大きな影響を
        与えると思うよ。
        ビリー・ジョエル懐かしい〜。
        この曲は札幌ドームでやったよ。
        生ビリーを観たとたん、
        涙が止まらなかったIKUKOでした。
        でへへ^^
        | *IKUKO* | 2008/08/12 9:03 PM |

        IKUKOさん
        いいなぁ〜、ドーム行けたんだ…。
        涙が止まらないっていうの、わかる。
        私も、最近、コンサートとかライヴ行くと、もう最初っから落涙との闘いです。
        | よぴち | 2008/08/12 11:03 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/149