◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 世情:中島みゆき | main | 加速度:さだまさし >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  夢で逢えたら:鈴木雅之  ○●○
    Martini Blend今日、シャワーしながらラジオをつけたら、吉田美奈子さんの「夢で逢えたら」が流れてきました。この曲は、誰の曲かもわからないまま、ず〜っと昔から、私の頭の中に時々流れる、大好きな頭の中のBGMのひとつでした。
    私は、何をしている時でも、いつも頭の中にBGMが流れている人間です。
    小さい頃、そろばんを習っていましたが、そろばんの掛け算のときなんか、頭の中で九九を考えながら玉をはじかなくてはならないにもかかわらず、どうにもBGMが流れてしまう子でした。そろばんやりながら、頭の中にクールファイヴの「そして神戸」とか「長崎は今日も雨だった」なんかが流れてしまってました(笑)。
    高校生になって、はじめて、この曲が吉田美奈子さんの曲だと知りました。そして、吉田美奈子さんの音楽をちょっと追いかけてみたら、なかなかかっこよくて、もっとこの曲が好きになりました。
    残念ながら、吉田美奈子さんの作品は持ってないのですが、この曲を鈴木雅之さんもアルバム「Martini Blend」の中でカヴァーしているので、それを聴いてみて下さい。
    さて、私も、そろそろ筋弛緩剤を飲まなくては(これを飲むと、30分〜1時間後に強烈な眠気が来るので、寝る前に飲まないと)。ちんは弦楽部をやめて(やっぱり、弦楽部は品のいい、まじめな子が多いそうで、こんな親に育てられたちんにはキツかったらしい)、今は、男子バスケット部のマネージャーをしています。聞いていると、なかなか良く働いているようで、少しでも、人様の役に立っているなら、それでいいや、と思っています。明日は、練習試合だそうで、相手校のひとつである石川県の輪島高校がなんと朝8時にちんの学校に来るそうな。能登からは2時間半はかかると思うので、いったい相手は何時に出て来るんだ、1日中練習試合ということになってるけど、輪島高校のメンバーは午後にはもう、疲れきっているのでは?と思うほど。引率の先生方もお疲れ様でございます。
    そんなわけで、母は弁当作りとちんの送迎のため、早起きしないといけない。
    明日はなぎらさんの番組も布団の中でなく、弁当作りをしながら聴くことになりそうです。
    この曲で、皆さんも心地よく眠れたら嬉しいです。

                             「夢で逢えたら」→ 


    追記:
    今日の、「なぎら健壱のあのころのフォークが聴きたい」、最高でした!
    私は、三上寛さんが大好きなので。三上さんには、寺山修司さんと同じような匂いを感じます。三上さんが、寺山さんに影響されたのか、それとも、青森県五所川原という土地が御両人に影響しているのか…。
    0
      | 鈴木雅之 | 23:34 | comments(7) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 23:34 | - | - |- pookmark
        昨晩、深夜放送でこの曲を聴きました。
        ニッポン放送の「フォーエバーグリーン」だったように思うのですが・・・。
        半分はネボケだったので、大滝詠一の作詞作曲といわれて「えっ?」と思ったのですが、これも夢かも・・・。

        このところ、ブログまわりで寝不足です。
        それでは、おやすみなさい。

        追記)自分は、谷山浩子さんの「海の時間」をリピートにしておくと、よい夢をみつつに眠れます。
        | あさ | 2007/10/28 1:13 AM |

        あさ・がおさんへ
        筋弛緩剤の「眠気」が少〜し出てきました。
        いよいよ、寝なくては。
        そうですか、あさがおさん、谷山浩子さんお好きですか。
        私は、長七さんのところでも書きましたが、アルバム「鏡の中のあなたへ」が好きです。
        では、おやすみなさい…。
        | よぴち | 2007/10/28 1:19 AM |
        ワタスはこの曲、シリア・ポールさんの歌声で初めて聴きました。大滝詠一さん作詞作曲、というのは夢じゃないと思います。
        そろばん!やってましたよ〜・・暗算になると頭の周りに曲うたソングが流れる流れる〜♪
        今でも何とか、そろばん使ってます。っていうより、電卓が苦手で、それよりは紙に書いて計算→結局は頭の中でそろばんハジイテいるんですね。
        ちんチャン、いろいろ悩んだんだと思うけどママに温かく見守ってもらえて幸せですよ。お弁当作ってもらって車で送ってもらえるなんてサイコーだ!
        でも、くれぐれも・・よびちちゃん!お身体大切にして下さいね☆
        | ありんこbatan | 2007/10/28 4:42 AM |

