◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 夏の終り:ガロ | main | Leave a Tender Moment Alone : Billy Joel >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  私のフランソワーズ:荒井由実  ○●○
    ミスリム涼しいですね、ここのところ。雨がひどい地域もあるようです。
    でも、天気予報では、福井も金曜にはまた暑くなるような予報になっています。予想最高気温32度。まぁ、一時期の37度とかに比べたら、涼しいのでしょうけれど、ちょっとエアコンが必要になるかも。
    インターフェロンというのは免疫系に働きかけるので、長年の投与で私の免疫バランスは以前とは違ったものになってしまっています。軽いアレルギーが出てきたし、あせもなどもできるようになって、ちょっとでも汗ばむと、皮膚の柔らかい所が赤くなってかゆい。それで、除湿だけでもしちゃうんですよね…。
    かといって冷えすぎると、ただでさえ滞りがちなリンパの流れがますます悪くなって、引きつりやメニエールの発作がでたり、むくみがひどくなったりして困ります。
    なんと、贅沢にも、膝から下に毛布をかけながら、エアコンつけているのです…。

    今日お届けする「私のフランソワーズ」は、昔、夏から秋にかけての西陽の当たる、少し蒸し暑い部屋で聴くのが好きだった曲。
    フランソワーズは、もちろん、フランソワーズ・アルディのことであると、信じて疑いません。事実、ユーミンの、特に初期の曲には、端々にフランソワーズ・アルディっぽさを感じます。

    ユーミンは、ミュージシャンとしての歴史が長く、それぞれの時代に常にトップ・アーティストであったために、80年代には80年代らしい曲がたくさん並んでいるし、90年代、2000年代もしかり。
    故に、初期、特に荒井由実の時代の曲には、70年代の匂いがして、それがとてもいいのです…。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                               私のフランソワーズ → 
    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | 荒井由実 | 22:44 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 22:44 | - | - |- pookmark
        荒井由美さん、大好きです。
        最近、よくききます

        | 長七 | 2008/08/25 11:47 PM |
        永遠の恋人です

        僕はユーミンより先にアルディでしたので

        この曲を知った時は微笑でした

        対抗して「歌ってふらんそわーず」って曲書きました

        多分世界で一番彼女を愛しています


        みんなには秘密にしておいて下さい
        | chabo48 | 2008/08/26 12:00 AM |

        Chaboさん
        もちろん、内緒ですよ。
        全世界の人になんて、絶対言いませんよ…。
        でも、世界で1番愛されてるのは私だと思ってたのに、ちょっと悔しい〜。
        洋楽好きなChaboさん、アルディから入るのは当たり前ですね…。私は大学入学してからはじめて聴きました。どういうアルバムか知らないが、ヒットした曲はみんな入ってた。一発目いきなり「さよならを教えて」だった。
        | よぴち | 2008/08/26 12:04 AM |

        長七さん
        さっき、長七さんに書いたコメント、入ってなかった…(泣)。
        MISSLIM、名盤ですよね。
        私は松任谷由実さんになってからも大好きですが、
        荒井由実時代の曲は、格別に好きです。茶犬も荒井由実時代が好きです。
        私は若い頃、特に透明感のある音楽が好きでした。ユーミンに関しては、松任谷になってからよりも、荒井時代の方が、透明感があると思うんです…。
        | よぴち | 2008/08/26 12:08 AM |
        急に涼しくなったり
        また暑さが
        ぶりかえしたり
        こういうのって、体調に響きますよね。。
        膝から下に毛布をかけながらエアコン・・わかりますって!
        身体を守るのに贅沢なんてことないですから
        しっかり守って下さいね。
        この曲
        やさしくゆったり流れるメロディが大好きです♪
        そりゃもうフランソワーズ・アルディですよ〜。。
        オリビアを聴きながら
        とか
        あと、タイトルにはなってないけど
        歌詞の中に
        ディランとかラリー・カールトンとか
        いろんな人が歌われてますよね。
        曲をつくった人にとっては
        想い出そのもの・・なんでしょうね。。
        日本人歌手が
        そうやって歌われてる曲って・・あったかな〜?
        私のサブちゃん?都はるみを聴きながら?
        あったら楽しいけど
        う〜ん
        やっぱりお笑い路線ぽくなっちゃいそうですね。
        気象情報は
        かなりアタルようになってきましたから
        じっくり見て
        お身体に障らないよう
        充分注意して日々過ごしてくださいね。
        | ありんこbatan | 2008/08/26 4:08 AM |

