◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 私のフランソワーズ:荒井由実 | main | 壊れかけのRadio:徳永英明 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Leave a Tender Moment Alone : Billy Joel  ○●○
    mueckこのところ、全国各地で大雨の被害に遭ったニュースが多くなりました。被害に遭われた方々、謹んでお見舞い申し上げます。
    福井は、今回はおかげさまで大雨の被害はありませんが、やはりスッキリしない空模様。時折雨が落ちるので、洗濯物は外には出せず。

    今日、体調がよかったので、金沢の「21世紀美術館」へ行ってきました。
    「ロン・ミュエック展」を観るためです。
    前々から行きたい行きたいと思っていたのですが、体調と機会があわず。
    今日やっと、行くことができました。
    すごく良かったし、製作過程のビデオを見ると、私も才能があるものならやってみたいなと思いました。どう考えても無理ですが(笑)。

    帰りは、ちんのお迎えがあったので、時間に制限があり、高速を利用しました。
    その時に、雨が時折落ちる中の、霧に包まれたような夕焼けが、
    何とも言えず不思議な世界を作っていました。
    水彩画のような、あるところは、まるで特撮映画の作り物のような…。
    「箱庭」を連想させる部分もあり、幻想的な部分もあり…。
    本当に素敵でした。

    いい加減、もう秋だと認めざるを得ないかな、という気候になってきて、
    今夜くらいは少しでも星空が望めるかも、と思いました。
    気持ちのいい風の中の星空というと、ふと頭の中に流れるメロディー、
    それを、今夜はお届けしたいと思いました。

    この曲は、学生時代、遊び心で、好きな曲をやっていた、
    そして、1度もステージの陽の目を浴びなかったバンドでコピーした曲です。
    なぜか、「夜空のモーメント」という邦題。いつもながら、邦題はユニークですね…。

    やさしい瞬間をそのままに…。
    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                          Leave a Tender Moment Alone → 




    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | Billy Joel | 00:03 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 00:03 | - | - |- pookmark
        陽の目を浴びなかったばんどや曲

        なんだかオラもいっぱいあったなぁ


        こちらは毎晩雷雨

        しかも夜中にとびきり


        でももう秋なんだな


        思いがけない景色に出会えた日はそれだけで

        大袈裟だけど生きてて良かったって思う
        | chabo48 | 2008/08/31 1:16 AM |
        おたがい
        雨の被害がなくてよかったですね。
        うちの方は
        全国的にみれば・・すぐソコ・・が、ひどい状況でしたが
        御心配いただいた方々に申し訳ないくらい平和です。。
        よぴちさんにも
        あたたかいお言葉をいただきましたね。
        ホントにありがとうございました。
        美術館は
        しばらく行ってないなぁ。。
        母はよく行くんですよ。
        こっちも負けずに行こうかなぁ。。
        ま、なんで一緒に行かないんだ?ってことなんだけど
        出かけるとなると時間的に合わなかったりするので・・。。
        夕焼けに
        心うたれることありますよね。。
        だいたいは
        夕方特売に走っているか
        台所でバタバタしているので
        顔をあげた時に
        オレンジ色の夕日があると
        ハッとします。
        なにをこんなに忙しがっているんだろう・・って。
        ちょっと手をとめて見ている時
        頭の中に浮かんでくるのは
        ミレーの晩鐘です。
        | ありんこbatan | 2008/08/31 4:25 AM |

        ありんこさん
        ミレーの晩鐘を連想する、というと、やっぱりありんこさん働きものなんだなぁと思ってしまう…。
        私は普段は家でドテーッと休んでるので、きれいな夕陽に出会うことはホントに少ない。
        昨日、頑張ってお出かけしてよかったと思いました。お出かけしてなかったら、多分、家にこもってて、あの景色には出会わなかったと思うので。
        ケータイのカメラで車中から何枚か撮ったけれど、やっぱり車中では制限が多すぎて、しかもカメラの性能も、私の腕も悪過ぎて、私の感動を写真に詰め込むことはできませんでした。夕方、もう沈む直前の虹なんか、虹の始まりから終わりまで全部見えたんですよ。普段、虹に出会うときって、たいていまだ陽が高かったり建物が邪魔をして、アーチの半分くらいしか見えなかったりするじゃないですか。
        どうにか写真にできたらよかったのですが。
        申し訳ないですが、これは生で観た人だけの特権ってことで(笑)。
        | よぴち | 2008/08/31 8:43 AM |