        ありんこさんへ

        私も、未だ電卓が苦手。
        ちょっとした計算は暗算で、少し長いのはエクセルか、もしくはそろばんです。
        そろばんは、そろばんをずらしていくので、今どこまで計算したか、はっきり分かるのがいいのです。電卓だと、指でも当てて、ずらしていかないといけない。あ、結局ずらすのは一緒か。となると、単に、慣れてるだけかな?
        | よぴち | 2007/10/28 8:23 AM |
        よぴちさんへ&ありんこさんへ

        この曲って、カバーされてる回数がすごいんですね。
        「夢で逢えたら 大滝」で検索してwikipediaをみると出てきました。
        でもね、びっくりした次に頭に浮かんだ言葉が
        「花の印税生活!」
        どこかのマンガ家さんのお言葉だったかなぁ。

        http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A2%E3%81%A7%E9%80%A2%E3%81%88%E3%81%9F%E3%82%89_(%E6%A5%BD%E6%9B%B2)
        | あさ・がお | 2007/10/28 12:14 PM |


        “夢で逢えたら”この曲は私も大好きな曲ですね。間違いなく大瀧詠一氏作品です。そして、ボーカリスト吉田美奈子1976年リリース(RCA)フォース・アルバム「フラッパー」への書き下ろした楽曲ですね。
        このアルバムと1973年リリース(トリオ)ファースト・アルバム「扉の冬」(なんとバックが“はっぴいえんど”解散後の細野晴臣、鈴木茂等が結成した“キャラメル・ママ”なのです)が私的にはベストです。

        大瀧詠一とのコラボとしては、1975年リリース(RCA)セカンド・アルバム「MINAKO」のなかで「わたし」という楽曲をこの歌に先駆けて歌っているのです。なお、細野晴臣氏作品「ろっかばいまいべいびい」これもまた良し!
        さらに「フラッパー」でももう1曲、吉田美奈子作詞に細野晴臣氏作曲で「ラムはお好き?」を歌っています。これがまた傑作なのです!

        「フラッパー」以降は、「トワイライトゾーン」「モンスター・タウン」etcとコンテンポラリー・ポップス(これは私が勝手に命名でした)化となって、面白くなくなっていきました。

        月日は流れ、1998年12月と2002年2月になんと、PONTA BOX meets YOSHIDA MINAKOとしてジャズ・スタンダードのアルバムを2枚もリリースで、私は吉田美奈子と再会、別れた恋人と巡り会ったのでした。振り返ると1975年(RCA)サード・アルバム「LIVE AT ・・・MINAKO」(タイトルはいまいち記憶が定かでないがライヴ盤は間違いなし)辺りでジャズ・スタンダードの匂いがしています。

        PONTA BOX
        村上・ポンタ・秀一(ds)リーダー
        佐山雅弘(p)
        バカボン・鈴木(b)

        | key-san | 2007/10/28 11:47 PM |

        Key-sanへ
        詳細なご報告、ありがとうございます。
        私も、キャラメル・ママのは聴きました。
        高校のとき、大滝詠一さんのアルバム「Long Vacation」が売れて、そこから私の「はっぴいえんど」への追跡が始まったのです。で、その過程の中で、吉田美奈子さんに出会い、あの、「夢で逢えたら」が、この人の曲だったか、と知ったわけなんです。
        私は、70年代音楽が好きで、「もう10年早く生まれていれば…。こういう音楽を青春の真っ只中に聴けた世代は羨ましい!」といつも思ってきました。きーさんは、私にとって、その、「羨ましい」世代です。
        | よぴち | 2007/10/29 8:22 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/15