        ありんこさん
        お心遣いありがとうございます。季節の変わり目、気を引き締めなくては、と思っています。

        そうだ、そういえば見当たらないですよね、日本のアーティストのマジ歌って。
        サザンが「吉田拓郎の唄」っていうのを発表してたけど。全然、お笑い系じゃなくマジ歌で。
        この曲が、「サザンが拓郎さんを侮辱した」…ふうに言われたこともありましたが、私はそうは思わなかった。拓郎さんがその前ほどの勢いをなくしていた時期だったから、「拓郎は終わった」的な表現にとられても仕方ありませんが、私は、むしろ、音楽的にはかなり違う桑田さんも、やはり拓郎さんの影響を大きく受けていたんだ、ということを感じたし、この曲は桑田さんから拓郎さんへの「頑張って、ずっと自分の中のヒーローでいてほしい、そして、自分も頑張らなくては」という、拓郎さんと自分への啓発の曲だと思いたいです。
        あれからさらに20年の時を経て、桑田さんもひと休みの心境なんですね…。
        時は巡る…。
        | よぴち | 2008/08/26 7:46 AM |


        荒井由実のデビューは衝撃的でした!私にとっては!!
        ファースト.セカンドこれですね「ミスリム」ここまでです気持ちよく聴けるのは、
        チャイニーズ・スープも好きだけど!!

        この季節過ごすのも大変なのですね、
        暑さ寒さも彼岸までもう少し大変な季節が続くのでしょうか?!
        毛布にエアコン贅沢じゃないです、御身大切にですから!!(以前にも言ったかな?)
        よぴちさん秋になると、こんな症状も和らぐのでしょうか?

        早くこいこいオータムとしか言えないkey-sanでした!!



        | key-san | 2008/08/27 8:59 PM |

        Key-san
        ありがとうございます。ホント、秋が来たら和らぐのならいいんだけど…。
        いつか楽になるだろうと信じて過ごすしかありません…。
        ユーミンが「荒井」姓で出したアルバムはたぶん、「14番目の月」まで。実は、「14番目の月」は、ちんの名前を付ける時に、ちょっと、関係してるんですよ。まぁ、簡単にいうと「満月」じゃない、ちょっと前の夢見る状態でいつもいてほしいな、という…。
        話はそれましたが、70年代に出したアルバムは70年代してるし、80年代のものは80年代、とにかく、ユーミンはいつも時代を象徴している気がします。
        いよいよ、2000年以降は、「イマドキ」っぽさはなくなって来ましたが。私たちファンは、ユーミンに「イマドキ」を求めてないので、別にかまわないんですけれど。
        | よぴち | 2008/08/27 9:25 PM |

        陽水さんや拓郎さんとおんなじフォークの国にすんでいて、
        その中でもわりと地味なイメージだったユーミンさんが、
        都会派で強い女性に変身したのは、いつだろう。
        1980年の前後と思いますが・・・。
        孔雀とか、ボイジャーとかかな。
        −>
        もともと、敏感なアンテナを持っていた方なので、
        時代にふりまわされてしまったのかな・・。
        80年代のハヤリイモノって、あっさり絶滅してしまったものが多く、テクノとか、ヤンエグとか、ディンクスとか、ワンレンとか・・・。
        無理矢理、新しいものを生み出していた時期のような気がします。
        −>
        とりあえず、ユーミンは、
        「中央フリーウェー」あたりから、およびごしになって、
        「ボイジャー」「リーインカネイション」あたりで逃げ出しました。
        | あさがお | 2008/08/29 1:50 AM |

        あさがおさん
        時代に沿って変わって行ったミュージシャンは生き残っている、という現実は否定できませんよね…。
        自分の音楽、というのを頑なに守り続ける人も、時代に沿っていく人も、私はどちらも「あり」と思っています。
        要はその音楽を、共感する人がいるかどうかということで、どちらのタイプにも、それぞれ共鳴する人はいると思うからです。
        | よぴち | 2008/08/29 8:12 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/153