◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 壊れかけのRadio:徳永英明 | main | LE POISSON DES MERS DU SUD(南の海の魚):Isabelle Antena >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  友よ:長渕剛  ○●○
    Live Complete今日もまた、18歳少年による、生まれたての2か月の我が子の虐待事件が報じられていました。
    この前の、埼玉の母子家庭で、6歳の男の子に双子の赤ちゃんの面倒をみさせて母親は男と遊び歩き、そのあげく赤ちゃんの片方が死んでしまった事件の時もそうでしたが、私は、いつもそういう事件の報道は、見たくもなく聞きたくもなくて、思わずチャンネルを移動したくなります。
    そういう事件を知ったところで私には何もできず、
    ただ、悲しい、空しい気持ちになるのが嫌なのです…。

    ここ数日、体調がすぐれないこともあって、ただでさえ暗くなりがちなのに、
    もし自分が健康だったら、かわいそうな子たちを、うちで引き取りたいと思うほど。
    でも、ここでこんなことを書いたところで実行に移す勇気もなく、
    こんな事件をなくす術も見当たらず、
    こんなことを書くこと自体、所詮は偽善か…?という気持ちになって、
    最後はすごく空しくて自己嫌悪に陥ったりする…。

    私にできることは祈ることだけ。
    少しニュアンスは違うけれど、そんな曲を、今夜はお届けします。
    同名の岡林信康さんの曲は、いずれまた、アップすることにして。
    世界中のすべての子が幸せになることを祈って。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                                      友よ → 

    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | 長渕剛 | 23:16 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 23:16 | - | - |- pookmark
        悲惨な事件を報道してるテレビ・・見ないです。。
        せつなくなるだけだし
        関係ないことまで言ってるのが
        すごくイヤなので。。
        よぴちさんの気持ち
        よくわかります。
        偽善なんかじゃなくて
        とても正直なものだと思います。
        特に
        よぴちさんは
        命の重さをずっしりと感じているから・・だよね。。
        いっしょに祈りましょう。
        祈ることしか出来ないのなら
        せいいっぱい
        祈りましょう!    
        | ありんこbatan | 2008/09/07 4:20 AM |

        ありんこさん
        小さなことでも、始める人もいるんですよね。
        ホントに私は、何も知らなかったり、無関心だったり、「仕方ないんじゃない?」って言ってる人と、何も変わらないんだと思います。
        でも、私はやっぱり馬鹿だと言われても、子供は白紙の状態で生まれてくるんだと信じたい。
        やがて、悪いことをしてしまう子も、初めは白紙だったはず、って…。
        私たち今の大人にも、そのまた前の世代がいて、その世代にもそのまた前の世代がいて…。世界中にはいろんな宗教があって、気候その他いろんな環境があって、その土地その土地の歴史があって…。だから、変えようと思ってもそんなに簡単には変わらないのはわかっているのですが、それでも、1人でも変わろうとする「大人」を増やしていくしかありません。
        | よぴち | 2008/09/07 10:19 AM |
        児童虐待、でも悲しい現実なのですよね。
        よく言われているように、多くの子ども達は自分を責め親を悪く言いません。埼玉のケースもそうですよね。胸が痛みます。
        私も子どもは白紙の状態で生まれてくるって思います。
        澄んだ瞳のうちに、子どもたちを救ってあげたいです。
        私も子どもたちの未来に祈ります。

        | ちぃ | 2008/09/07 1:36 PM |

        ちぃさん
        埼玉の子の、お母さんをかばって自分を責め続ける発言、本当に切なかった。そう、どんな親であれ、子供って親が恋しいんだ、って、本当に思います。
        だからこそ、人間なら、その気持ちにこたえなくては。そう思ってしまうんだけどな…。
        長渕さんのこの曲、曲調は昔と変わらないところを感じますよね。ヴォーカルは、ずいぶんと変わってしまってますが(笑)。長渕さんの心の底にあるものは変わってないものもあるんだと思わせてくれる曲です。
        | よぴち | 2008/09/07 1:43 PM |
        もちろん最悪なんだ

        ただ時代と共に確実に数は減っているはずなんだ

        今の日本のメディアへの露出は増えていても


        それはよぴちやありんこが祈ってるから


        世の中柔らかいモノへの想像力がもっと欲しい

        それは掌からしか感じ取れない

        自分と違う何かに触れること

        そしてそれは触れられていることだと
        | chabo48 | 2008/09/08 2:35 AM |

        Chaboさん
        他人の私の柔らかさでも、幾分かは救うことができると信じてる。
        でも、多分、その柔らかさは、その子の親の柔らかさにはかないっこないんだ…。
        私も、自分の子供に柔らかさを与えられてるかどうか自信はないけど、Chaboさんのいうとおり、きっと、触れている時触れられてる。ちんからは、いっぱい柔らかさをもらっています。
        | よぴち | 2008/09/08 7:46 AM |

        チャンネルをまわすとき。

        うちの困った父親が、
        1ヶ月ほど前に、爺ーとテレビを見ている。
        いつもなら10分に1度はチャンネルをかえるのに、
        妙にしずかなので・・・。

        絶句「なんで、こんなもんを、・・・」。

        福島のじいさんが、「息子夫婦と孫娘と妻を次々と・・」のあの事件のレポートをみてやがんの。
        なにかんがえてんだよー。

        でも、「こどもを助けたい」という気持ちにはすなおに同意できるのですが、
        「ウチの馬○オヤジ」を救いたいとは、思えない。
        菌親ぞーお。かな。
        | あさがお | 2008/09/08 12:40 PM |

        あさがおさん
        そのニュースを見て、お父様はあの犯人のおじいさんに対して何を思ったのか、知りたいですね〜。
        妙にあの犯人に同感したのか、それとも、「同世代だから興味を持ったけど、いったい何を考えてるのか、まったくもってわからないな」と思ったのか…。
        私も齢をとるにつれ、昔、若い頃にいやだいやだと思っていた、「齢をとっているからと言って、それだけでえらいと思って頭から若い者を見下してる奴」に似た部分を自分の中に発見した気がして、慌てて啓発することがあります。
        | よぴち | 2008/09/08 1:25 PM |
        施設ではいま、虐待から逃れた子がたくさん
        います、
        性の氾濫で子供が生まれ、子供たちは昔は貧困や
        離婚、死別という理由でなく、
        親から切り離せられる。
        この問題も一部のひとだけが
        戦い、政治はまったく、うごいていない。
        | 長七 | 2008/09/08 11:59 PM |

        長七さん
        施設に入れた子どもは、まだいい方ですよね…。最初はつらい、淋しいかもしれないけれど、愛情によって、変わっていける。
        埼玉の事件なんかも、児童相談所の介入を、あの母親は拒んだそうです。
        今や、ちょっと曲がった責任のない「自由」だけが先行して、法律が逆に、いろんな場面で「人を救う」ことの邪魔をしてる。DVなどでもそうだし、ストーカー被害もしかり。
        | よぴち | 2008/09/09 12:18 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/156