        Chaboさん
        私なんか、バンドやってたの80年代で、自分がホントにやりたい曲は時代が排除しつつあるような(と言っては大袈裟だが)ものばかり。
        でも、演奏すること自体が楽しいので、仕方なく当時流行っているものに迎合してバンドをやってたけれど、自分がホントにやりたいものも、裏でやっていたのです。
        当然のように、それらは全て陽の目は浴びない。でも、練習は至福の時間でした。
        Chaboさんの、「陽の目を浴びなかった曲たち」こそ、聴きたいわぁ…。
        | よぴち | 2008/08/31 8:45 AM |
        よぴちさん、ありんこさん、私もつい最近山梨県立美術館でミレーの作品を観て来ました。
        ミレーの背景の色っていいですよね。
        晩鐘はなかったんですが、地面に向かって手を合わせてる絵画ですよね?
        この「ロン・ミュエック展」の画像ですが、生まれたばっかりの赤ちゃんですかね。
        なんか表情がいいですね^-^
        そうそう、ちんちゃん17歳だそうで、おめでとうございます♪
        17に青を感じるとは・・・、たぶん「17歳」が青春の代名詞だからとかそんな平凡な意味合いではなく、17という数字にそんなイメージを感じるのでしょうか。
        私は生まれてきてからずっと、なぜか27という数字に縁があります。
        あんまりいい意味でない縁ですが・・・。
        そういえばジムキャリーの「ナンバー23」ですが、私にはけっこう怖かったです。
        | えいちょん | 2008/09/01 12:06 PM |

        えいちょんさん
        「27」の、あんまりいい意味でない縁に、もうひとつ。
        私の誕生日も27日ですよ…。
        知り合えたことはとってもいいことですが、知り合えたご縁はあんまり良くないことだもんね…。
        ま、いっか。なんにせよ、知り合えたことが素晴らしすぎて、その背景もろもろは、この際どこかへ置いとこう。
        この赤ちゃんは、リアルなへその緒までついてました。毛も1本1本シリコンに植え付けてあって、大人のものは毛穴の小さなふくらみまで1つ1つ作ってあって、ホントにりあるなんです。大きさ以外は。
        観る機会があったら、ぜひ。これは生で観ないと、言葉では伝えられない感動なので。
        | よぴち | 2008/09/01 4:22 PM |
        こんばんは^^
        ロン・ミュエックさんというかたは
        知りませんが(無知でごめ〜ん^^;)
        写真は作品のひとつですか?
        何だか凄く深い作品ですね。
        インパクトあります。

        素晴らしい夕陽に遭遇できてよかったね^^
        日々の忙しい中、
        ふと顔をあげるとキレイな夕陽
        とかいうシチュエーションは、たまらんね。
        泣けてくるね。

        最近泣きそうになった夕陽は、
        親子4人でキャンプに行ったとき。
        到着する15分前前まで雨が降っていたのに
        テントを張り終わる頃にはキレイな夕陽。
        「神様ありがとう」って感じで
        4人でしばし無言で見入ってしまいました。
        一生忘れられない夕陽になりそう^^

        邦題。。。
        どうして邦題って、「?」なのが
        多いんでしょう?(爆)


        | IKUKO | 2008/09/01 9:11 PM |

        IKUKOさん
        うん、私も21世紀美術館で展覧会をやってる、っていうニュースを5月ごろに新聞で見て、その時初めて知ったのです。
        でも、観る機会があったら行ってみるといいよ。ホントにすごかったから。
        邦題って、笑えるの多いですよね。代表的なのが、ビートルズのノルウェイの森?
        IKUKOさん、キャンプ行ったんだ、いいなぁ。学生時代は大嫌いだったんだけど(だって、お風呂入れなかったり、Myシャンプー、Myドライヤーで完璧に決めないと嫌なのに)、仕事に就いて、仕事で思いきり野外活動をやってみたら、「なんだ、いいじゃん、野外活動!」って、180度変わってしまったのです。仕事だからと割り切って、汚さないようにとか決めた髪型乱れないようにとか、そういうの一切捨ててどっぷりやってみたら、すごいよかったのです。
        めんどくさい女ですね、私は。いいものを認めるにも時間と手数がかかるんです(笑)。
        | よぴち | 2008/09/01 9:46 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/154